テントミータカ、山と猫の記憶

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/10直前の強風雨(雪?)でやられたアカヤシオの前袈裟丸山へ・・・

<<   作成日時 : 2014/05/13 20:47   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

 おっ!、 速報速報の詳細記事アップですよ



 【行程】石楠花橋からタツ沢・笹尾根東南尾根〜小袈裟〜前袈裟丸山へ・・・(下降は弓の手・折場口)


 強風雨に耐え、咲き残っていたアカヤシオ

画像



 2014(H26).5.10

 地元の山菜取りのおじさん以外に合わなかった藪登路から、賑わう前袈裟丸山頂〜弓の手コース・折場口〜再び静かな林道歩き、と、変化にとんだ、袈裟丸アカヤシオシリーズ?ハイクでした。

 すっかりお気に入りとなった小中川左岸の前袈裟南西尾根へ再訪か?とチラリ思ったが、たまには、他のバリルートを探検しましょうと(ダメだったら南東尾根ね、ということで・笑)、前夜、自宅出発。登山口途中の某所にて麓テント泊。




 ・・・・でも、一晩中風がやたらと強かったね〜〜〜〜。




 朝、野鳥のさえずりで目覚めても、イマイチ風強し、上空は白い雲が続々と流れ・・・思わず、予備の羽毛服を着て朝食。登山口へ向かいました。

 石楠花橋の貴重な駐車スペースは先着車一台のみで、安堵、駐車し、出発。

 鎖のかかった林道の急坂を進むと、難なく、尾根とりつきの黄色いテープがあり、あとは鹿道?人道?適当に高度を上げると、石垣の土止めも頼もしい水平作業道着。足元には落下したアカヤシオの花びら


 アカヤシオ…やられたな(この時点で強風に花が散ったことを予感)


 作業水平道の探索は次の機会に、タツ沢方向へ右折、沢から上部に人影をみて(地元の山菜取り)安堵

画像



 適当に登り、地元氏と会話、下山の氏と別れ

画像



 古い炭焼き窯跡で休憩

画像




 鹿の踏み跡と涸れ沢源頭の笹尾根に向かう藪道は、腰程度の薄い笹薮もあるが、雪で踏み倒されたような歩きやすい個所もあり、急坂で効率よく高度を上げ

画像




広々とした明るい笹尾根に到着。

画像



 ここから小中川源流方面にアカヤシオが咲いているものの強風にやられたようで冴えない。

画像



 風も落ち着き、爽快な気分で登れる。

画像



 これまでと別天地の笹尾根をゆるやかに登り、石標「中見」「中間点」「笠松」と確認、「笠松」で休憩。

画像



 アカヤシオがイマイチでも、周囲の雰囲気がよろしく、すぐ隣の弓の手ルートの様子が俯瞰できるのも面白い。

画像


画像



 この先はアカヤシオの蕾も多く、見事な枝ぶりのシロヤシオ大木も多く、歩きやすい笹尾根で、南西尾根同様、人気の袈裟丸シーズンにしては贅沢な静けさの尾根歩きで気持ちがいい。

 コメツガ交じりの「小袈裟」付近は展望も山名板もなく通過、前袈裟手前の鞍部で休憩。

 ここから前袈裟への笹登りが今回一番の深い笹薮漕ぎだが、郡界尾根でも一部似たような場所もあり、ササダニさえ注意すれば難なく登れ、



小丸山からのノーマルルートと合流(合流点にはトラロープで当方側は立ち入り禁止らしい)。

画像


画像



 大賑わいの前袈裟丸山では休憩せず、足色快調なので小丸山避難小屋まで下降。


 こちらのノーマルルートのほうが歩きにくく、残雪もあり(北面なので)、急坂の下降で、くたびれる。


 避難小屋にて昼食休憩

画像



 「植生保護のためトラバース道・踏み跡を含め進入禁止」の看板を、自己流に解釈して通過

 笹薮漕ぎ、小丸山からのノーマルルートと合流、アカヤシオの綺麗な寄り道に限ってトラロープの進入禁止


 アカヤシオの蕾・咲いているものも、ほぼ、昨日〜今朝がたの強風雨でやられた様子

画像



 二週後の分は、まだ、回復しそうだが、アカヤシオの見頃は天気に左右されやすいので、仕方がない。


 展望は終日よろしく、ツツジ平から折場口への下降も爽快で、気分がよろしい

画像


画像



 水場・トイレも完備された折場口の駐車場から林道歩きで石楠花橋へ戻る。

画像



 再び、通過する車も少なく、静かな林道歩き、ミツバツツジの赤紫が目に染みる。

画像


 無事、駐車場着。

 林道を黒保根側へ戻る。


 国道に出て、明日のハイクに備え、近所のコンビニ・八百屋で食糧調達。


 水沼温泉センターにて入浴休憩夕食

 この温泉センターも開設後数年は盛況だったが、わたらせ渓谷鉄道の乗車率低下と近在の温泉センターに客足を奪われ、ずいぶん静かになったものだ。

 …と、思っていたら、地元の方々の寄り合い、打ち上げ反省会に使われるようで、夕食後、急に賑やかになった(笑)。



 明日は体調次第で、備前楯山?細尾峠?前日光高原か?、候補地を決め、日光市(足尾町)へ向かう。

 適当な山奥で麓テント泊(熊は出ないが鹿は出そうだ)、熟睡。


 続きは?


 
人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。







GOLDWIN WEB STORE

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

【CW−X】カラダを動かすすべての方へ、楽しく続ける人のコンディショニングウェア




 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
5/10直前の強風雨(雪?)でやられたアカヤシオの前袈裟丸山へ・・・ テントミータカ、山と猫の記憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる