テントミータカ、山と猫の記憶

アクセスカウンタ

zoom RSS 2/21穏やかで春山モード?安達太良山入山

<<   作成日時 : 2015/02/25 22:53   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

  速報記事速報記事 の 詳細です。



 牛の背付近から船形明神と磐梯山

画像






 前夜発、国道四号線北上で、深夜、「道の駅 安達」着、仮眠。

 早朝起床、二本松の「すき家」にて、朝定食。

 安達太良高原スキー場入り(全日駐車場無料)。日焼け止め必須の快晴





 登山者カード記入提出

画像




 リフト二本乗り継ぎで登山口入り、すでに先行者のトレース有り。


 トレースを外さなければ、足元はしっかりしているが、ワカン・スノーシュー、山スキー装着のほうが無難な雪質

画像






 展望良し、安達太良連山がそろい踏み




 一時間後「薬師岳」山頂

画像





 休憩後、先と・・・・





 「仙女平」分岐

画像






 続々入山者増える、どんどん追い越される(笑)

画像






 「乳首山」山頂が見えてきた

画像






 安達太良山山頂部、大賑わい

画像






 磐梯山

画像






 飯豊連峰(大日岳と本山)

画像





 山肌を山スキーヤーの華麗なシュプールが描かれていく。


 大休憩





 和尚山や  那須の展望の良さそうな川桁山も登ってみたくなる


 和尚山

画像







  前回の宿泊地二か所 を考えていたが、あまりの穏やかな天気で、周囲の景色を楽しみながら、臨機応変にテント泊と決め、稜線を進む。




 稜線の大岩が、三角ピラミッド群のような積雪、夏山では想像もできない別世界

画像




画像





 船形明神や沼の平の景観、磐梯山のピラミッドな山頂部が見事

画像






 先々週の蔵王樹氷群・稜線を見てしまっては、安達太良は見劣りするかと予想したが、まったくの杞憂で、周囲の展望もよろしく、あだたら独特の景観で、楽しめる。



 飯豊に西吾妻が望める、矢筈森付近が穏やかな風で、積雪もたっぷりな吹き溜まりがあるので、ここで、掘り込み式雪壁テントとする。





 雪上別荘、作成中(遠景、西大巓・西吾妻)

画像




 あれほど賑わった稜線・山頂も、午後三時を過ぎると、さすがに無人となる。


 夕方、山慣れた風の三脚カメラマン氏が熱心に景色を撮影していました。

 最低冷え込みマイナス7.9度


 ※良い子の皆さんは、マネしないでください。


 続きは また後で → コチラ





【行程】

 2015(H27).2.21-22 晴れ

 安達太良高原スキー場駐車場(リフト二本)〜登山道〜薬師岳〜仙女平〜乳首山(安達太良山山頂)〜矢筈森(テント泊)〜乳首山・薬師岳(冬期休業・安達太良エキスプレスライン)下降〜スキー場






人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

にほんブログ村 ←よろしければ、こちらも。



キャンペーンページ


MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

GOLDWIN WEB STORE





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あの強風で有名な安達太良の主稜線でテントを張って快適だったとは驚きました。
厳冬期でここまで穏やかな陽気だったのは、過去に記憶にないですよね。
でも午後3時からの静かな稜線は最高だったでしょうね。
SONE
URL
2015/03/01 23:05
SONE様、ありえないことをやらかしてしまいました(笑)。
 以前、那須の峰の茶屋(廃小屋の頃)や前白根山頂でやって強風でえらい目に遭った経験もありまして、安達太良では絶対ありえないだろうと・・・・一生の記念ですね(笑)。リフト二本も使って体力温存、行程が短いですから、鉄山&箕輪山へ行けなくても充実した二日間です。
 安達太良でこの快晴の二日間は、まず、記憶にもありません。蔵王といい安達太良といい、今シーズンは天気に恵まれましたね。
テントミータカ@ヘナチョコ雪中テント泊
2015/03/02 23:00
2/21穏やかで春山モード?安達太良山入山 テントミータカ、山と猫の記憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる