テントミータカ、山と猫の記憶

アクセスカウンタ

zoom RSS オゼノ尾根の芽吹き

<<   作成日時 : 2007/03/07 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

※3/3-4の小出俣山行中・・・山行記事はこちら 、コレを見て、「近鉄バファローズ」のマークを思い出した・・・。いや、その、特にプロ野球ファンではないのですが。

                        何の木の芽でしょう?。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
カニ、蟹!(って、そのままですね・・・)
まだまだ山初心者の私は「小出俣山」(おいずまた山)を「おいでまた山」と読み、またおいで山へ!・・・・なんてステキな名前なんだ〜と感心しておりました。
テントミータカさんの行かれる山はいつも静かで、いいですね。
こんな山選びができる立派な山登り人になりたいと思う・・・のです。
heppoco
URL
2007/03/07 22:29
heppoco様
コメント戴き有難うございます。
谷川前衛峰、「あの〜その〜、またおいで!!(「阿能川岳あのうがわだけ」「小出俣山おいずまたさん」)」と山が呼んでいるんですね、きっと。
テントミータカ
2007/03/07 22:52
今の時期にはこのオオカメノキ(ムシカリ)の冬芽をよく見かけます。日に日にふっくらしてきていたのに、この寒波でまた雪の下になってしまったでしょう。昨日今日の雪で、雪山歩きも もう少し続けられそうですね。
KYAZU
2007/03/08 13:27
KYAZU様
「オオカメノキ」の芽でしたか!。さっぱり見当がつきませんでした。ご教示いただき有難うございます。今週末は天気もイマイチ、関東圏内の雪山歩きです。次は何の芽吹きが目に留まるかな、楽しみです。
テントミータカ
2007/03/08 15:14
うさぎ耳のオオカメノキを見ると、残雪歩きの季節だなあと思ってしまいます。
数年前に、雑誌「山と渓谷」で、冬芽が顔のような表情を見せている写真が掲載されて、面白いなあと思いました。冬芽というのは、自然観察の人気のある分野のようですね。
さすらい人
URL
2007/03/08 16:53
さすらい人様
いつもコメント戴き有難うございます。
「うさぎ耳」な〜るほど。こんな形の目出帽があれば、ぜひ被りたいです。ヤマケイに載っていましたか。コシアブラ芽吹きには興味があるのですが(笑)。フキノトウのテンプラを食べたので、次は何の山菜が・・・(あっ、ついつい食欲が)。
テントミータカ
2007/03/08 21:18
この写真で近鉄バッファローズを連想するとは、なかなかのセンスですね。(笑い)
オオカメノキだったんですね。ふ〜ん、自分ももう少しゆっくりと、こういったものを楽しむ山行をしなけりゃなぁ。
山いろいろ
2007/03/09 22:01
山いろいろ様
いつもコメント戴き有難うございます。
今じゃ、「近鉄バッファローズ」って、ないんですよね(笑)。「うさぎ耳」のセンスを持ちたいと思っているんですが(無理か?)。

最近はヘナチョコに磨きをかけて、更に鈍行登山なので、周りのものが沢山目に留まるようです。あ〜あ、兎足になりたい。
テントミータカ
2007/03/12 08:35
オゼノ尾根の芽吹き テントミータカ、山と猫の記憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる