テントミータカ、山と猫の記憶

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/13再訪、袈裟丸山(南西尾根から群界尾根周回)

<<   作成日時 : 2018/05/13 19:27   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

  四年前5/17以来のルートを、道中、心の人ともに懐かしく再訪しました。

2018.5.13(曇天、小雨)

【行程】

群界尾根登山口下林道入口駐車〜南西尾根〜前袈裟丸〜八反張〜後袈裟丸〜群界尾根〜駐車地

午後から雨予報なので、自宅未明発。数時間の運転で、早朝登山口着。

ミソサザイの囀りと沢の音が気持ち良く、出発しました。

藪ルートとはいえ、数回歩いて通いなれた尾根でもあり、渡渉後の急坂もシロヤシオ・ミツバツツジを愛でるうちにガレバ脇の主脈尾根着

今日は曇天で気温も低めなので、ササダニの心配はない

シャクナゲを愛で標高を上げると残り花のアカヤシオ群生

アカヤシオの尾根廊下もなんとか間に合った。
画像


画像


登り途中で雨がぱらつくも、すぐに止み、あっという間に、無人の前袈裟丸山山頂着(入山口から二時間で到着)

山頂部の硬い蕾のシャクナゲを横目に、小休止。

展望は、目前の後袈裟丸山、赤城山、日光連山(白い日光白根山)、上州武尊、笠から至仏山
画像


画像




一息ついて、八反張への急降下。

群界尾根往復の単独氏(今日初めて登山者に会う)にユキワリソウ開花を知らせ、花の鑑賞撮影。
画像


後袈裟丸へ笹をつかんでの登り返し

後袈裟丸山山頂で早目の食事休憩

単独氏からGWの中倉山&アカヤシオ、孤空のブナの写真、登山道状況を拝見・教えてもらう。

先行下山の氏のあと、さらにペア登場。

彼らに山頂休憩を譲り、群界尾根を下る。

こちらもアカヤシオの綺麗な花が残っていた。
画像


画像


数回、雨に降られるも止み間も多く、手持ちの傘をさしたり閉じたり・・・

登りの登山者(10人ほどのグループ&単独氏)と交差

シャクナゲ群生が見事で、この花も、今年は開花が早い
画像


画像


早々に山頂であったペアに下山を追い越される

標高を下げると、ミツバツツジが見ごろな尾根と変わり、爽やかな高原の景色に足が止まる
画像


画像


シロヤシオツツジは開花はじめ
画像


群界尾根登山口付近はヤマツツジがポツポツ開花
画像


午前中に戻った駐車地にて荷物の整理、雨が降り出してきた。

大間々のスーパーに寄り道、午後、早めの時間に無事帰宅。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
5/13再訪、袈裟丸山(南西尾根から群界尾根周回) テントミータカ、山と猫の記憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる