テントミータカ、山と猫の記憶

アクセスカウンタ

zoom RSS 7/8ガラス細工のミヤマウスユキソウ(ヒナウスユキソウ)

<<   作成日時 : 2007/07/09 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

まだまだ、詳細はまとまりませんが、とりあえず花の写真アップ(今回は90ミリマクロ使用)



※速報記事は コチラ

※山行詳細記事は コチラ

※ヒメサユリ写真記事は コチラ


7/8大朝日岳稜線にて、朝露のミヤマウスユキソウ(ヒナウスユキソウ)

個人的にはもう少し、花が蕾(花芯にアイライン入り)気味の花の方が、嬉しいのだけれど


                      朝露のミヤマウスユキソウあれこれ
画像




画像




画像



画像



画像






                               ムシトリスミレ
画像





                              チシマゼキショウ
画像





                               オノエラン
画像





他、稜線の花、ヨツバシオガマ咲き始め、チシマギキョウ蕾沢山





                     7/8朝、大朝日小屋から、中岳・袖朝日方面を望む
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
う〜んww 朝露に朝日が差して・・のシチュエーションだったのでしょうか?
絶好の撮影タイミングでしたね〜(うらやまし過ぎてぼけ〜っとした笑い
雫のついたウスユキソウ、ほんとうに綺麗に写されてます(///▽//)キャハ
あ〜、拙者はカメラも修理がいつあがるか未定だし、夏の予定は未定凍結中です〜〓■●_バタッ
秋田のやまおやぢだすw
2007/07/10 08:28
まさにガラス細工ですね〜
すばらしい!
sanae
URL
2007/07/10 16:20
朝露をのせてきれいですね。
90mmマクロというとタムロンですか。それなら同じだけど、写真は私のとかなり違ってきますね。作例として勉強させてもらいます。
さすらい人
URL
2007/07/10 17:31
皆様いつもコメント戴き有難うございます。

やまおやぢ様
 この辺の写真となると、もうテキトーとしか言いようのないヘナチョコ写真技術で(笑)。偶然のモデルと気象状況で・・・なんとか。確実に歩行主体の登山形態から外れ、撮影目的山行。※おかげで小朝日岳や鳥原山は歩けませんでした。

sanae様
 朝の登山者はこの時間、こんな感じで煌く花畑や草原を元気良く歩くんですよね。朝露のウスユキソウ、まさに高山植物の生態らしい状況で(綿毛が守っている)映えます。

さすらい人様
 ・・・と、言うヘナチョコな訳です。1ギガのメモリー二枚・予備電池3個持っていますので、たくさん弾を打ちました。今年の私の花撮影は、基本の植物図鑑的撮影よりビジュアル効果優先で行こうかなと(笑)。
 ご推察の通り、相方が久しぶりにタムロンの90mmマクロレンズを引っ張り出してきて、私がうっかり50ミリレンズを忘れたので拝借しました。光のボケが綺麗で、評判どおり良いレンズですね。

テントミータカ
2007/07/10 18:39
7/8ガラス細工のミヤマウスユキソウ(ヒナウスユキソウ) テントミータカ、山と猫の記憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる