テントミータカ、山と猫の記憶

アクセスカウンタ

zoom RSS 8/1大清水から中の岐沢林道にて尾瀬沼入り

<<   作成日時 : 2009/08/06 00:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

                      


                   奥鬼怒林道途中のオオウバユリが見事でした。
画像






 速報や、キスゲが終わってもそれなりにハイカーで賑わう尾瀬沼・大江湿原に、向かうルートで、登山口が「大清水」となれば、通常は一之瀬・三平峠ルートです。
























                    ・・・・・・・・・が・・・・・・・・


















                地味なテントミータカは、とある地味ルートが気になっておりまして・・・・







  以前、大清水から鬼怒沼〜黒岩清水〜小淵沢田代〜尾瀬沼のしょっぱいコースを歩いた時(山中テント泊)、エスケープルートとして考えていた部分。

 奥鬼怒林道から入り作業道〜中の岐沢〜沼沼ルート主脈稜線分岐(といっても森の中)〜小淵沢田代の登山道の赤線引きが未踏(概算4時間コース)。

 いろいろ情報をネット検索し、道中、沢歩き・渡渉・笹被りでも歩けない事は無いだろうと判断。一応、尾瀬ハイクでは、沼沼コース以来の2500分の一地形図もプリントアウトして備えます。




                       地味ルートは案内板にも載っていません
画像




 こういった不安定な天気の中、万が一、途中で行き倒れても持参のテント泊でいいや〜。

 ・・・・と、安気な考えで、前夜、大清水の駐車場(普通車一回500円)へ向かいました。




 2009(H21).8.1(土)曇りのち晴れ

  未明からの駐車場は、ハイカーの皆さんの物音で目覚め。少し朝寝坊をしてから、ゆっくり起き出し、朝食。
 尾瀬では、ひとめをひく大ザックを背負って、奥鬼怒林道入り。



                       アブもいなくてのんびり歩けるな〜・・・
画像






                           ヨツバヒヨドリ群生
画像







                     コチラでは、今頃ネジバナが咲く様で
画像








                        鹿防護柵をしっかり止めます
画像







                              ソバナ
画像



 林道歩きの花は、他に、ヤマオダマキ・エゾアジサイ・タマガワホトトギス・ツリフネソウ・キツリフネ・ウツボグサ・オオマツヨイグサ・ノリウツギ・スズメウリなど・・・



                      関係車両数台の通過あり










 奥鬼怒川林道から分岐する作業道(中の岐沢沿いの荒れた道)入り、道がジグザグとなり、遠望が確認できる頃、朽ちた道標が倒れている登山道入り
画像






 尾瀬に行くイメージとかけ離れた変化に飛んだ道のり





              小沢を少し登って(ここで下山の人と交差する・・・好き者はいるようで(笑))
画像






     周囲、高さ1.5〜2m近くの笹被りは無く、下草がほどほどに気持ちよく伸びたフカフカの道
画像







 登山道は始めは急勾配ですが、だんだん傾斜が緩やかになって、暫くは歩きやすい道が続きます。






 こんな森巡りとなれば気持ちが伸び伸びとしてきます。
画像








画像








 笹が豊富な道筋、名残のギンリョウソウ、イチヤクソウが咲いています。








 ウグイス・ルリビタキ・コマドリの声を楽しみながら、平坦な道のりが続きます。






              小さいながらも水量豊富な沢の渡渉(飛び石で渡れました)
画像







 泥濘部も増えてきて、大きなミズバショウの葉っぱも出てきました。膝までも埋もれそうな泥部に注意して進みますが、・・・・・ここは長靴が欲しいところです。


 こんな地味コースでも、ちょっとした足場の脆い急坂で、安全確保のトラロープが出てきたのには感動します。






 道に古いワイヤーロープがでてきて、踏んだり・跨いだり・潜ったり・・・
画像







 すっかり記憶は忘却の彼方、通過した事のある、沼沼コース(いちおう主脈縦走路?)分岐に出て、一安心。

 感慨深く、暫く休憩。



画像












 ここから緩い下りで、小淵沢田代へ向かいますが・・・




                    小淵沢田代への入口歩道・木道は、半分水没・・・
画像





                      メボソムシクイ・モズ以外は無人の池





 花は、お終い気味のオサヒラン、盛りのキンコウカ、モウセンゴケの小さな白花、少しだけのコバギボウシ・オトギリソウなど



画像
  








                           そろそろ青空が・・・  
画像
  









                              高速道路 
画像





                             尾瀬沼・大江湿原入り

         野性味溢れる地味ルートから入山すれば、たどり着いた「尾瀬」の感激もひとしお・・・
画像
  




 



                    続き、8/1尾瀬沼・大江湿原の様子は → コチラ 、





                                      閑散とした尾瀬沼ヒュッテ脇のテント場にて一泊。





                        8/2尾瀬沼一周・下山の記事は → コチラ




                             






人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。







より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE

アウトドア&フィッシング ナチュラム


              

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
8/1大清水から中の岐沢林道にて尾瀬沼入り テントミータカ、山と猫の記憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる