テントミータカ、山と猫の記憶

アクセスカウンタ

zoom RSS 11/1-2紅葉が見事な霧来沢コース@本名御神楽岳

<<   作成日時 : 2009/11/10 20:20   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

 
 
 2009(H21).11.1(日)晴れのち曇り

 林道歩きと藪尾根の狢が森(むじながもり)山山行の翌日、今日は避難小屋泊装備で、定例?の、本名御神楽岳へののんびり休養山行です。


               山行の詳細ガイド記事は、昨年等の記事に、お任せして(笑)。


               道中の写真をペタペタで、紅葉をお楽しみ下さい。



                     速報記事は → コチラ





 熊に襲われる事も無く、峰越林道脇の空き地にてテント泊(フカフカの落ち葉で快適な地面)の朝


                        山麓の林道沿いの渓谷&紅葉も見頃
画像



 霧来沢橋手前の広い駐車スペース(無人)に移動、出発。

 ※林道終点、杉林の登山口にも駐車スペース数台分あるが、足慣らし程度で歩ける(15〜20分)距離なので、苦にならない。
 今年は、伐採作業で登山口は関係車両と重機が入っているので、外来者が停める事はできない(警告看板あり)。

 登山口途中に登山者らしき車が数台、林道脇の数箇所に停まっている。


                         杉林伐採作業中の登山口
画像



 伐採作業の新規開拓作業道が、八乙女の滝直前の杉林まで開かれ、ドロドロの作業道と歩道が重なっているところもある。


                            八乙女の滝
画像



                           滝付近の登山道
画像


 年々バランス感覚が衰えてくるのか?、滝付近の鎖場&岩場の通行も、緊張が増す。

 



                      滑滝渓谷沿いの道、紅葉に見とれる
画像




画像



 単独氏と交差。暫く後、グループ二組と交差(昨日の小屋は、計11名のお泊りだったそうな)



画像






                         鈴なり(植物名は?)
画像




                          ムラサキシキブ
画像








                   「杉山が崎」への急坂の道(紅葉はお終い)
画像




 今日は整備された登山道が楽で、真面目に歩いたので標準コースタイムの歩行速度



 モヒカン尾根道、寒々とした景色から想像できない、予想外の熱風が吹き付けてくる。
画像






                    「杉山が崎」、麓方面を振り返る
画像







                       東面山肌、名残の紅葉
画像






                          熊打ち場&鎖場
画像






 粟が岳・矢筈がかすんで見える。昨日の狢が森山&歩きそびれた日尊が倉山、往復歩きの峰越林道がはっきり見える。


                      前が岳の岩壁越し、上川方面
画像







 落葉しきったブナ林と笹の中、小屋が見えてくるのを楽しみに進むと、異様な真新しい白物が散乱しているのを見て、唖然とする。

 まだ冬囲いのされていない小屋に到着、中で小休憩。

 「無人小屋を利用する時は、来たときよりも美しく」がモットーのテントミータカ隊と、趣向の違う人々も小屋を使う事に困惑する。・・・・も、黒板の伝言板を見て、平常心を取り戻す。


 次着、ここが始めてらしい若いカップルと暫し、会話。


 予報よりも天気がもっているので、荷物を置いて、すぐ先の「本名御神楽岳」、山頂へ向かう。


 薄日がさす中、山頂界隈でのんびり過ごす。


                         笠倉山方面
画像




画像








                  お気に入りの景色、御神楽岳への登山道沿いのブナ林
画像



 懐かしき思い出もあれこれと蘇る山頂での憩いの時間もあっという間。


 どんより雨雲が垂れこみ、暗い空に変わり、御神楽岳・笠倉山も雲の中、小屋へ戻る。
画像



画像




 小屋へ戻り、水汲み往復。小屋周りの白物の回収焼却・小屋の掃除。

 本降りの雨。貸切の一夜。

 翌日は、小雨の中、下山開始。

 すぐに雨が止み、「杉山が崎」からは日も射し、瑞々しく輝く紅葉を愛でながら往路を戻る。

 登山口付近で、杉の伐採作業の方数名と挨拶。

 午前中に、駐車地に戻る。お湯を沸かし昼食ラーメン。荷物の整理。ハンドルを握る。





 冷たい雨の中、只見線沿いに会津坂下方面へ向かう。

 道すがら、鉄道写真カメラマンの多さに驚く。

 「道の駅あいづかわぐち」に寄り道・休憩

 柳津温泉にて入浴「月見が丘温泉センター300円」&虚空蔵尊参拝

 塔寺駅付近にてSLと一緒に並走する。

 会津坂下の「290円ラーメン」&ギョウザの夕食。

 真冬並みの寒気の影響で好天は望めず。

 明日の山行予定も取りやめ、会津西街道・塩原温泉経由矢板の通岳路にて帰宅することに。

 周囲の景色が白く変わった南会津・山王峠・尾頭トンネル界隈。

 ノーマルタイヤでの通行限度の雪路面、緊張の運転だったが、なんとかやり過ごし、深夜、無事帰宅。









人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。





MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも新潟界隈の山をご贔屓にしていただきありがとうございます。
毎年この時期のミータカさんの記事を拝見しては、
秋の良い頃になったら・・・
とおもいつつ、今年もタイミングを逃してしまった御神楽です。

鈴なり・・・ツルリンドウの実かなと。
KYAZU
URL
2009/11/16 19:27
KYAZU様、戴いたコメントの反映が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。
 やはり、ツルリンドウですか!。こんなに沢山の実をつけたものを見るのは初めてで、ナントカツルリンドウとかあるのか?と、いまいち植物名に自信がありませんでした。フツーにツルリンドウですね。ご教示有難うございます。
 本名御神楽も今年は別の位置から眺めようとムジナへも行きましたが・・・・見ると登りたくなってしまいますね(笑)。KYAZUさんも、きっと気に入ると思いますよ。
 我々は、藪道の笠倉山もそろそろ足を伸ばしてみようかなとも。
テントミータカ
2009/11/17 20:07
11/1-2紅葉が見事な霧来沢コース@本名御神楽岳 テントミータカ、山と猫の記憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる