20051111-13奥三面口から道陸神峰・沼倉山

画像
アルバムもみてね。

H17.11.11-13…遠い村上市経由、再訪の朝日連峰登山口、三面コース、道陸神峰避難小屋二泊、沼倉山まで、のんびり山遊び。堪能したブナの原生林、冠雪と紅葉とキノコ。他の登山者に会わず、白兎に遭遇、エメラルドの伝説山行記。

H17.11.11、道の駅にて行き倒れ・仮眠。小国町から蕨峠が工事通行止めの公式情報入手済み。延々、幹線道路にて、関川村・朴坂山の脇通過、村上市経由、例年より黒っぽく紅葉が冴えない奥三面ダム入り。それでもモミジ多い紅葉最盛期、無人の三面登山口駐車場着。片道370キロ。

さんさん日が射し、標高235m広い駐車場の登山口最短位置に駐車。朝食食べ直し、準備。キノコの他に、大きな期待に胸膨らませ、歩き出す。

AM9:00発、正式登山道でなく、いきなり廃車ある藪へつっこみ、下の林道歩きに行く最短お気軽ルート取りも再訪の地なればこそ、慣れたもの。ムラサキシキブの実が光り、ススキの穂が揺れ、モミジの紅葉が鮮やかな谷巡り。相変わらず蕨の群生に「時期が時期なら・・・」ため息付きつつ、見渡す三面川が美しい。陽だまりの登山道に小さな蛇にょろり。

草地から林へ入ると、晩秋の落ち葉で見晴らしが良くなった林の中、残り葉モミジの彩り艶やかで、下草も黄色くカラフルな広葉樹林帯。ミズナラの大木も多く、羊歯・笹の茂る泥濘に丸太の敷物。積雪期の雪の原を物語る、カンアオイの株があちこちに群生。肉厚の独特の葉の斑模様が趣きあり、印象深い。

樹幹から覗く三面源流の清冽な水流、透き通った水面はエメラルドグリーンに光る。脳裏をテンプターズ「エメラルドの伝説」曲が流れ、あまりに綺麗な水面に見とれ、足が止まる。

再訪の道のり、さすがに記憶も残り、快調な歩行で、唯一残る貴重な一本吊橋・平四郎沢橋着。通い慣れれば、どうって事もないのだろう。が、年々、当方のバランス感覚が衰えてくるのか、恐怖心が大きくなってきている。今回も橋の途中まで平然と渡るも、後半は緊張が増し、最後は恐る恐る、無事通過。

いよいよブナ原生林の雰囲気濃く、気持ちのいい山道。白く磨かれた岩と透き通る水、原生の渓谷の眺めも楽しめる。キノコの収穫少なく、深沢の鉄橋着。鉄橋から眺める深沢は、紅葉の残り葉で彩られ、十数段の小滝の連続。美しく、暫し見とれる。

渓谷眺めた後、先へ急ぐ。橋の袂、前回のテンバ跡地の影も無く草が良く茂り、面影無し。どこどこ清水の水場が懐かしい。まだまだ残る紅葉、数回の小沢の渡渉。

ブナ原生林めぐりも、やがて三面本流が近付き、予想外に楽に陽だまりの草地、90年新築の小屋も、外壁にキノコが生える三面小屋・広場着。

PM0:30標高280m、今年はテントウムシが沢山飛び交う、「てんとう虫のサンバ」状態の小屋一帯。冬囲い済みの小屋、外梯子、てんとう虫を踏まないように登り、冬季出入り口の扉開き内部確認。二階は一面のカメムシ死骸のカーペットとボールに入ったカメムシの死骸の山、一階の床には死骸はない。・・・ここに泊まるには相当の覚悟が居る。

小屋から一段下、水場脇の草地にてザック置き休憩を試みるも、てんとう虫が煩いので、三面本流吊橋の袂まで移動。
小屋の陽だまりをはずせば、不思議なほど虫はいない。

今は無き本流の一本吊橋、数年前のどきどき通過の想い出が鮮やかに蘇る。鉄橋を難なく、ぼけーっと橋の真中で、じっくりと眼下の水流を見下ろせる幸せ、有難い有難い鉄橋通過。

足場の悪い橋の先の取り付き、慎重に渡れば何のことは無いが、足を滑らせればひとたまりも無く、清らかな三面源流へ直降。今回も、一部補助鎖が取り外されているのを見るにつけ、心細くなるのが人情。

道陸神峰尾根にようやく取り付き、一安心。紅葉が、まだまだ見られる急坂・岩混じりの尾根道。高度計の記録もここまで水平グラフだったが、ぐんぐん標高が上がり、ようやく本格的登山の気分になる。

モヒカン尾根直登体感の松と紅葉で彩り鮮やかな登山道。尾根が幅広くなっても段が無いまっすぐな急坂道、ふくらはぎが痛くなる。踏み均され掘れていない落ち葉が降り積もった道は、人通りの少なさを物語る。
急登の途中、眼下に先刻の三面小屋付近一帯を見下ろす。ぐいぐい高度が上がり、どんどん展望が広がるのが新潟の山らしく面白い。

それでも、右上部に大きく聳え、雪も見える大上戸山。姿を確認すると、一昨年の相模山までの長い行程がよみがえり懐かしい。
忠実な尾根登りで慰霊碑は八月八日の落雷事故の追悼文。数えるほどの紅葉の彩りと変わる。フトデ峰・ロボット雨量計通過。疲労のたまった体に鞭入れ、ひとがんばり。予備知識の無い人が見たら驚く、道陸神峰避難小屋960m着。豊富な水場とテント場空きスペースは変わらず。

PM3:30二王子岳に似た大きなかまぼこ型、波鉄板製の壁ボルト締め。かまぼこ切り口・前後壁は使用者が備品のブルーシートで覆い、内部は土間と囲炉裏。朝日村の小屋利用手順シートが付いている。
「雨避けにはなるが風避けにならない小屋」の意味がわかる。寒さ対策持参テントを設営。こうなれば、もう極楽。

小屋から数十メートル離れた沢の源頭・水場も豊富な水量。塩ビパイプにアルマイト鍋の受け口、山里一軒家・裏の清水口の風情が漂う。日暮れは早く、蝋燭とLEDヘッデンも活躍、玉ねぎ・長ネギ・ピーマンのジンギスカンとキノコラーメン。入山日・寝不足と疲労で、早めの就寝・熟睡。

H17.11.12、

予報どおり、夜半からの雨。朝寝を楽しみ、一日停滞かと、のんびり起き出す。雨上がり、暇つぶしに沼倉山まで遊びに行く事とする。ポット二本にお湯つめ出発。
AM10:30薄明るい道陸神峰山頂990m携帯電話にて自宅へ連絡。

「仙野平」「鶴の一声」。音さの形の松が面白い。薄雪に古い人間の足跡と新鮮な兎の足跡、ふいに藪から冬毛の白がかった灰色野兎が飛び出る。


PM0:30-0:50折り返し地点・積雪五センチの沼倉山1222mにて休憩。

新慰霊碑小池慶彦の大理石プレートが設置されている。かの氏は、三面の人で、この登山道に尽くした人。有難い先人の魂に感謝。感慨深く、ゆっくりと見渡す景色。来し、三面の谷間は総て白く朝霧に沈み、浮かぶ山々。海原と島のような錯覚。雪雲の移動が激しく、雲の切れ間から黒い以東岳小屋、雪が光る以東岳―北寒江山稜線、鷲が巣山。飯豊連峰は雲の中。村上市街地と日本海が光る。
先の大上戸山が、ゴジラの背中・鎖場もある岩場を従え、大きく横たわる。相模山も善六の池付近の草付きも白くなっている。

じっとしていると寒くなる冬山の様相の山頂でしばし休憩、帰路に付く。

緊張する雪の急斜面の下り坂、笹につかまり慎重に下り、音さの松で人心地、後は小屋まで写真とりで、のんびり歩く。落葉したブナ林でも雰囲気は素晴らしく、静寂と原生林の空気を楽しみつつ下山。

PM2:30道陸神峰山頂にて相方を待ち、合流、すぐ下の避難小屋へ戻る。相変わらず人気の無い小屋。荷物を卸し、水の補給。

水場分岐から夕映えの赤い空に鷲が巣山のシルエット。夕食準備。今夜はソーセージ入りライスカレー・味噌ラーメン。

日暮れも早く、二本のカメヤマ蝋燭大活躍、二日目の夜。明日の下山に備え、全身マッサージ。今日も早めの就寝、夏用シェラフに羽毛の上下服。暖か過ぎ、上半身開いて眠る。

H17.11.13、薄日が射す今朝も爽やかな目覚め、荷物をまとめ、小屋も後片付け。もう、来年の雪解けまで、ここを訪れる人も無かろう。直前気象予報はずれ、佐渡沖に発生した低気圧の影響で天気は下り坂。予報だから誤解する、気象予想だろう。午前中に駐車場へ戻る予定で下山。


AM7:40発、標高が下がり、紅葉が戻り、カラフルな彩りに戻る。歩くのも、秋らしく華やいだ愉しさが蘇る。カラ類の小鳥が群れなし朝の食事の賑わい。下るほどに紅葉が色鮮やか、モミジが最高の色合い。落ち葉の下の滑りやすい土の斜面で三回滑る。

松の痩せ尾根、右手に見える三面源流の渓谷。どんどん高度を落とし、三面小屋一帯の広場を見下ろす。狂い咲きのつつじの花二輪。薄い朝もやがかかる黄緑の原っぱに茶色の小屋、童話の世界のような眺めに見とれてしまう。日が翳り、暗い空模様。

尾根と分かれ、足場の悪い鎖場から三面本流鉄橋。感慨深い橋の真中から見渡す渓谷は、あくまでも清冽な流れ。紅葉もより鮮やかで綺麗な景色。が、曇り空で冴えず写真にならない。

AM9:15吊り橋の袂で着替え、無人の三面小屋は足も止めず通過。

深沢手前にて、今回唯一の人間、キノコ採りらしい色違い長靴の単独氏と交差・挨拶。降り始めた小雨もやがて傘を差す本降りの雨、晩秋の落葉の多いブナ林ではさすがに雨よけにならない。それでも、渓谷沿いの山道の紅葉が素晴らしい。貸切で原生林と源流の風景を存分に楽しむ。この天気では、ネット友達も来られないだろうと諦める。

今となっては貴重な一本吊橋「平四郎沢橋」。復路とはいえ、やはり緊張で胸ドキドキさせて通過。復路の方が登り傾斜で渡りやすい。
AM11:50登山口の駐車場、本降りの雨の中、先ほどのキノコ採り氏の灰色山形ナンバー車とわが愛車のみ。

荷物をまとめ、荷物の整理・お腹が空き、残り物の行動食とコーヒーの軽い昼食。小国への道確認するも、動く「工事中通行止め」ゲートで暫し思案も、安全策で復路を戻る。観光ドライブの車数台の出入あり。岩崩の集落までダム付近の紅葉狩りの車と各所交差。
関川村・ゆーむまで一気に走りこみ、温泉と鮎の塩焼きキノコ汁で人心地。飯豊町めざみの里にて牛串にかぶりつく。新米の飯豊町直売所の飯豊米はえぬき・飯豊牛切り落とし肉、テンコモリでお土産購入。帰路の渋滞無く、無事自宅着。

この記事へのコメント

2005年11月14日 18:08
なかなか地味な山をご苦労様でした。(笑い)
私はこの山を知りませんでした。朝日に登るのも山形側からばかりでしたので。私の周辺でもこの山について聞いた事はありませんでした。
早速、カシミールで調べたり、検索をかけてにわか勉強しました。いずれ登ってみたいと思います。
一本橋の話を聞いた事はありますが、未だ経験していません。奥三面ダムも、完成後は行っていませんでした。まず、足元から勉強しないといけませんね。(^_^;)
それにしても、方々詳しいですね。恐れ入りました。
2005年11月14日 19:58
山いろいろ様、長文お付き合いくださり有難うございます。
篤志家むけコースですね。好きなんですよ、ここ。私の山遊びにぴったり。
数年前、ここの登山口まで入れず、ダム施設から道路三時間歩いてて、カメムシの生態研究しつつ、ここに来ましたから。思えば、このときが三面本流一本吊橋最後の年でした。・・・これからも何度も再訪する地です。
2005年11月14日 22:19
ここはやっぱり晩秋がおすすめですか?「越後の山旅・藤島玄著」で、>春はワラビが馬の食うほどでそろっている。とあります。
おれもきのう運転中に冬毛になりかけのうさぎが道路を横切るのを見ました。
夜中のドライブ、三面口駐車場までとろとろ、こわごわ走り7号線、古渡路より1時間かかりました。
リッター17キロは優秀ですね。新車時、その辺までいったことありますが、今は12~3キロです。
2005年11月14日 22:45
えび太さんちの今年の夏の記録にもありましたが、原始性溢れる地域と思います・・・ってか、虫が多いです。川内山塊並みと推測してます、私。
えび太
2005年11月15日 09:48
テントミータカさん、お邪魔します。

奥三面口から道陸神峰・沼倉山、拝見しました。
良く詳しく書かれえた文章で、あの時の山行が蘇って来ましたよ。
私達が登った時は余り天気が良くなく、満足の行く景色を見る事が出来ませんでしたが、
これ程までの奥山にこれた事が凄く満足感を与えてくれました。
地味な山でしたが、良い所ですよね。
私ももう一度秋に歩いて見たいです。
平四郎沢に架かる一本橋は緊張しましたが、本流の一本吊橋は更に恐怖感たっぷりな橋だったのでしょね。
もし、その当時の写真があったのはら拝見したいです。


2005年11月15日 11:02
よこうそ、えび太さん、お越しいただき光栄です。ぜひ、秋にお越しください。
あの本流の一本吊橋のときの写真はポジフィルムの中で、スキャナーを持っていないのでまだ未公開です。数年前のヤマケイのグラフに乗ってますから参考までに。そのうちフィルムスキャナー買って公開しますね。
今の鉄橋と変わらない高さでした。平四朗沢のものよりも長いわ高いわ・・・。空身で数歩予行練習、気合入れて渡り初め、たわんだ中央部手すりワイヤーが腰よりも下で、足が止まりました。落ちても川底が浅そうなので、激突死・・・「君は身ーを投げた」エメラルドの新たな伝説が増えるかと思いましたよ・・・思い出しても、背筋に冷たい汗が・・・。でも、一度の経験でもたいしたものです。復路は落ち着いてましたもの。今なら取付部に大きく「自己責任で渡ってください」と書かれる事でしょうか。
2005年11月15日 21:36
えび太さん、まる姉のHPに、噂の三面本流一本吊橋の写真載ってます、参考になります。
まる姉
2005年11月16日 20:19
テントミータカちゃん、宣伝あんがとね♪
しか~し!泣く子も黙る弱小サイトゆえ、たぶんURLご存知ないかもね~☆
つーことでやってきますた~。ご覧下さい。(^^ゞ

http://maruinu.cool.ne.jp/joyful/img/1174.jpg
投稿者:hiroさん
平四郎沢吊橋(左上) 三面本流吊橋(右上) 
吊橋の下、エメラルドの三面川で水浴び(夏)

以上です。
尚、このアドレスは近いうち変わるやもしれませぬのでご了解下さいませ。(迷惑投稿対策の一環です☆)
2005年11月16日 23:36
 テントミータカさん、お久しぶりです。
私も昨年初めて三面からのコースを登りました。
ホント、静かで良いコースですね。
美味しそうなツキヨタケがたくさん出ていました。
 帰りの1本釣橋は、雨だったのでハラハラドキドキでした。
高所恐怖症のヒロタンは、どうも苦手です。
深沢の鉄橋も場違いな感じだけど、安心して渡れるからありがたいです。

 何も調べずに行ったら、駐車場までが大変でした。
そして歩き始めも少し徘徊したけど、なんとか狐穴小屋までたどり着きました。
えび太
2005年11月17日 00:34
テントミータカさん、こんばんわ。

まる姉さん、ありがとうございます。
早速拝見させて頂きましたが、平四朗沢の吊り橋より更にキャシャな
吊り橋だったんですね。
正しく一本橋の吊り橋。
川からの高さも本流に架かる橋のほうが高いだろうし、しかも長さも長いし。
平四朗沢の一本橋、何時までも残っていて欲しいですね。
2005年11月17日 19:19
まる姉、勝手に紹介して失礼しました、フォロー有難うございます。今度牛串奢りますね。

ヒロタン様、お久しぶりです。酔いがさめたようですね・・・って、酒は強そうなので余計な心配でした・・・。でも、スーパーヒロタンは一日で狐穴へ行ってるんだから・・・物凄い・・・です。

えび太様
たわみやゆれが大きいんですよ・・・丈夫だとは思うんですが・・・ああっ、目がくらむ。
平四朗沢の一本橋、何時までも残っていて欲しいですね。・・・・、大峰山女人禁制同様、こんな橋があっていいと思う・・・コース自体も、効率的なピークハンターは足を向けないコースなので。

・・・いやあ、盛り上がるなー、一本吊橋・・・。
旧朝日人
2006年10月14日 14:14
皆さん、こんにちは、はじめまして
昨年から、ファミりー合宿登山を始めてから、色々な山に興味を持ち始めました。私の出身は朝日村なのですが、灯台基暗し、鷲が巣山へは登ったことがあったんですが、その奥の朝日連峰までは、いったことがありませんでした。
しかし、最近三面口からも登山口があることを知り、いつか登ってみたいと感じつつ、情報を集めていました。朝日連峰への登山口で最も過酷で人気の無い登山口なのですね?(笑い)鷲が巣山もそうですが、登り口の標高が低いので、稜線まで行くのが大変ですね。
何時の日か、登頂した時にはまた書き込みさせていただきます。
ところで、怖そうな平四朗沢の一本橋は子供(小学生)でも大丈夫でしょうか?ビレイの必要があるのでしょうか?
テントミータカ
2006年10月15日 22:41
旧朝日人様
はじめまして、コメント戴き有難うございます。
鷲が巣山へ登っているんですか~!、きついですよね。さすが地元人。

>ところで、怖そうな平四朗沢の一本橋は子供(小学生)でも大丈夫でしょうか?ビレイの必要があるのでしょうか?

これは、現地で親がまず確認したほうが(1回往復)、間違いないですよ。ビレイできれば安心ですが、橋の真ん中で、足が動かなくなったら・・・。う~ん、高所恐怖症の方は無理でしょうね。(ここで帰る人も多いです、個人差があります)橋の角度があって、入山時の方が怖いです、帰路は結構渡りやすい。以前の三面本流の一本吊橋よりは楽ですが。