テントミータカ、山と猫の記憶

アクセスカウンタ

zoom RSS 2/3社山山麓(南岸尾根P1557周回)で、山モード復活?

<<   作成日時 : 2013/02/06 00:44   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 5

                 日光白根山(デジカメのカラーフィルター設定を使っての写真)

画像





                    中禅寺湖畔から、白根山の眺め

画像





               下山後のしぶき氷と錫白尾根稜線(ノーマルで撮ればこの色合い)

画像




 2012(H25).2.3(日)

 夜明け前の目覚ましを二回鳴らして、ようやく起き出し、自宅発。日光・中禅寺湖スカイラインゲート前駐車地を出発したのが、AM8:40。

 車道歩きは見事なアイスバーンですが、快調に阿世潟まで歩けました

画像



 しっかりしたトレースは阿世潟から峠経由へ向かっています。この跡を辿れば、社山ピークハントは日帰りで楽々歩けるでしょうが・・・

 ・・・が、izumiさん や トシちゃん&sanaeさん のレポで、未踏の南岸尾根を行ける所まで行ってみて次回のテント山行の下見にしよう&静かそうでゆっくり歩けそう・・・で、ワカンを装着して先へ進みます。




                    湖畔の景色を楽しみながら(このあとすぐにワカン装着)

画像



 一年ぶりのワカン歩行と数週間ぶりの急坂の登りは、春山残雪限定藪山歩きの練習のような気分でとても気持ちが良いのですが、意外や?!後続の相方が息切れ。

画像



 社山のノーマルルート稜線に賑わう人影も見えますが、こちらは「マイペースでのんびり山を楽しみましょう」と、1557m手前のピーク(シャクナゲが見事なので勝手にシャクナゲ岳と命名)で一息。

 ここからはアップダウンの稜線歩き、1557mピークにて久方ぶりの山ラーメンの昼食。

 食後の片づけ中に、社山から周回で下山のペア二人と会いました。今日の行程では初めて人に挨拶しました。

 この先、次の小ピーク(1633mピークと1557mピークの中間点付近)で時間切れ、ここから登りでチェックしておいた湖畔に下れそうな支尾根を下降(ワカンにて)してみます。

画像


画像




 上部の岩場らしき場所も雪面のトラバースでやり過ごし、シリセードも楽しみ、湖畔平坦部で休憩。(湖畔が近づくにつれ積雪量が増え、ワカンでも膝まで埋まる雪に消耗させられましたが)無事に湖畔の遊歩道着。

画像



 帰路の湖畔道路歩き(アイゼン装着で歩いたほうが無難でしょう)でも意外や?誰にも会わず、所々で写真休憩を撮り、PM4:00車数台残る駐車地着。

画像



画像


 ヘナチョコ体力とはいえ、南岸尾根の好ましい雰囲気を確認できたので、次回は、一泊で社山・半月山と歩いてみたいものです。



 ※鳥はウソ・キンクロハジロ・イヌワシ(トンビにしては鳴声がピーピーで、たぶん)・ヒガラ・コゲラ・ゴジュウカラ・ホシガラス







人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。







MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。

GOLDWIN WEB STORE



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
今年になって有名ブロガーさん達が登ってこのコース、もう少し冬場に歩く人数が増える事を期待します。

1557、1633mと標高を上げて、ピーク1730m位の社山と黒檜山の分岐点(勝手に前社山とつまらない名前を命名)あたりもテン場にお薦めでしょうか。
展望が素晴らしいので一泊して命名し直して下さい。(笑)

izumi
2013/02/06 10:17
山モード復活 おめでとうございます。
でも あまり無理はしないでくださいね。

南岸尾根から社山に登る手前の鞍部は
テント泊に良さそうな場所ですね。
ただ 風の具合が分かりませんが・・。
タカさんの具合が少し心配です。
トシちゃん
URL
2013/02/07 00:08
皆様、お返事が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。
 
izumi様
 ノーマル社山ルートはトレースバッチリで賑わっていましたね。少しルートを違うだけで、これほど楽しめるとは思いませんでした。日光は近いので、この界隈で「残雪期限定の山歩き」をもっと楽しんでみようかと考えています。

トシちゃん
 そちらの記録に刺激され、早々にいってみる気になりました。有難うございます。針葉樹林帯でのテント泊が、風の心配も少なく安心ですね。稜線のほうが積雪が少なくて展望も良く、工夫して泊まれれば、良いのですがね。

 体調は本調子にはまだまだなので無理しないように歩きたいと思っています。
テントミータカ
2013/02/08 09:57
南岸尾根という名前が付いているの、知りませんでした!
もう4〜5年前になるでしょうか、1月の末頃に社山を登り南岸尾根を下りに使った事があります。
地図読みの勉強を兼ねて行きました。
社山を下って登り返したところの展望の良いところでラーメンタイムをしました。
あそこにテントで泊まったら気持ちが良いでしょうね!
社山以降、鹿意外の誰にも会わず、なかなか楽しい山行でした。
テントミータカさんが、社山に行かれていた日、我々は山王峠にスノーシューに行っていました。天気良かったですよね。ニアミスだったんですね。
てくてくA
URL
2013/02/09 17:11
てくてくA様、お返事が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。
 早速、お泊りで行ってきました。稜線は強風でテント泊は厳しいと予想し、直下の急坂の途中で斜面掘り込みのテント場にしました。綺麗な新雪で、水に不自由しませんでした。山王峠付近でテント泊したこともありますよ。この界隈、男体山に見守られているようで、鹿気分で歩けますね。
 そのうち、てくてくサン達とバッタリ?

テントミータカ
2013/02/11 22:45
2/3社山山麓(南岸尾根P1557周回)で、山モード復活? テントミータカ、山と猫の記憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる