テントミータカ、山と猫の記憶

アクセスカウンタ

zoom RSS 4/28-29大崎里宮から八海山(不動岳まで)

<<   作成日時 : 2018/04/30 21:44   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 体力にやや不安ありながらも・・・・、4年ぶりの残雪と新緑の八海山詣で

 4/29朝の不動岳から望む、阿寺山・ネコブ・下津川、巻機山
画像


 雪山装備はピッケル&アイゼン、真夏並みの陽気なので服装は夏モード



 4/28は地元遭対恊の皆さんの入山・小屋明け・登山道管理日でもありました。

 未明の北関東から魚沼平野入り、小雨模様。

 道の駅にて朝食・準備中に雨が止んでくる様子。

 大崎八海山神社駐車場に着くころには、雨上がり、支障なく歩きはじめます。

 杉林を抜けると、花いっぱい、ユキツバキ・イカリソウ・キスミレ・カタクリ・タムシバ・イワウチワ・イワナシ
画像


画像




 霊泉小屋から先のブナ林、雪が少なかったのですが、ロープウェイ駅付近からは雪道
画像


画像



画像


 ロープウェイ駅付近
画像


画像



画像


画像


 昼過ぎ、女人堂着。
画像


 深夜の運転疲れと寝不足もあり、午後からここでゆっくり休養・宿泊

 計二組宿泊、静かで月夜の明るい一晩でした。

・・・・・・・・・・・・・・・

 未明起床、薬師岳へ秡川の急斜面でアイゼンを使用

 前日の入山者様のトレースがしっかり残っているので、気楽にトレースを追います。

 途中から夏道の鎖場、四年ぶりの薬師岳

 ここでも、展望は良く、 阿寺山、ネコブ・下津川が見えるのです。

 4/28に女人堂でお会いした地元遭対恊の方から登山道の様子を伺い、先へ進むことにします。

 ここから千本檜避難小屋経由(二組宿泊)、不動岳・地蔵岳へ向かいます。
画像


 久しぶりの千本檜小屋から先、八ツ峰の道へ進みます。

 残雪と鎖、前回の経験がなければ、行く気にならない危険な道のりでしたが、何とか、無事に、不動岳着。
画像


 思うままの大展望を目前にすることができました。
画像


画像


 ネコブ・下津川・小沢岳アップ
画像


 ふもとの新緑から稜線の雪・・・・綺麗な彩です。
画像


 上州武尊、至仏山・笠ヶ岳、妙高火打・焼も見えます。

 地蔵岳へもお参り
画像


 今年は中の岳へ行けるだろうか???
画像


 存分に展望を楽しみ、慎重に岩場・雪渓を戻ります。千本檜小屋前で一息。

 女人堂まで軽快な下降

 女人堂へ戻り、荷物の整理、再び、大ザック姿に戻り、下山します。

 下山途中で昨日お会いした地元遭対恊の方と再会、ご挨拶。

 今日は朝からの快晴で、入山者の多い様子。

 雪山は強烈な日差しで暑いくらいの陽気ですが、ブナ林に入ると涼しい風が渡りクールダウン。

 帰路の雪・花・緑を堪能し、静かな道のり、ゆっくりと下降。
画像


画像


画像


画像




 霊泉清水にて昼食大休止、カタクリ撮影。
画像


画像


画像


 スミレも群生
画像


 午後早目の時間に駐車場着。

 荷物の整理、いつもの「さくり温泉楽養館」にて入浴休憩。

 翌日のアカヤシオ花見ハイクに備え、群馬へ移動、登山口駐車場にて仮眠。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
4/28-29大崎里宮から八海山(不動岳まで) テントミータカ、山と猫の記憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる