初めての長靴山行の角田山

3/23午後から出かけたのは良いのだけど・・・。

数時間で、角田山用軽登山靴を忘れたことに気がつく。
引き返す時間と運転の腰痛悪化を鑑みて、「越後湯沢のコメリ」で長靴を購入することに決め新潟入り。
(せっかく山いろいろサンやおごにゃサンから、前情報を仕入れてたのに、この有様です。)

夕方、早速、数種類の長靴を吟味し、靴底の硬そうな品物を購入。
さすが、冬の必需品の土地柄。長靴のケミカル用品も売ってました。
滑り止め用のスパイクピン。硬化劣化ひび割れ防止艶出しオイル。
ふーん、こういうのもあるんだ。
近年の山行ではご無沙汰だった、お出かけ先のスーパー見物、勉強になりますね。

            帰宅後、泥を洗い流し庭先で乾燥中
画像


行きつけの湯沢の共同浴場で回数券(10枚)を購入・入浴
・・・・回数券有効期限の一年間中に使い果たす事でしょう。

行きつけの仮眠先にて車中泊



3/24

三条の友人を伴い、角田浜にて「山いろいろ」様と、ご対面。かねてからの約束、お互いの名刺交換を済ませました。さあ、登山開始・・・。

・・・なのに・どうして、北関東人のテントミータカが長靴で、新潟県人の二人が軽登山靴なんでしょうか?。

皆で、角田山周回コースで花とおしゃべり、冷たい海風に吹かれつつのんびりハイキング。お花は冷たい風で蕾がち、風に揺れて、写真はイマイチでした。
さすが、お顔の広い「山いろいろ」様、早めのランチの山頂で、別ルートから登ってこられたお仲間とお話したり、公園風の山頂は「今日は平日?」賑わいでした。

途中の登山道は、テントミータカ期待通りのグッチャン!泥道。長靴の効果抜群。でも一回足首を捻ってしまったので、歩き方にコツがあるのかもしれません。慣れないテントミータカは足をテーピングで固めたほうがより安心です。

海と花を愛でつつの稜線めぐり。

楽しい山行があっという間に終わり、愛車の整備のアドバイスまで戴き、幸先の良い、巡り会い出会い山旅の初日でした。

下山後すぐにお仕事の山いろいろ様とお別れ(凄い体力!!!)。

友人をお宅へ送り、そのときのお宅の鉢植えの雪割草も綺麗に咲いていました。
画像

この記事へのコメント

さすらい人
2006年03月29日 14:48
長靴を買いましたか。これと同じのをコメリで買って履いていました。ちょっと底が柔らかいので、足運びに注意が必要なのと、急坂で、足の裏がずれるのが、問題かな。慣れると、気にならなくなります。ただ、つきささりに弱いので、刈り払い直後の道は、注意が必要です。私の靴は、穴があいて、おなくなりに。釣り具の上州屋では、渓流釣り用としてスパイク長靴を売っており、こちらは1万円ほどと高価ですが、ゴムの厚みはあるし、靴底も厚めです。今回の長靴がだめになったら、どちらを買うか考えれば良いでしょう。
2006年03月29日 16:16
さすらい人様、
長靴登山のアドバイスを戴き、有難うございます。やっぱり初心者はコメリ行っちゃいますよね!!。五頭とか角田・弥彦の泥道を想定して買いました。上州屋コースは、長靴登山に慣れたらまた考えてみますね。近所の上州屋でチェックしてみます(あるかなー?)。