テントミータカ、山と猫の記憶

アクセスカウンタ

zoom RSS 2/14ホワイトアウトの中、下山

<<   作成日時 : 2010/02/17 21:19   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

  下山、登山口(スキー場)近づくにつれて稜線が晴れ渡ってくる(よくあることです・笑)。

画像




 前日の午後からタップリと休養でき、降雪の一晩(外気温最低冷え込みマイナス12℃)、避難小屋にお世話になった翌朝・・・・


 2010(H22)2/14(日)

 麓の予報に反し、稜線は真っ白、視界不良の朝。


 残念ながらの下山と相成る。


 帰路、鉄山山頂部分岐から馬の背へ向かうトラバース道も新雪追加20センチ、昨日のトレースなど無く。


 自分達でつけたマーキング竹を見つけながら下降。


 (展望待ちでその場に穴を掘って一時間ほど待ったがまったくのホワイトアウトに変化無く・・・)

 トラバース道に新雪の表層雪崩の危険もあるが、馬の背までの短い距離、緊張しつつもアイゼンの前爪・ピッケルホールドを利かせて、慎重に通過。


 「馬の背」直下、沼の平側のカリバーン斜面から馬の背稜線に登り返し、道標を確認して一安心。



 視界の無い稜線歩きで安達太良山頂ピークを踏んでも面白くない。

 すでに気合も抜け、通行禁止(ガス中毒の危険あり)ルート、谷間にある「くろがね小屋」への最短距離を選択・下降する(真似してはいけません)。


 谷間途中から右側尾根に登り返し、正規ルートと合流。


 くろがね小屋先の平地にて、休憩。

画像



 しっかり踏み固められたトレースにそって、勢至平経由で登山口のスキー場へ戻る。




 小屋を後にする頃、ようやく青空が出てきた。


 スノーシュー・山スキー軽装の方々と交差。



 勢至平にて、行動食の昼食・休憩




画像






                             箕輪山方面

画像






                      左・安達太良山(乳首山)  右・篭山

画像









                        勢至平から林の中へ・・・

画像







 賑わうスキー場のゲレンデ脇を通過、ツグミを観察のち、駐車場着。

 予定よりも遅れたので、温泉入浴・地元グルメ無し。二本松ICから東北道(ETC割引1000円期間も残りわずか)でスイスイ南下。


 高速を降りて北関東な近所での夕食は(うどんでは物足りない程の)空腹なので、「すき家」の牛丼セットメニュウ。


    ・・・・・・・・・振り返れば、今回の山行は、実に印象深い思い出・真冬らしい安達太良三日間となりました。







                        三月になればもう少し安定した天気・展望で、容易に楽しめますね。
                                     (過去の経験からでしか話せませんが・・・)





                関連記事は → 初日二日目速報記事










人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。



MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)
2/14ホワイトアウトの中、下山 テントミータカ、山と猫の記憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる