日光・女峰山

速報、2/11-12。日光市内(滝尾神社・行者堂)から女峰山往復。唐沢小屋泊。

ずいぶん昔、真冬の、カモシカ日帰りで、数回、お世話になりました。泊りは今回、初めてです。

東京ぶなの会様のワカントレースのおかげで、無事、登頂できました。(いまどき、ワカンを置き忘れるのはいけません)。

今朝の展望、唯一、帝釈・女峰山のみ晴れ、男体山・大小真名子・高原山と、雪雲罹るも、ここだけ晴れたのが、幸い。

詳細は後日。

             稚児が墓の上、笹原から、女峰山
画像

             白樺金剛へ向かう
画像

             こんなシルエットが
画像

           もうすぐ黒岩(画面中央部の岩、雲竜渓谷の核心部が見えます)
画像

              ・・・って、どこだろう?
画像

   2/11夕方ヘロヘロ、唐沢小屋がみえました(画面中央部白いもの)
画像

                2/12さあ、山頂へ
画像

                  うわー
画像

                  雪がふかーい
画像

                 女峰山頂から赤薙山方面(トレースなし)
画像

            女峰山頂から帝釈山方面(子真名子山・太郎山)トレースなし
画像

                     唐沢小屋から女峰山
画像

                     下りの笹原から日光市街
画像

この記事へのコメント

2006年02月14日 18:56
山いろいろ様
いつもお世話になっております。
大真名子山に登られたのですね、登山道掘れて歩きにくくなかったですか?。日光の山は、外国の方も多く歩かれています。もう少し、整備されても良いと思ってます。
今時は、サラサラの乾燥雪なので、ワカンも埋まりますが、絶対積雪量が少ないので、歩けるんでしょうね。あーっ、早く、凍み雪の上、駆け回りたい。
よぼ爺
2006年02月16日 13:46
写真、感動しながら見させて頂きました、冬山に登らない(れない)私には未知の世界です、写真を見て、此処をどうやって進むんだろうか?、また、唐沢小屋から頂上までの斜面は夏でも滑り落ちそうな所なのに、しかも雪の深い時はどの様になって居るんでしょうね、有り難う御座いました。
2006年02月16日 20:12
よぼ爺(失礼!)様
はじめまして、嬉しいコメント戴き有難うございます。
現場の迫力・美しさの何十分の一かの記事です。
稚児が墓の上の笹原の斜面は、気持ちがいいですよ。そこまでなら楽々歩けます。唐沢小屋から頂上までの斜面は、意外と雪が締まり、アイゼン。ピッケルで足元を固めれば、夏の砂利斜面よりも、快適に歩きやすいですよ。
箱石金剛付近のラッセルの方が、よっぽどキツイです。
よぼ爺
2006年02月17日 09:23
凍結?、しかも急斜面で、やはりそれなりの訓練を受けた方たちのみの世界なんですね、靴の修理の記事も拝見しました。
そう言えば、11日は霧降のリンクにお昼まで居りましたが、予報では奥日光は曇りでしたのに、男体から赤薙まで全山の雲の取れた姿を下から見ておりました、毎週期待しながら行くのですが、何故か山頂付近の雲が取れず今シーズンでは始めてでした、お天気に恵まれてほんとに良かったですね。
他の記事からご事情を知りましたが、山はご趣味でお続けになれる様に頑張って下さい。
2006年02月19日 22:19
よぼ爺(失礼!)様
暖かいコメント有難うございます。
ワカンで山頂部を歩いている人たちもいましたが、私はアイゼンを選びます。ワカンなしで雪に埋もれるのと、アイゼンなしで、スリップするのと、どちらを選ぶかとなると???。
ほんと、この日は、天気に恵まれ、良かったです。
体力は、確実に衰えてきてますので、末永く、続けていくよう努力します。