20060311-12モッコラ歩きで、ようやく守門岳

先週、谷川国境でうずくまり、先延ばしとなった守門岳へ、ようやく行ってきました。当然、山頂泊です、ハハハッ(恥)!!!。

 3/12の悪天予報に備え、傘(雨用)と竹ざお(GPSがないので)持参です。

 3/11は、快晴、大賑わいの二口除雪終点駐車場、出遅れの出発。ピッケルは要らない山ですが、両手ストックで、落ち着かないので、ピッケル(テント設営時、役立つ)とストックに戻す。

皆と同じ道も、「なんか、ねー・・・・・」と、山頂が近そうな谷周りから左手の山に果敢にワカンラッセル開始。未トレースのおかげで、目前に、雪の塊と見間違う白兎が、通過していきました。

・・・・が、ものの2時間で、ヘタリこみ(熱いわ・モッコラ歩きでワカンが重いわ・ルートの見当がつかないわ・・・自業自得です)。ここでも結構展望も良く(越後駒・荒沢・上下権現堂山・守門山頂)、お日様サンサン(ビートルズのヒア・カム・ザ・サンが脳裏を巡る・・・)風も弱く、休んでいると、とても気持ちがいい。

画像


杉林の林道脇で、「ここで泊ろうかー」。(テントミータカ隊の弱点、どこでも泊りたがる病、発生!!)休みながらも、付近の幕営敵地を見回す。

画像


・・・・が、早立ちの人影動く山頂を眺めるうちに、元気回復。杉林尾根をつめ、保久礼小屋手前のマウンド(正式ルート)に合流。ここから、足元がしっかりして、非常に歩き易い。(人様の踏み跡って、なんて歩きやすいんだろう・・・感涙)。

 後は、順調に(休憩をたくさんとって)、高度を上げる(下降の山スキーもボーダーも、たくさんいて、賑やかです)。

付近にヤドリギの多い木が目立つのも、キビタキ小屋の名があるとおり、野鳥が大いに貢献しているのだろうね。(立ち枯れのぶなの木にキノコも想像しますが・・・)

画像


途中、地元の岳人様と会話し、氏の作った山頂の風除けブロックを使うよう勧められ、バテきった最後の体力振り絞り山頂へ。森林限界から先は、念のため、持参の竹ざお数本、刺す。

午後も時間が遅いので、無人の山頂、一人用の新品のブロックもありました。(その脇にも古い黒っぽい残骸が一つ)

しげぞうサンやさすらい人サン達の写真の大雪庇はとっても綺麗で・・・・、今日の大雪庇は、黄砂が降った後のようで、ダンダラ縞模様(悲)の春山の雪庇でした(ちょっと、汚いかな・・・春だからねー)。

少し先に、怖いクレバスとツララの垂れ下がった雪庇先端も覗けます、おーこわっ。(到着時間が遅かったので、空も曇り空)粟が岳と御神楽を確認できたので、一安心。

画像


一人用城壁を、テント用敷地に三倍に拡張し、30分で半分掘り込み・城壁(風上側に)テント設営完了。雪堀り途中で、とても硬い氷の層があり、崩すのにピッケル(鍬入れの要領)が役立ちます。最近の気象情報もうかがい知れる雪堀作業です。
昼間の暖気で、水気の多い雪ブロックは、あっという間に積みあがりますが、今夜のように凍らない限り、もろく、崩れやすいものです。(冷え込みが強いと、一晩で鉄の城壁)

画像


夜景も見え、明日の雨が雪になるよう願いつつ就寝。

夜半、風強く、雪庇が出来る様を容易に想像させる強い風。テント場毎崩れるか、雪壁が割れるかと(結構、熱風だったので)、心配する。寝袋を引っかぶって、物音が聞こえなくなれば、あっけなく熟睡(二王子山頂泊の夢をみる)。

3/12、最低気温、マイナス4度。夜間の熱風で、城壁は、隙間だらけ。小雪の降雪で、撤収も楽チン。視界不良の中、竹ざお(新エビノシッポ1-2センチ付着)を回収しつつ下降。

降雪激しくなり、保久礼小屋にて休憩(豚角煮もやや小さめ)。

画像


新雪のふわふわ雪と、かすかな昨日のトレース・スキー跡をたどり、適当にショートカット。アルミわかんに、雪がつっくき重たいです、モッコラ・モッコラ歩き。途中から小雪、誰とも交差せず、無事、無人の駐車場へ戻る(帰路の歩行中、一番の心配は、車と道路の積雪でした)。

ぐしょぬれの装備、洗濯と感想、数日かかりそうです。

この記事へのコメント

しげぞう
2006年03月13日 00:10
モッコラモッコラ、モッコラーーーー!!!(笑)
わかんが重くて大変そうな様子がよく伝わってきました。ってか、荷物が重くて大変そう。あの強風(暴風!?)の山頂にテントを張るとはさすがです。さすがすぎます!!!(笑)
あっという間に黄砂がやってくるんですねえ。写真を拝見してびっくりしました。ラッセルは疲れたけど、ある意味私たちはラッキーだった、ということになるのでしょうか。

「二王子山頂の夢を見る」に夫婦そろって爆笑してしまいました。近々いらっしゃいますか?出会えるのかな~(←期待!)。

今度どこかでこの雪壁を見かけたら、迷いなくテントミータカさんだと思って声をかけますね♪
いっちゃん
2006年03月13日 00:50
はじめて、おじゃましま~す・・・♪
モッコラモッコラ、おもしろいです~・・・。
かしまし姉さんの、一員のメグさんが、わかんに、黄色のビニールテープ巻いてました。私は、ピンクにしようか?な~(雪がつかないらしいです?)
テント泊、いいですね~・・・。あこがれです★★
守門、二王子 私も行きたいです・・・(^-^)v
2006年03月13日 10:23
山歴浅いうえに関西在住のわたしは、聞いた事もない山ばかりです~。テントミータカさん、いつもすごいわ(@.@; よ-し、わたしもテント担いで雪山に!・・・行けないわね~(^-^;)
さすらい人
2006年03月13日 13:26
毎週のテント泊お疲れ様でした。
わかんでの大荷物は大変だったでしょうね。登る山は同じでも、行動パターンが違いますね。
写真をみさせてもらいましたが、確かに黄砂が降ったようですね。春が近づいていますね。
といっても、昨晩は、山の方ではまとまった雪が降ったと思います。この週末の計画に悩んでおります。新雪のラッセルの可能性も高い。一日くらいは、雪割草の写真を撮りにでかけようと思っていましたが、これでは雪の下ですね。
2006年03月13日 16:40
でたぁ~、モッコラ歩き!。新語大賞にノミネートできそうだ。(笑い)
僅かのタイムラグで、しげぞうさんの雪庇からヘタっていますね。ドンドン春になってる感じがします。
それにしても、なんで二王子の夢なんだろう?(笑い)
二王子は我家からよく見えますよ。
2006年03月13日 21:43
いつの間にか、コメントたくさん戴き、有難うございます。なかなか貴重な、守門岳山頂泊の記録では?(笑)。
皆さん、「モッコラ」って、普通に言いませんか?(あ、天然ボケ?)

しげぞう様
テントミータカは、たぶん、また、綺麗な雪庇の時においでと、守門岳に言われた気がします。目前の矢筈が良く見えなくて残念だったので、また、出直します。冬の二王子は、ここ数年、「ぜひ」行ってみたい冬山ですが、やはり、遠くて・・・。まさか、守門のてっぺんで、「二王子てっぺんでテント泊で迎えた朝」の夢をみるとは・・・。我ながら、あきれ返ります。



2006年03月13日 21:44
(コメント続き・・・)

いっちゃん様
はじめまして、といっても、新潟の各HPやブログで、コメントを拝見してますので、初めてのような気がしません。こちらへ、ご来訪戴き有難うございます。わかんにテープ巻きですね、早速、試してみます。素晴らしいご指南、本当に助かります。(なにせ、スキーやスノーシューには縁遠く・・・)。

みけ様
ぜひ、スキー場脇の林の中で、テント泊、試してください。楽しいですよ。

さすらい人様
二週続けて、さすらい人様の足跡をたどった山行となって、失礼しました。でも、記録が、心強かったですよ、有難うございます。そっかー、今日の雪で、雪割草も雪の綿帽子の下ですか・・・。週末までに溶けて、また、あの、可愛い姿を拝見できるといいのですが(私もウズウズしてます)。

山いろいろ様
トットコ・モッコラは、タントミータカ内では、普通の言い回しで、ご指摘されると「あ、そうなんだー」と、天然ボケをかましてしまいます(恥)。いつも二王子様が拝めるなんて、良いお住まいですね(羨)。