庚申山敗退(梵天岩まで)

週末、足尾・庚申山途中まで出かけました。
真冬の定例地ですが、今回は岩場の雪の具合が悪く、大事を取って、梵天岩(1750m)までで引き返しました。

画像




画像













山荘からご来光が見えます。(ちなみに今朝の最低冷え込みー12.5度。小屋内ー8.8度)





画像







画像












画像








画像




林道のガードレール沿い取水管からの漏水のしぶきが見事な氷爆をつくり、渓谷も氷の粒。鹿の姿散見。




画像





画像






画像






画像















画像










鹿撃ち(許可済)の銃声、サル・スズメバチの巣、道中も面白く、下山後、登山口「かじか荘」の温泉と昼定食、初めて鹿の刺身を美味しく戴き、山遊びの休日でした。





画像


この記事へのコメント

2006年01月23日 11:09
いい写真がたくさん撮れましたね。
ご来光のドンピシャリ!がいいなぁ。
庚申山に登る予定が、時間の関係で反対側の備前楯山に変更して登った事があります。かじか荘に泊まって、翌日は袈裟丸山でした。
2006年01月23日 21:43
山いろいろ様は、「かじか荘」に泊まられたのですね。備前楯山もなかなか展望が良くて、いい山ですよね。
ぜひ、庚申山へ、コウシンソウの咲く時期にお出でください。十数年前の「かじか荘」は「立ち寄り入浴お断り」でした。今では、日帰り休憩、露天岩風呂も出来て、ずいぶんよくなりましたね。あの愛想のない脱衣所、トレセンみたいな無機質な感じですが。鹿のルイベ風刺身、とても美味しいですよ。
sanae
2006年01月24日 12:11
雪が多かったですか?
ここは仲間と皇海山まで行くつもりで行ったことがあります。
そのときは仲間のお陰で庚申山までは行けましたが、けっこう嫌な雪のつき方でした。鋸の手前で私たちは撤退、そのあとも雪の時期に行きましたがけっこうしんどかったのを思い出します。
テントミータカさんはここも真冬の定例地なんですか?
渋いですね~。私はもういいです(笑)
2006年01月24日 17:19
sanae様
雪の皇海山までの行程を歩かれたなんて、さすがですね。私は、冬は庚申山登頂も、オプションで、途中撤退でも十分に満足です。今回の目的は、静かな氷と雪山で、鳥や鹿を眺めて(今回は食べたりしましたが)、ボーっとする事(もちろん登頂もできれば更に嬉しいですね)。
今回は、例年より雪が多いですが、大分締まって、ワカンなしで浮きました。今回、初めて、他の泊り客二組と遭いました(日帰りの人は、ぽちぽち)
自宅から近くて静かな山ですので、定例です。(丹沢・奥多摩の感覚かなー)