烏帽子岳-船窪岳山行記20050807

画像
H17.8.7、夜半の雷と少しの雨に怯えるも、快晴の朝、自慢の槍ヶ岳展望もあり、縦走組の出発は早い。S組に差し入れ、「いけっちゃ」変形、出掛けのコーヒーで見送り、こちらものんびりとテント撤収。

AM7:10発、展望も良く、船窪岳に取り付くテント組に大声でエール送る。AM7:45七倉岳山頂も今日は見事な展望で、目前の針の木岳がカッコイイ。昨日の北葛岳への遠い難儀な道のりはっきり判り、昨日、これが見えていたら散歩へ行かなかったような気がする。記念撮影後、下山。

天狗の庭まで一気の下り。高瀬ダムの展望良く、ナタデココゼリーで休憩。体調良く、樹林帯も快調に下る。オオヤマレンゲの花無く、ツキヨダケはまだ早く、麓の送電線巡視路にて休憩、ジグザグブナ林の下り道。河原の林道からダム道路。ゲートを開けてもらい登山口着。登りも下りも同じ四時間かかった相方の心中は?。

PM0:00シャッターの下りた登山相談所、トイレ前の水場で洗顔一息。車に荷物乗せ、登山口の七倉山荘のお風呂入浴。温泉で五日間の汗と垢落とす。

一年ぶりの大町駅前、こばやしで信州蕎麦の舌鼓。青木峠通行止めで麻績迂回路、所詮田舎へ帰る道、渋滞かわし、夕方、幸楽苑のつけ麺食事、無事帰宅。

この記事へのコメント

2005年08月14日 12:27
こんにちは!今ごろは北アのどこかで歩いておられるのでしょうか?
「烏帽子岳-船窪岳テント三泊四日山行記」一気に拝見しました。
さすがテントミータカさん、コアな山域であるにもかかわらず何度も歩かれているとのことで驚きました。
私は一度だけ裏銀座を縦走(高瀬ダム~烏帽子~野口五郎~水晶~鷲羽~槍~新穂高温泉)したことがありますが、秋に歩いたのでこんな美しいお花には出会えませんした。白いコマクサにはビックリ!!存在すら知らなかったので・・・キレイですね。
烏帽子から船窪方面は、道が荒れていそう&ハシゴ・鎖場が多そうというイメージから、まだ経験の浅い私には早いと思い、足を踏み入れていません。きっと、足を踏み入れることがあったとしてもまだまだ先だろうなと思います。
テントミータカさんのブログでゆっくり楽しませていただきます♪
2005年08月15日 17:50
しげぞうさん、まいどです。お二方の様にお若い富山の夫婦ペアがテントで歩かれてましたよ。いまは、登山道よく整備されているので、自殺志願でもない限り、無事に歩けます。違う角度からの山々の眺め、良いし、何しろ花が多い。北アルプスでも、こんなところもあるんだぁって実感して欲しいな。森林巡り好きなら、飽きないですし。

この記事へのトラックバック