テントミータカ、山と猫の記憶

アクセスカウンタ

zoom RSS 6/27-28飯豊へテント担いでよっこらしょ!(前編)

<<   作成日時 : 2009/07/01 07:35   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 9

 飯豊本山にてテント泊の予定でしたが、速報の景色(飯豊本山山頂界隈)は翌日6/28軽装ピストン時の撮影です。



 【行程】、福島県喜多方市川入・御沢キャンプ場駐車場〜三国岳〜切合小屋泊〜飯豊本山(往復)


  今回も印象写真主体記事です。

 詳しい記述・参照記事は コチラの方で→ 昨年6/14-15川入〜飯豊本山、または昨年6/28-29大日杉〜切合



 ・・・テントミータカ隊の撮影山行は、切合小屋泊で余力充分、カメラを使う元気もでるようで(笑)。

 ここもテント泊のつもりでしたが、好天気とあって健脚の皆さんは、本山小屋へと向かったよう。空いている切合小屋でしたので、小屋を使わせてもらいました。





                        種蒔山付近から、草履塚・飯豊本山
画像





 登山口から蚊取り線香をぶら下げての入山


 林道脇にシロバナオドリコソウ、花をつけたミヤマセンキュウ・アオミズ



                        始めの急坂、りっぱな階段に唖然・・・
画像



 ブナ巨木に見とれながらの登り、評判の悪い掘れて苔むした道も結構涼しく、歩きやすいステップを見つけながら進みます。

 


画像



 鳥は、ヨタカ・オオルリ・キビタキ・コルリ・「ホーッ、トッポジージョ」なウグイス・「ウィーチッチ、グチュグチュ」なクロジ

 すべての休憩地点で休みながらゆっくり登っていきます。大汗、凍らせて持参のスポーツドリンクが見る見るうちに、大福・飴類と共に、飲み干されていきます。


      飯豊連峰中、随一の名水「地蔵清水」付近(ミソサザイがいる)から、剣が峰・三国岳
画像







                          七森の岩壁
画像



 日差しが照りつけ暑いわ虫は多いわ、虫除けタイガーバームと日焼け止め・大汗でぐちょぐちょになって登る剣が峰・・・・ヒメサユリ咲きはじめ




 大汗を掻き重い荷を担いで登り、苦労してから眺める飯豊のヒメサユリは、・・・格別です
画像



画像



画像







 ナナカマドの花が満開、三国小屋裏手から眺める大日岳
 (ここで行動食のパン一式を忘れた事に気づく・・・ここまで、大福食だったので不自由なし)
画像



 続く稜線、七森・種蒔方面(雪が少ないな〜・・・)
画像






 三国小屋直下は足場が悪いけど、シラネアオイの群生地
画像





 咲き始めのヒメサユリを愛でながら七森へ向かう。イワヒバリ・ウグイス

画像



画像



画像




画像








                        大日岳が見守ってくれています
画像







                     いつも気になるダケカンバ(緑が濃い)
画像







                       紫が濃い(気がする)シラネアオイ
画像









                          種蒔山へもうひと頑張り
画像




                        ハクサンチドリとミヤマキンポウゲ
画像




                          ミヤマキンポウゲらんど
画像




                           ミツバオウレンらんど
画像








                        今年も残雪豊富な種蒔山東面・・・涼しい〜生き返る
画像





                              切合はすぐそこ
画像






 大日杉コース(御沢・お坪・地蔵山方面(御沢の雪渓は例年よりも融雪が進んで険しい))
画像




 行動食パン一式を忘れた空腹のテントミータカ隊は、切合小屋前にてラーメン休憩してから、先へ進むかどうか検討。その間にも、日帰り・小屋泊の登山者の往来多し。





     ・・・・・明日の草履塚〜飯豊本山山頂の撮影は軽快に行動したいので、ここで泊まる事となる。


                    まだまだ泊まるスペースがある小屋内の様子に、テントを枕に小屋泊に変更。








     荷物もお腹も落ち着いたので、小屋周囲の花撮影にしましょ


                            ヨツバシオガマ
画像




                       シロバナっぽいヨツバシオガマ
画像





                            オノエラン
画像






                           ミヤマハンショウヅル
画像







                                     続きは → 6/28朝〜本山山頂付近6/28御秘所・草履塚の花の様子、下山















人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。







より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE

アウトドア&フィッシング ナチュラム



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
私も、「も」ってことはないか^_^;
28日、大日杉から目洗清水まで、ヒメサユリ探訪に出かけてました。
チュチュチュ・・・ちょっと、表現が上手くないですが、啼いている鳥がいて、と言っても、私には見えずに、声だけ聞いて、こんな時、テントミータカ様なら即座にカメラを向け、名前も分かるのでしょう!と稜線上で思い出しておりました!
noritan
2009/07/01 12:39
こんにちは〜!!
またまた飯豊いいでんな〜(笑
綺麗な新緑と残雪のお写真を見ていると
爽やかな風を感じられるようです。
(虫の多さは伝わってこないですからね〜)
たくさんの鳥や花に出会える飯豊はやっぱり
いいでんな〜(しつこい!)
わが社の鳥博士くんはこの週末、イワリバリを求めて
西吾妻山に入ったようですが会えずじまいだったようです。
mikko
2009/07/01 12:45
今年の飯豊は残雪が少ないですね。でも流石に飯豊!
沢山の花に囲まれて幸せ気分を味わえたのでは?
やはりヒメサユリは高い山で見た方が野性味あっていいですね(笑)
SONE
2009/07/01 17:47
皆様、戴いたコメントの反映が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。

noritan様、ヒメサユリ街道でしたか!。
 大日杉から切合まで往復の人が結構いましたね。本山をめざすには表参道が一番楽なのとこちらのヒメサユリも久しぶりなのでこのコースにしました。ヒメちゃんメインなら大日杉〜目洗清水は花も立派でのんびり楽しめますね。
 鳥は木のてっぺんで啼いていたらホトトギスかもしれませんね。早口ピーチパイならヒガラかな?。・・・鳥の声を楽しむテントミータカ隊、益々、無愛想に歩いているかも(笑)?

mikko様
 飯豊いいでしょう?。ヤマケイにキスゲの杁差が載っていて、混みそうだな〜と戦々恐々、今の内に飯豊を堪能しておこうかなと(笑)。麓歩きでは薮蚊もいて、蚊取り線香、頼もしいです。・・・虫除けネットを出さないで済んだのでほっとしています。お友達のイワヒバリ探索、残念でしたね、居るときは、目前でもいるんですけど。(今回はヒバリらしく天に向かって飛んでいました)

(続く)
テントミータカ
2009/07/01 22:07
(続き)
SONE様、はい、残雪が少ないですね。花は毎年、テントミータカの脳内でリセットされてしまうので、毎度、楽しんでおります。が、今年は特別、予想がつかなかったのでドキドキしながら(花がはずれか?あたりか?)登ってきました。
 他の飯豊のルートも最新ネットの記事を読んでしまうと行った気になって満足するところがあったのですが、今回は最新の様子が不明でしたので、楽しい「わくわく」付きで良かったです。
テントミータカ
2009/07/01 22:13
気のせいではないと思います。 あそこで見たシラネアオイは明らかに紫が濃かったです。 あの孤独なダケカンバも印象に残っています。 昨年の山行を思い出しながら拝見しました。 いつかは私もテント担いで行きたいけど‥。 飯豊に行くと連休が欲しくなりますね。
あき
2009/07/02 21:44
あき様、コメント・ご訪問戴き有難うございます。
 昨年は日帰りで歩かれましたよね。このコース私の日帰り記録は切合小屋までで、本山にはとても届きません。私の初飯豊がこのコースを御西小屋泊大日岳まで歩いたという思い出多き大切なコースでもあります。山麓からしっかりと歩かされる飯豊にこそ「日本の山」ならではの味わいが凝縮されていると思います。
 
テントミータカ
2009/07/02 22:20
テントミータカ様ご無沙汰しております
同じ日に当チームは丸森尾根を登り門内で一泊し、翌日北股をピストンして
梶川尾根を下山しました
扇の地紙付近のヒメサユリを見に行こうと計画したのですが、ほんの少し早かったです蕾は大きく膨らんで先端が少しおちょぼ口を開いた状態でした
ニッコウキスゲと入り乱れて咲く光景を見たかったのですが残念でした
今週末日帰りで再挑戦してみます
りゅう
URL
2009/07/03 00:44
りゅう様、お久しぶりです。最近は、そちらの縄張りをウロウロさせていただいております(笑)。
 三脚マンさんとも見事バッタリされているようで、りゅうさんの山繋がり、見習いたいものです。キスゲとヒメちゃんのパステルなコラボ群生、綺麗ですよね。元気なりゅうさん達に体力が及ばない(6月に二回も飯豊巡りでヘナチョコの)身には堪えており、今週末は近場でのんびり保養に勤めようかと思っています。キスゲ畑は飯豊で見たいとは思っています(笑)。
テントミータカ
2009/07/03 18:06
6/27-28飯豊へテント担いでよっこらしょ!(前編) テントミータカ、山と猫の記憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる