テントミータカ、山と猫の記憶

アクセスカウンタ

zoom RSS 10/13-15…岩手・松川温泉から姥倉山・大松倉山・三ツ石山・大深岳詳細(後半)

<<   作成日時 : 2007/10/22 12:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

二年ぶりの松川温泉周回コース、岩手山が冠雪で登頂断念。姥倉山から紅葉終盤の姥倉山・大松倉山・大深岳。三ツ石山壮・大深山荘泊。二週連続の裏岩手界隈、詳細(後半)。

※スイマセン、今回も写真ぺたぺたで、誤魔化しています。

速報記事はコチラ

前半記事はコチラ




                     松川温泉下山途中にて
画像



**********************************

2007(H19)10.14(日)晴れ

朝も早くから、岩手県のアンケート調査の青年二人

アンケートに答え、最近の付近の山の様子、教えてもらう


AM7:45標高1300m三ツ石山荘発

AM8:00コバノギボウシとトウゲブキの花柄

タカネトウイチソウは赤い葉っぱ

今日も岩手山山頂部、雪雲

日帰り軽装の人が続々入山

AM8:34-AM8:45標高m1466m冷たい風の吹く、三ツ石山山頂

三ツ石山岩峰を振り返りつつ先へ進む

ハイマツと潅木のなだらかな尾根


                 紅葉の葉は吹き飛びモノトーンの世界
画像



AM9:15-30標高1405m、三ツ石沼にて暫し、撮影休憩
画像



登山道、落葉したばかりの落ち葉で彩られている

ドライフラワーのエゾリンドウ

AM9:45標高1430m山肌、名残のパッチワーク紅葉

登山道のない大白森湿原、遠くに先週の大白森が浮かぶ

AM9:52標高1448.1m三等三角点ピーク通過

AM10:21標高1467m小畚山

三ツ石山が遠く見える


                    大深山鞍部付近の紅葉が綺麗
画像



AM10:30標高1450m
前回の記憶がウソのように刈り払いされ、歩きやすい登山道

ナナカマドの実

AM10:45標高1370m大深山山襞、パッチワーク紅葉

AM11:00-45標高1355mラーメン休憩


AM12:15標高1485m登山道階段、敷石で整備された山頂への登り

AM12:20-30休憩。八瀬森分岐
「三ツ石山荘4.7キロ/藤七温泉10.1キロ」表示

八瀬森への距離表示なし、草刈なし、さすが渋コース

岩手山山頂の雲が取れた

tomomiさん、元気に歩いているだろう


AM12:55標高1541m大深岳山頂

PM1:00標高1525m黄色の古い道標も残る山荘への分岐
「三ツ石山荘5.3キロ/藤七温泉9.2キロ/松川温泉6.0キロ」表示

PM1:20曲がった木の橋。本来の水場分岐
二年前と違い、立派に笹の刈り払い、PM1:24難なく傾斜湿原の木道着。
木道一部整備済み
市松模様の最新型の木道

八幡平・樹海ラインが見える

PM1:30標高1435m木の桶つき水場、bR、銀の柄杓
画像




PM1:42標高1420m無人の大深山荘着

小屋から八幡平の展望も良し


                          ダケカンバの黄葉
画像




夜半、雨



***********************************


2007(H19)10.15(月)霧のち晴れ

AM7:35標高1420m大深山荘、出発

松川温泉への最短ルート、水場・湿原経由

キジムシロの残り花
アオノツガザクラの株が多い

ホシガラス

朝霧がどんどん晴れていく

AM8:45標高1365m尾根コース分岐点合流


                  周囲、ナナカマド・カエデの紅葉
画像


画像



AM9:00標高1255mまだ霧がかかるも、森の紅葉を堪能
画像


画像




AM9:10標高1170m「水場」
ディズニーの人魚のカップ
「松川温泉3.0キロ」


                          紅葉が続く
画像



AM9:45標高1065mブナ林の黄葉、木道

AM9:53丸森川橋「源太ガ岳2.3キロ/松川温泉2.3キロ」表示

キノコ採りの人の鈴の音


                         周囲の紅葉も見頃
画像


AM10:20標高870m変電所?施設

付近の林、紅葉見頃

AM10:40標高820m車道脇登山口


                  葉まで赤いマユミ、赤い鈴なりの実
画像




                       地熱発電所施設
画像




AM11:50標高800m松川温泉登山口駐車場着





人気blogランキング←参加してみました。クリックいただけると嬉しいです。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
う〜む・・小モッコからの大深〜松川温泉の状況、特と見させて頂きました。
大深岳までの登り返しはキツくなかったですか?
晩秋の紅葉の様子、凛とした空気感まで感じられました、ありがとう〜w
秋田やまおやぢ
2007/10/22 17:51
この日、テントミータカさんのことを近くに感じながら歩きました。
私達は森へと入っていったので、風の影響は少なかったのですが、
お二人は稜線で冷えたのでは?
大深山の鞍部の紅葉は見事ですね。松川温泉への道もしっとり。
八瀬森への道は、はじめ笹が深いですが次第に歩きやすく、そして倒木だらけ。
裏岩手縦走路は今年の夏にしっかり刈り払いされ、快適に。
それでも、まだまだ静かな道ですね。
tomomi
URL
2007/10/22 21:17
この前は私の所へ来ていただきとっても嬉しかったです(*^-^*)
テントミータカ様はいつも静かな山行楽しまれているのですね。
あの日やはりとっても寒かったのですね〜 岩手山初(?)冠雪でしたかー。
和賀でさえ寒くて寒くてお昼休憩は風が体に当たらないよう斜面に寝てました^^;
いつかこんな紅葉の季節に三ツ石山リベンジしたくなりました。
これからもまたお邪魔させてくださいネ。
odamaki
2007/10/22 21:22
皆様、いつもコメント戴き有難うございます。

秋田やまおやぢ様
 大深岳までの登り返しの前に、無風陽だまり鞍部で岩手山を眺めつつノンビリラーメン休憩で英気を養いました。のこぎり刃ジグザグ登りはそそられますね〜。いつもここの登りはゆっくり休み休み登るので、辛い記憶はないです。

tomomi様
 そうなんですよ、三ツ石から小畚間は風が冷たくて、急ぎ足で、歩いてしまいました。松川温泉への下山道、上部が荒れているわ、どこから熊が出てきても可笑しくないし、ここを単身で歩いたtomomiさん、只者ではありませんね〜(笑)。

odamaki様、ようこそおいでくださいました。
 あの日の和賀は、風の山頂でしたか!。私の和賀山頂の認識も「いつも強風の山頂」ですね。秋田駒・裏岩手の紅葉見頃は毎年10/10あたりですね。ぜひ、こちらへもお出かけ下さい。私の来年の秋は和賀かな〜・・・。
テントミータカ
2007/10/22 22:37
10/13-15…岩手・松川温泉から姥倉山・大松倉山・三ツ石山・大深岳詳細(後半) テントミータカ、山と猫の記憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる