勤労登山の日、前日光山塊、大芦渓谷から夕日岳薬師岳三の宿山回遊

11/23勤労感謝の日。なので、求職中の山屋のテントミータカは「勤労登山の日」。

写真はオオホノチ 「オオボッチ」手前展望台からの男体山と大真名子山

三日前の未完の大芦渓谷から夕日岳ー薬師岳ー三の宿山の周回コース〔日帰りコースにしては相当長い〕を、無事、完結しました。これも、山と烏が森の住人さんの記録のおかげです。

AM6:40大芦渓谷ヒュッテ発、標高560m。

ヒュッテ脇から河原に下りて、渡渉点探す。沢の石に浅霜も降りて、前回よりも滑りやすい石、可能な渡渉点探し、数分かけ慎重に渡る。朝陽差し込み爽やかな雰囲気の山中。雑木と植林の急坂、今日もモミジが綺麗。三日前の記憶もあり、気楽に歩ける。

大滝不動尊の大きな鈴に小石入れ、コロコロ鳴らし、無事に歩ける事を願う。神社の後ろの杉植林尾根、急坂に取り付く。馴染みの道となれば、気持ちの余裕に体調の余裕が出てくるらしく、調子よく進む。前回の自前の目印を見つけながら進むのも結構楽しい。今回はネット友達から教えてもらった赤紙テープも用意済み。付近のモミジもまだまだ美しい。

AM7:30、なんなく838mピーク付近は桧植林のトラバース道でピークはパス、先の鞍部へ直行。迷わず、急坂と平坦部、三回繰り返す。途中の展望台伐採跡から富士山にかかる笠雲のような白い男体山が見える。高度上げ大真名子山も見え始める。大木戸山が目前だが、果たして回遊できるか、やや不安もある。

1000m越え、上部稜線が近づき、落葉しきった雑木林、低い笹が出てくる。太い幹に細い引っかき傷があるのはリスの仕業だろう。前回この近辺で紛失した帽子は見つからず、風の落ち葉で隠されてしまったようだ。

AM8:30、標高1100m、前回の下山で間違えた分岐に到着。標石が区界尾根で続き、正式?な藪コースのこちらの雑木林に、分岐注意のテープ類が数本取り付けられている。が、上から降りてくると、そのまま標石の続く通りに区界尾根へ、違和感無く下りそうな分岐点だ。間違えた現場検証ができ、納得する。安心したついでに休憩。

低い笹と雑木の尾根道気持ちよく、そろそろ1294m 「オオホノチ」 「オオボッチ」ピークが近づく頃、相方ストック忘れに気づき、AM8:50-9:20、待っていたが体も冷えてきて鈍足の私は先行する。下方から相方の声かかり、ストックを見つけた事知る。時間ロスが勿体無かったが気分入れ替え、笹原を気持ち良く、南北に延びる尾根に着く。

※2008.5.7追記、「オオボッチ」文字のかすれた看板でした。akijiiji様、ご教示有難うございます。


AM9:30、今回は左手の1294m「オオホノチ」  ピークは極めず、目前の夕日岳へと急ぐ。これまでの、どこでもあるける笹原と変わり、岩と針葉樹の、いかにも「修験道」らしい岩尾根の険しいアップダウン。古い木の杭が点在するのも「夕日岳新道」古い登山道らしい。岩や幹の赤ペンキマークが頼もしく、赤テープもあり、迷うことなく歩ける。後続の相方は岩尾根を嫌って、効率的な左側の山腹、笹の鹿道で夕日岳直前最低鞍部合流。
西上州の山を髣髴させる登山道、木や岩につかまって登り返し、1450mピーク着。まだ、「夕日岳」山頂でなくがっかりする。AM9:50息が上がり休憩。ようやく携帯電話つながり自宅へ連絡。小さなアップダウン、笹と岩場の登り、山頂部らしい笹道に入る。上から、人の声が聞こえるので山頂も近いはずだ。

AM10:50-10:55「夕日岳」山頂1526mには、先客四人のグループが山頂で宴会中。山頂付近の写真を撮って、展望の切り開きから、白銀の白根山の展望愛で、少し休憩したい。男体山はとうとう雲の中へ隠れてしまった。夕日岳新道の看板を撮る私を、なぜか相方が急かし、落ち着けずに、先へ進む。

後で聞いて理由が判ったが、相方が四人組に挨拶しても無視されたそうで、たぶん、グループ特有の自分たちの世界に入っていて悪気は無く、相方の挨拶に気がつかなかったと推測。気分を害した相方は早くその場を立ち去りたかったらしい。
まあ、予定より遅れ気味の行程なので、急ぎ足は大歓迎。お昼前でお腹が空くが、先の薬師岳までラーメンは我慢。

AM11:10-11:15三つ目の分岐でコーヒーとパンでお腹をなだめ、薬師岳へ進む。

数人のハイカーと交差、距離はあるが歩き易いハイキングコース、高速道路並みの急ぎ足。左手樹幹越しに皇海山のピラミッドが覗く。社山・黒岳・白根山はくっきり浮かぶが、男体山・女峰が雲に隠れる。こちらの上空にも雲が増えてきた。
緩やかな笹のアップダウン続く、お不動様の石仏や木の御札眺めたり、写真撮ったりメモ書いたりの出し入れでボールペン紛失。

PM0:20-0:50先客一名の薬師岳1420m着。山部3D山頂部プレート確認、やや風が冷たいので、山頂直下の笹原にて、待ちに待ったラーメンランチ。今回はハムと長ネギ。あまりゆっくりできないが、効率的に調理食事。食後の紅茶が美味しく、後半のやる気を盛り上げる。雲が多くなり、先刻の夕日岳に雲がかかる。

烏が森の住人さんの記録とおり、しっかりした笹原の樹林の中の踏跡と目印ピーク。カラ類やウソの鳴き声が可愛い。日光ではおなじみの黄色と赤の正方形のプレートに「コンセーレハイキングクラブ」のネームが入っている。このプレート、大木戸山まで数箇所木の幹にくくりつけられている。

薬師岳から30分の下り、PM1:30左側伐採地に一部壊れた鹿避けの柵。伐採地下の植林は赤茶色に枯れている、荒涼たる崩壊地と変貌している。1159m基準点他、笹原の登山道脇に石祠三体。

尾根は日光市内・清滝の直ぐ脇なので、やたらと車の音や工事の音が山に響き渡る。これまでの静かな山旅もいきなり里山の雰囲気へと変わる。緩やかな笹と雑木林のアップダウン、無いと思っていた、古いクリタケの株発見。

鞍部から150mの急登の丸山ピークPM2:15-2:30、は道標付近の木の幹が面白い形。小さな蝉の抜け殻を見つける。夕暮れまでに時間が迫ってくる。ヘッドライトを使って細々とした踏み跡の山中を歩きたくない。急ぎ足で先へ進むも、ピーク毎のアップダウンと我々には珍しいロングランコースなので疲労がたまる。

右手の夕日岳のシルエット、左手の日光市街、古河電工の工場の建物が大きく見える。

鞍部から70mの急登の大木戸山ピーク1286m、PM3:00-3:05、ヘッドライトを早めに準備しておく。付近はツツジの葉が黄緑で残っている。夕日岳・薬師岳がはるか遠くに見える。
最後のピーク三の宿山に霧がかかり始めている。

日光市内への下山分岐分け、鞍部から80mの登り。右手の有刺鉄線に気をつけつつ、三の宿山分岐の原、ここで待つ相方。
直ぐ先、笹原の踏み跡から三の宿山山頂1229m着、PM3:30、ここで山部3D山頂部プレート確認する。他にも三枚の山名プレート。メモと写真撮る途中でシャープペンシルを落とし、笹に埋もれ紛失。もうすぐ夕闇迫る。探す時間が惜しく、諦め帰路を急ぐ。

長い笹のアップダウンもお仕舞い、下降となる。夕暮れも迫りあせる気持ちに、相変わらずしっかりとした踏み跡が心強い。各色のテープの中にちり紙の白いテープのアイデアに感心する。
大芦ヒュッテから夕日岳への登路を眺めながらの下山路はなかなか趣きあり、達成感の感慨に浸れる。鹿の鳴き声が響く。

雑木と笹原から手入れの行き届いた桧の植林帯へ入る。足場も不安定な急坂、植林境沿い、木につかまり一気に下り、PM4:00前日光基幹林道の切通し標高890m立派な舗装路面着。日光への通行止め看板ゲートが開いている。工事休日は通行できるのかもしれない。

ここからは林道沿いの下り3.6キロ。上部の七曲は適当にトラバースし、数党の鹿の白いお尻と鳴き声と遭遇する。晩秋の彩り残る渓谷も眺め、明るい林道歩きでヘッドライト要らず。交差の車も無く、今朝の登りの尾根〔838ピークの一本松がよく目立つ〕が近づき、靴底が痛くなる頃、PM4:30大芦ヒュッテ着。
結局、夕日岳・薬師岳間以外は誰にも会わず、帽子とボールペンとシャープペンを奉納、さすが、信仰の山域。今日もこれほど静かな山行になるとは思えない良い藪コースだった。気になる宿題を三日後に仕上げた記録も珍しい。
無人のヒュッテにてようやくヘッドライト付け、後片付け、車のキーを回す。

渋滞無く、西大芦地区・鹿沼市街のイルミネーション楽しみつつ帰路のドライブ。ラーメンチェーン店にて夕食。夜、無事帰宅。

この記事へのコメント

2005年11月25日 01:28
テントミータカさま、こんばんは。
いつも思うのですが、本当にいろいろな山があるものですね。テントミータカさんの山行レポを拝見していると、本当に山がお好きなんだなあというのがすごく伝わってきます。
私なんて、有名どころばっかり追いかけてしまって、自分のスタイルっていうのが確立されていない感じ。テントミータカサンにはきちんと自分のスタイルがおありでかっこいいなあと思います。
・・・と、漠然としたコメントですみません。
これからも楽しいレポート御待ちしてますネ♪

そうそう、そういえば、ちょっと前の記事にあった「パヤパヤ・・・」がどうなったのかが良く分かりませんでした。どこかに書いてありますか??
2005年11月25日 09:57
しげぞう様、帰国後のお疲れモードで、早速コメント戴き有難うございます。
いやいやいや、相当かっこわるいんだー、テントミータカ。すぐに目出帽被りたがるし、ザックはやたらでかいし。
「パヤッ、パヤパヤ」の詳細は、年末のお楽しみー。
2005年11月25日 13:03
なかなか大変だったみたいですね。
前記事で、場所が解りにくいなんて書きましたが、今回の記事でよく解りました。前回の登り口は”大滝不動尊”から左側の斜面に取り付かれたんですね。大芦ヒュッテもこの場所に。
藪コギチャレンジコースとしては面白そうだけど、まず行かないなぁ。
70歳の山キチ
2008年01月23日 09:55
 自称夕日岳の主。夕日岳へは323回登らせて頂きました。
 この日小生も歩いていました。大滝より更に奥の尾根から入り、夕日岳~薬師岳~大木戸山~林道という周回コースです。このルートは静かで良いですね。ちなみにこの日夕日岳は8:40でした。
 小生インターネットを始めたばかり。yahoooで夕日岳を検索し貴兄に辿り着きました。よろしかったらお付き合いください。
 
2008年01月23日 12:32
70歳の山キチ様、はじめまして。
 ご訪問・コメント戴き有難うございます。インターネットで山の世界もずいぶん開かれたものになりましたよね。夕日岳へは323回とは凄いですね!。いい山なんでしょうね。コレは2005(H17)11/23の記録ですが、以来、夕日岳へは行っていません。蕗平からも歩いてみたいなと想いつつ、あっというまに三年の月日が・・・。
 70歳の山キチ様も、充分ご承知の事とは存じますが、一応念のため?お体、ご自愛の上、山を楽しんで下さいね。