テントミータカ、山と猫の記憶

アクセスカウンタ

zoom RSS 6/23-24飯豊へ・・・

<<   作成日時 : 2018/06/25 21:47   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

 昨年来の再訪です。(今回は本山登頂できました…が、山頂からの展望は、稜線に雲多く・・・)

6/24三国小屋前からナナカマド越しに大日岳
画像


6/24朝の御秘所から本山
画像


2018(H30).6.23(曇り)-24(晴れ)

 前夜自宅発、登山口近くの某所にて車中泊、早朝、登山口駐車場着。

【行程】

 喜多方市山都町・川入御沢キャンプ場〜横峰〜地蔵清水〜剣が峰〜三国岳〜種蒔〜切合避難小屋(泊)〜草履塚〜姥権現〜飯豊本山

 早朝の駐車場、既に5.6台。

 支度し、登山届け提出、雪の斜面通過に備えピッケルを持参、心の人と共に、通いなれた道のりを進む

 ※山中、登山道・植生保護の為、ストックにゴムキャップ装着の看板あちこちに貼られ、気が引ける。

 横峰までの急坂は意識してゆっくり進む

 ギンリョウソウ、アカモノ、ミツバオウレン

 峰秀水(地蔵山水場)でのどを潤し、剣が峰へ・・・

 ガクウラジロヨウラク
画像


 サラサドウダンツツジ
画像


 剣が峰のヒメサユリ満開、主脈稜線は咲き始め、蕾が動物にやられ、無い物も半分。
画像


 三国岳山頂(小屋前にて)休憩、高曇りの空なれど、大日岳・本山の姿を眺め、気分が高揚する

 三国岳先の直下、シラネアオイ畑が満開

 稜線歩き、ハクサンチドリ・ドウダンツツジが満開、残雪縁にカタクリ

 赤みの強いアカモノ
画像


 下山の登山者と情報交換、昨日のダイクラ尾根登山滑落ケガ人のヘリ救助や切合・本山小屋の水場(出ていないので切合の水場から持ち上げる)などなど、稜線歩きになると歩行速度が格段に落ちる

 種蒔山の道標から先、いつもながらの広大な雪原越しに切合・草履塚・本山の眺めが懐かしい

 雪解けが進んで、ショウジョウバカマ・コシジオウレンも残るが、アオノツガザクラも咲いている。

 コシジオウレン
画像


 夏道歩きが多いが、いつもの二か所の雪壁は変わらず、ピッケルを利かせてトラバース通過

 笹刈りの新道から大日杉分岐の道を合わせ、切合水場の黒いホース着。

 ここで2リットルほど給水・・・

 …昼時だし、ここから、本山小屋まで行けそうだ・・・。

 給水追加で、さらに重たくなった大ザックで草履塚山頂まで登るも・・・、

 …どのみち往復の行程でもあるし、帰路の体力温存を計り、山頂で休憩花撮影(ウスユキソウ)後、切合小屋へ戻る。

 切合小屋周囲の花は、キンポウゲ、ハクサンチドリ、オノエラン、ヨツバシオガマ、ヒメサユリ咲き始め

 オノエラン
画像


 ミヤマハンショウヅル
画像



 今日は天気も良いので、本山小屋をめざす人も多い様子。

 切合小屋でいつもの場所に荷を広げ、ゆっくり寛ぐ。

 小屋泊者は10名ほど、テント場4張り

 夕方、早めの夕食、早々に横になり体を休める。明日は、未明発、本山往復後、下山の予定。


******************

6/24 AM3:10起床、ささっと朝食を済ませ、3:40小屋発、山頂をめざす。

 さすがに軽装だと歩くのが楽だ。ただ、冷たい強風なので、上下雨具を着込んで耐風装備

 心の人ともに、二年ぶりの山頂への道のり、わくわくしてくる。

 姥御前で日の出、姥様に挨拶、御秘所へ進む。
画像


画像


 御秘所越しに本山
画像



 御前坂から振り返る御秘所と草履塚
画像



 御前坂の花畑はオヤマエンドウ・ウスユキソウなど、帰路に撮影することにして、まずは山頂をめざす。

 すっかり明るくなった一王子のテント場は強風の中、4張り。

 本山小屋前にて一息、鐘を鳴らし、山頂へ向かう
画像


 ダイグラ尾根方面
画像



 山頂稜線はチングルマ・ハクサンイチゲ・ミヤマキンバイ・イワカガミなど

 特別、イイデと名付けたい大ぶりなチングルマ
画像


画像



 二年ぶりの飯豊本山山頂の展望は、いつもは丸見えの稜線が新潟側の雲にやられ、滝雲のような一味違う、神秘的な景色
画像


 御西・大日岳方面
画像


 梅花皮・北又岳方面
画像



 強風の山頂部、イワウメなどを撮影し休憩
画像



 そのうちに、雲が途切れ、主要ピークが見え撮影、時間切れ
画像


 再訪を誓い、往路を戻る。

 本山小屋前にて軽食休憩、会津側は良く晴れ渡っている

 御前坂の花畑に足が止まる
画像


画像


画像



 姥権現前にて、上下雨具を脱ぎ、夏姿に戻る
画像


 付近で白花のオヤマエンドウの花を見つける

 ミヤマキンポウゲの道
画像


 草履塚の登りから振り返る飯豊本山
画像


 草履塚にてウスユキソウ

 心の人が好きな花姿
画像


画像




 草履塚の下り雪渓より、切合小屋・種蒔山
画像




 切合小屋までの下山路は風景・花撮影に時間を取られ、予定時間よりも遅めの到着。

 早くも日帰り登山者と交差

 小屋に戻り、荷物をまとめ、小屋前ベンチで帰路に備え、目前の草履塚・本山を眺めながら、行動食。
画像



画像


 AM8:40小屋発、快晴の空、大日岳も姿を現す。

 種蒔山から、振り返る、切合・草履塚・飯豊本山
画像



 日差しがまぶしく、風がないと暑い稜線歩き、ヒメサユリが青空に映える
画像



 三国岳
画像


 三国岳山頂直下のシラネアオイ
画像



 三国小屋の日陰で休憩、最後の主脈展望を楽しむ

 三国小屋前からナナカマド越しに大日岳
画像



 剣が峰の岩場を慎重に通過、ヒメサユリに別れを告げる
画像


 樹林帯へ戻り、峰秀水(地蔵山水場)で生き返り、あとは、勝手知ったる道のりの下山

 道中、雪解け間もない場所にタムシバ
画像


 横峰で正午、足が疲れてきたので、各休憩ポイントで休憩、10数台の駐車場にPM1:30着

 今回も無事に、心の人と山の思い出に充分浸れた。イイデアイだ。

 荷物をまとめ、空いている「いいでの湯」にて、ゆっくり入浴

 PM4:15会津坂下の390円ラーメンチェーン店(ここのラーメンは水が良いせいか?他よりも美味しい)にて、早めの夕食。

 会津西街道にてPM8:20無事、自宅着。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
23日の土曜日に大朝日岳を反対側から眺めていた事になるのかな?
山頂近くになったら大朝日から頭を覗かせている飯豊連峰(たぶん)が見えました。
そちらにみーさんがいらしたのですね!?
私の中では飯豊=みーさん、みーさん=飯豊というくらい印象の強い山です。
今回もたくさんの素敵なお写真を楽しませて頂きました。
二日間存分に心の方と共にお花&展望を楽しまれたようですね〜
イイデアイ。。。いい出会いor飯豊愛♡ ?
mikko
2018/06/29 08:40
mikko様、お返事が遅れて失礼しました。ご訪問戴き有難うございます。
 そちらは月山でしたか!月山の残雪と花も、涼し気で良さそうですね。6月の飯豊も花が多くて私の好きな季節なのですが、今年の暑さで、花も早く進んでいましたね。今年も無事に歩けたので一安心です。イイデアイはご推察の通りです。
mikagemori
2018/07/01 19:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
6/23-24飯豊へ・・・ テントミータカ、山と猫の記憶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる