テントミータカ、山と猫の記憶

アクセスカウンタ

zoom RSS 群馬・袈裟丸山で花見(群界尾根〜後袈裟丸山)シロヤシオ・シャクナゲ・ユキワリソウ

<<   作成日時 : 2007/06/06 21:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2007(H19).6.6(水)曇り時々晴れ(内職をサボるほど貴重な?入梅直前、晴れの一日)

三週間前、アカヤシオを堪能してきた、群馬の袈裟丸山(折場口から前袈裟丸山往復)。

アカヤシオの前袈裟丸山の記事は こちら


今回は小中口・群界尾根コース往復で後袈裟丸山(あとけさまるやま)・八反張(はったんばり)へ、花見に出掛けてきました。
ミツバツツジ・シロヤシオ・シャクナゲ・ユキワリソウが綺麗でした。

とりあえず花写真アップ

詳細は・・・・余り参考になりませんが(花撮影・足慣らしのノンビリ歩きなので)
6/11詳細記事は こちら

*************************************

「群馬の山歩き」より、抜粋・・・

 日光連山の南端に位置する袈裟丸山。登山路は利根郡と勢多郡の境界にある。歩行時間の長い沢入からのコースに比べ、群界尾根はマイカーを利用すれば、格好の日帰りコースになる。
 笹原にツツジと白樺が鮮やかに映える八重樺原、展望のきく尾根、ちょっぴりスリルを味わえる八反張。知名度の低いコースの割には変化に富んだ山行が楽しめる。特に八重樺原から望む袈裟丸の山々は、往路から見れば登高意欲をそそり、帰路に振り返れば名残の惜しさを募らせる・・・(※参考コースタイム、6時間)

*************************************


「石祠」から上部、見頃のシロヤシオ・シャクナゲ(まだ、蕾もあります)

ミツバツツジは終盤

八反張(はったんばり)の岩場にユキワリソウ群落(三部咲)

八反張(はったんばり)の最低鞍部、ヤマザクラ・アカヤシオ残り花あり


                      シャクナゲあれこれ

画像


画像画像





















                          シロヤシオあれこれ

画像画像















画像画像



















                       トウゴクミツバツツジあれこれ

画像


画像画像
















ユキワリソウあれこれ
画像画像





















画像画像




















※また、来年も行こう・・・。侮りがたし、花の山「袈裟丸連峰」

・・・帰路に振り返れば名残の惜しさを募らせる・・・
(・・・のはずでしたが〜、雷ゴロゴロ、撮影後、さっさと下りました)今日の袈裟丸山
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ユキワリソウって、こっちのオオミスミソウ(雪割草)と別物で、ハクサンコザクラ、サクラソウなどの仲間なんでしょうか?
シャクナゲ、美しいです〜♪
でも藪としてのシャクナゲはものすごいらしいですが(聞いた話し)。
ハタノ
2007/06/06 21:43
すっすばやい!ハタノ隊長!。

 チョットのブランクもなんのその、相変わらず健脚で飯豊の花巡り、お疲れ様でした。しかも、アノ「しげぞう隊」とスライドとは、こりゃ、縁起がいい(笑)。サクラソウの仲間です。正式名がユキワリソウで、花図鑑にも載っています。この花が隣の庚申山に咲くと、コウシンソウの大賑わいも始まります。
私はシャクナゲ藪漕ぎは未経験ですが、ハイマツ漕ぎは二度とやりたくありませんね(ヤニが付くし〜)。笹藪漕ぎもダニがつきそうで(ダニ・ヒルは嫌いです)。今日の山頂休憩事、ダニがズボンを這い上がってきて、払い避けました。今の季節はダニも要注意ですね。
テントミータカ
2007/06/06 22:19
おいらが行った時に群界尾根からと思ったが、通行止めだった。
ユキワリソウって、こっちのオオミスミソウと違うみたいだけど、別の
種類なのかなあ。シャクナゲ、赤、白ヤシオ、みんな綺麗だねえ。
赤鬼
2007/06/07 06:25
大昔、中禅寺湖界隈をほっつき歩いてましたが、近くにこんな花の多い山があるとは知りませんでした_| ̄|○;;;;;;;
にしてもシャクナゲやらヤシオやらユキワリソウいっぱい咲いているんですねww
所で和賀甲界隈で咲いてるサクラソウはユキワリコザクラでしょうか?ハクサンコザクラでしょうかね?焼石姥石平に咲くサクラソウと同種に思えるんですが・・・。
やまおやぢ
2007/06/07 09:36
ウ〜ム、アカヤシオといいシャクナゲといい、しっかり花の時期を押さえてますね。しかも今回は歩いて見たかった郡界尾根ルートとは。
コルのユキワリソウにも惹かれていたんですけど。今週末の山行にまた迷いが…(とか言っててまた花の時期を外しそうだ・汗)
まろん
2007/06/07 19:24
皆様、いつもコメント戴き有難うございます。

赤鬼様
 新潟の雪割草はオオミスミソウですよね。こちらは学名もユキワリソウというサクラソウの仲間です。袈裟丸山の石楠花の季節は赤鬼様のほうが先に歩かれていますね。私は今回初めてで。
 いや〜!近くにツツジ類花いっぱいの山があって嬉しいです(紅葉の頃も良いらしいです)。

やまおやぢ様
 袈裟丸のサクラソウはユキワリソウです(葉が細長い)
葉っぱが広卵形ではっきりとした葉柄があるとユキワリコザクラのようです。私見ですが、甲山あたりだとユキワリコザクラに思えます。が、葉っぱも写った写真があればはっきり見分けられそうです。

まろん様
 いいでしょう?袈裟丸山。ツツジや石楠花は雨や霧の中でも風情があって見られますからお勧めですね。ただ、群界尾根は登山口がマイカー向けの林道奥なので(マイカー保有台数全国有数の群馬県ですから)前袈裟丸までのピストンが多いようです。でも、登山コース自体は楽だと実感しています。
テントミータカ
2007/06/07 21:42
群馬・袈裟丸山で花見(群界尾根〜後袈裟丸山)シロヤシオ・シャクナゲ・ユキワリソウ テントミータカ、山と猫の記憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる