テントミータカ、山と猫の記憶

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/1、人よりも熊が多いかも?和賀山塊、強風の沼尻岳。

<<   作成日時 : 2009/05/12 20:13   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

 
 2009(H21).5.1(金)晴れ



                     沼尻岳山頂からの根管分岐〜和賀岳の眺め
画像







 花々を楽しんだ後は、真面目に歩きましょうか・・・。
画像






                         まだ、花に未練があるようです
画像





画像





画像






画像





画像





 前山分岐までの急坂、いつもなら、蒸し暑い&まとわりつく羽虫の中の急坂が、今回は涼しく、快適に歩けます。イワウチワ・イワナシ・マンサク・コヨウラクツツジがチラホラと咲いていますが、木々の萌黄の色も薄く、雪が無いだけのほぼモノトーンの世界。



                        イワウチワ撮影は帰路のお楽しみに
画像






 やや笹が被り気味、杉の植林から天然林と変わり、ブナの大木が目につく前山分岐から登山道に残雪が出てきました。
画像







 持参のワカンも使わない、快適な雪道歩き。1091mピーク経由の広い尾根、左端に沼尻岳山頂部が覗きます。
画像








 矮小ブナ林、気持ちのよいミニカタクリロードは、雪が解けたばかりの様子。姫イチゲ・キクザキイチゲが数輪、カタクリは蕾が多く、まだまだ花はこれからの様子。
画像







                    1091mピーク手前から登ってきた尾根を振り返る
画像









                    ???? ふいに目前、大きな足跡が横断しています。
画像






             自分の足と大きさの比較・・・・・・・・・・・・・・・・・大きな熊だな、こりゃ・・・・・・
画像









 沼尻岳山頂部(1260m・ハイマツが生えている)は、空身では飛ばされそうな凄い強風。
画像






 もっと先へ進みテント泊の予定でしたが、再訪の地なので無理して歩く気は無く、すぐに、風下の適当なところでテント泊とします。




 ・・・でも、あまり標高を落とすと熊が出そうだし、新雪ふきだまりが残っていて美味しそうな、沼尻岳山頂直下に、設営しました。

                           雨の心配も無いので本体のみ
画像

 


 テント設営作業中に、今日唯一の単独登山者(日帰り軽装の方)が下山して行きました(やまおやぢさんの知り合いかな?)。







 せっかくの展望の山頂ですから、風に飛ばされないよう注意して、山頂から写真撮影。



             西側の展望、高下岳(左端ピーク1322m)、根管岳(中央部)、和賀岳
画像



                        北面の新雪が残って神々しい和賀岳のアップ
画像





                明日遊ばせていただく予定、(左)大荒沢岳(1313m)、(右)羽後朝日岳(1376m)
画像




                         テント場から良く見える、モッコ岳(1278m)
画像






              盛岡の夜景を楽しんで、早々に熟睡・・・・






                                  続き(大荒沢岳〜羽後朝日岳ピストン下山)は、コチラ






人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。







より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE

アウトドア&フィッシング ナチュラム

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ひょ〜え〜!!!
でっかい熊の足跡ですね〜
まだ新しそうだし・・・
「ヤツはそう遠くには行っていないぞ!」
って感じじゃ〜ないですか? 怖っ!!
花>熊>人の順番に多いみたいですね。
いつもながらお花の写真にホレボレしました。
mikko
2009/05/12 23:41
わぁーー!凄い!
真昼山系を登られたんですね! 5月とはいえまだまだ雪深い山域、私には到底、足を踏み入れれる場所じゃないです。(汗!
興味深々。続きが楽しみです。
やまめ
2009/05/13 09:56
以前5月中旬に同じルートで羽後朝日岳を往復しました。
その時は山頂近くで20分程度薮漕ぎをさせられましたが、5月初旬だと全て残雪を踏めるみたいですね。
沼尻岳手前の稜線が一面のカタクリロードだった記憶が蘇りました。
SONE
URL
2009/05/13 21:00
皆様、コメント・ご訪問戴き有難うございます。

mikko様
 登山口が「沢内マタギ」の地ですから、前回も高下直下に熊の足跡を見つけたこともあるので、それなりに覚悟はしていましたが・・・今回の足跡はデカかった〜。今時の山麓、花を楽しむだけでも満足できるところですよ。花散策に、「銀河高原」で昼食バイキング&入浴のセットもあります。

やまめ様
 ご近所で歩かせてもらいました。羽後朝日は青松葉山同様、一般人には今時の残雪を利用してのピークハントが可能となりますので、5/2は十人程の人達と交差しました。やまめさんも充分歩けますよ、是非・・・。

SONE様
 4月末の新雪が残って、大荒沢も羽後朝日も山頂直下の藪が隠されて歩きやすい状態でした。カタクリロードがまだ蕾ばかりで残念でしたが、虫も少なくて快適な山行でした。これからは残雪の山・東北の山を歩かせていただきますね。
テントミータカ
2009/05/14 07:01
5/1、人よりも熊が多いかも?和賀山塊、強風の沼尻岳。 テントミータカ、山と猫の記憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる