テントミータカ、山と猫の記憶

アクセスカウンタ

zoom RSS 4/1阿寺山

<<   作成日時 : 2018/04/03 20:34   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2018(H30).4.1

 阿寺山山頂から望む、ネコブ山・下津川の稜線
画像



【行程】広堀橋(除雪終了点)〜阿寺山(冬ルート尾根道)往復

 前日の山行疲れで、やめようか?とも思えど、晴れの空模様に、「行けるところまで・・・」

 六年ぶりの阿寺山へ向かいます。

 六年前の一泊山行の記憶は→ コチラ

 広堀橋駐車地点にて先着一台、登山準備中のペアと挨拶。

 AM6:40雪の様子からワカンは外しアイゼンを背負って、一足先に入山します。

 林道歩きから、AM7:45予想よりも雪解けが早く、尾根取りつき点の雪を拾って登り始めます。
画像


 トレースの後もはっきりしていて、迷うことなく雪がつながるようになると、快調に登れる。

 初マンサク
画像



 八海山の八峰も間近に見上げられる
画像


 六年前の記憶が蘇り、高倉山の標高を越えてからが、意外と長い登路に、あえぐ。

 今日は高気温で汗も滴り落ちる。

 途中の展望地(ヒデさんと出会った地点)にて引き返そうか?弱気の虫が出てくるも、次の機会?自信もないので、行動食補給、雪を舐めながら歩き続ける。

 大好きなネコブ山が励ましてくれます。
画像


 急坂の雪壁も古いトレースの上手な迂回経路に倣って、乗り越え、山頂部周辺の雪原に出ると、快晴の空。

 無風で絶好の日和に、心の人に見守られていることを実感、山頂へもうひと頑張り。

 AM10:30−11:00好展望の山頂で、心の人と語り合いながら三十分ほどの休憩。

 続く稜線は、八海山
画像


 目前の越後三山、本谷山・下津川・巻機、金城山・坂戸山・・・馴染みの山々に囲まれて幸せなひと時。

 桑の木山からネコブ、下津川の登路も良く見える
画像


 ネコブのコブは今日も黒い
画像


 昨日は真っ白な越後駒・中の岳も、今日は南面からの眺めで雪解けの岩肌で黒っぽく見える。
画像


 中の岳から丹後山の稜線
画像


 今日も米山・刈羽黒姫山が見える。

 いつまでも滞在したい心の人と貸し切り、無風快晴の山頂だが、帰路の軟雪歩きの埋まり具合が気がかりでもあり、下山とする。
画像



 山頂から二段目の広場で、先ほどのペアと交差挨拶。

 山スキーの単独氏とも交差

 昨日の賑やかな日向倉山と違い、静かな阿寺山となった。

 
 予想よりも快適な下山の雪状況、数回踏み抜くも、林道終点に山頂から一時間の急下降で着く。

 予想よりも快調に展望も良く、楽しく歩け、満足のうちに、PM0:30駐車地点(広堀橋)着。

 荷物をまとめ、今日も下山後の温泉入浴、さくり温泉健康館。

 入浴休憩後、一般道の帰路、三国峠・赤城南面道路経由、夜、無事帰宅。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
いつか、EVA父さんの阿寺山からのオカメノゾキに魅せられ、恋い焦がれ
三国川ダムから阿寺山で、ネコブに呼ばれ、、
私の中では、と〜ってもターニングポイント的な1座であります。

GWはヤマノカミとともに北関東有数の混雑スポット(藤の花の、、)予定。
 
ハタノ
URL
2018/04/03 22:25
日向倉には毎年のように行くようになりましたが、今年はパスになりそうです。前回この時期に阿寺山に行った時は、山頂付近は2m先も見えないホワイトアウトでした。GPSを持っていたので何とか無事帰りましたが、眺めて見たかった ネコブ方面は全く眺められませんでした。
インレッド
2018/04/04 20:56
すっかり自己満足な地味ブログへ変貌しましたが、ようこそ、コメントいただき有難うございます。

ハタノ様
 未踏の三国ダムからのルートは、道迷いの可能性もあり、勝手知ったる馴染みのルートで阿寺山を登りました(当初は山の雰囲気を味わうだけで、登頂は期待半分以下)。ハタノさんの阿寺山やネコブの記録を思いながらも歩きましたよ。できれば、私も、次回は、日帰りでネコブを歩きたいですね。心の人との想い出の山巡り、体力のあるうちにアチコチ歩き回りたいです。藤の花スポット、大混雑でも、一見の価値のある見事な景色を堪能できますよ。

インレッド様
 インレッド様の阿寺山山頂はホワイトアウト状態でしたか!GPSのない私では山頂肩の雪原で撤退でしたね。今回は当日の予報が良いほうにはずれ、山頂部では快晴で、見事な展望で、改めて景色の良さに、感慨深い時間を過ごせました。インレッド様の脚力なら、まだまだ、阿寺山は充分に歩けます、次の機会に是非とも再訪されてみてはいかがでしょう。
mikagemori
2018/04/04 22:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
4/1阿寺山 テントミータカ、山と猫の記憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる