テントミータカ、山と猫の記憶

アクセスカウンタ

zoom RSS 8/2白馬大雪渓経由で入山(その二)

<<   作成日時 : 2014/08/07 19:51   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 2

 予想通り、大雪渓は涼しくで、先刻までの暑い林道歩きの疲れも吹き飛びます。

 足腰も好調・・・幸せだね〜〜〜・・・

画像




 速報記事は → コチラ

 歩き始め、猿倉の蝶々の記事は → コチラ

 暑い林道歩きが続きます

 鑓温泉分岐から、この暑さで雪渓から上山、涼むことに決めました。テント場も不自由しない山域なので、山頂一泊温泉一泊の予定としました。

 林道途中、クガイソウにこの蝶々(くにさん、ついでにこれも教えてもらえると嬉しいな?)

          メスグロヒョウモンの雌らしいです、くにさん、再度のご教示、有難うございます!

画像



 エゾアジサイ・タマガワホトトギス・オオレンジンソウ・ミソガワソウ・オタカラコウ・マルバタケブキ・キンポウゲなど、尻小屋まででも結構な種類量の花を楽しめます。

 すでに大賑わいの白馬尻小屋までのコースタイムで体調はまずまず、雪渓へ向かいます。


 いつも病みあがりの夏山は大雪渓歩きかもね・・・(二十数年前・・・遠い目)

 近年は大雪渓の歩きの皆さんの装備も充実してアイゼン・ダブルストックはもとより、ヘルメットもかぶり落石に万全の態勢で歩く方々の姿が増えました。


 ・・・で、ここの雪渓歩きについては緊張感のかけらも持ち合わせていない我々は、ノーアイゼン&一本ストックでシャカシャカと登って行きました・・トサ。(上部からの落石には注意していましたが)

画像




 葱平からの夏道はクルマユリが咲き始め、アサツキの蕾・花、タカネナデシコ・ハクサンフウロの盛り、イワオウギ類、ミヤマタンポポ、アカバナなどなど、たくさんの花を楽しみ、快調に登ります。
 ミヤマオダマキもそこここに見られて幸せです。

画像


画像




 小雪渓も難なく通過

画像



 緊急避難小屋前で休憩、ここからは、このルートの花畑を楽しみながらゆっくり進んでも、テント場の場所取りに困らない時間です。


 恒例ながら、ここから村営宿舎・テント場への登りが、前半の疲れが出て、花にも気を取られ、ゆっくり行程になってしまうのですが(笑)。

 数週間前までは、この夏、白馬岳にテント装備で来られるまでに復活とは予想できなかったのですが・・・共同装備・重荷を持ってくれる頼もしい相方のおかげ(ヨイショ)です。


 お花畑付近(私的に「梅干し岩」と呼んでいます)に来て、ここで永眠されたあの方の笑顔を、悲しくも懐かしく思い浮かべました。

画像



 シナノキンバイわんさか

画像





 無事にテント場着、改定料金で(500円から1000円ですと!)予想外の出費ですが、まだ、人並みの場所があいていたので、無事テント設営。

画像




 ケロヨン岩が見守る一大テント場なのです。

画像

 休憩・食事後、午後は、山頂付近へと散策へ・・

 白馬山荘の裏手から松沢貞逸翁碑までの遊歩道は多品種の高山植物がみられ、静かな歩道で、ゆっくり楽しめました。

 ミネウスユキソウ

画像




 ミヤマアケボノソウ

画像



 ミヤマムラサキ

画像




 イワギキョウ

画像




 テガタチドリ(今回一番の見事な群生でした)

画像




 タカネシオガマ、イワツメクサ

画像



 他、花がいろいろ。イブキジャコウソウ、ヨツバシオガママ、ウサギギク、アオノツガザクラ、チシマギキョウ、ウルップソウ、コマクサ、ハクサンイチゲ、イワオウギ、シロウマオウギ、タイツリオウギ、ダイモンジソウ、ハクサンコザクラ、イワツメクサ、タカネツメクサ、ベニバナイチゴ、タカネコウリンカ、ミヤマクワガタ、シコタンソウ、イワベンケイ、クロユリ他。



 山頂は明日にして、道々の花を愛で、テント場に戻ります。

 ※白馬山荘の展望レストランで軽食休憩したかったのですが、夕餉の酒場風の大賑わい過ぎて、気分が盛り下がったので取りやめ。

画像


画像





 続きは・・・・? → コチラ







人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。






ブックオフオンライン

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

GOLDWIN WEB STORE







 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
面白い
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
同じところに2泊とは贅沢でうらやましいですが、
お膝の具合が回復しますように。。

ミヤマアケボノソウ、ミヤマムラサキいいですね〜。
特にミヤマアケボノソウは好きな花です。

チョウですが、おそらくメスグロヒョウモンの雌かと思われます。
雄は普通のヒョウモン柄なのですが、雌はだいぶ違いますよね。
くに
2014/08/11 21:46
くに様、ご多忙のところ何度もお手間をおかけしました。有難うございます。
 メスグロヒョウモンの雌ですか!イチモンジチョウの仲間かとおもっておりました。勉強になります。私もミヤマアケボノソウは大好きで、白馬山頂界隈でこんなにたくさんあるとはつゆ知らず、山麓の水っぽいところにあるものばかりと思っていました。さすが、花図鑑の白馬ですね。フツウノアケボノソウもそろそろ開花する季節ですね、夏が足早に過ぎ去ってしまいそうです。
テントミータカ
2014/08/12 21:52
8/2白馬大雪渓経由で入山(その二) テントミータカ、山と猫の記憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる