川端下から金峰山でした

速報、12/10の朝、佐久平へ入ってみれば、予想外の雪景色、目指す、八ヶ岳も雪雲の中。

冬型の強い気圧配置で、八ヶ岳のスキー場も雲にやられています。

予定の観音平ー編笠山へ行くはずも、「なんか、展望がなさそうだなぁー」。野辺山付近の国道で、予定変更。信濃川上村へ入り、川端下から金峰山往復となりました。

これがだめなら、雁坂・大菩薩嶺へと、回るかもしれません。

金峰山荘へのクルマの乗り入れも圧雪で、なんとかスタッドレスで乗り入れ。冬靴の調整に手間取り、年末の大山行が不安〔足が合わない・・・どうする〕。
積雪15センチ。冬小屋の最低気温マイナス11.8度。12/11朝の山頂の冷え込み13度。稜線は風が強く冷たい。丹沢・富士山・毛無山・甲武信が岳が見え、八つは雪雲の中。
画像

画像

下山後の国道より、八ヶ岳・浅間山が、とても白く見えました。

この記事へのコメント

2005年12月11日 22:39
テントミータカさん、さすが切り替えが早い!
私たち、機転がきかずに八ヶ岳・雪雲の中にいました…。
幸い雪は降っていませんでしたが、モーレツな風が吹いていました。

金峰山ももう真っ白ですね。この前行ったばっかりなのに、山では冬の訪れが早いなあと実感します。

テントミータカさんの年末の大山行が楽しみだ~!!(笑)
2005年12月12日 14:48
11日は雲の中。私たちも編笠か北横岳か蓼科山かという予定を変更、娘をスキー場において、さっさと八子ヶ峰で雪遊びに切り替えました。
天気が良ければもしやのニアミスでしたね。
腰の具合が少しは良いようでよかったですね。
2005年12月12日 22:08
しげぞう様
那須の峰の茶屋の暴風に比べれば、ずいぶん楽なのですが、あの風で、息がかかり、めがねがすぐに曇り、大変でした。靴と翌日の腰痛で、年末山行が不安になりました。

sanae様
そのうち、蓼科山の途中でも、お会いできるかも・・・、その時は、どうぞ、よろしくお声をかけてやって下さい。駐車場の白い車が目印ですよ。