20060326天気が持って無事登頂!!!白太郎山オフ会「桃太郎隊」

3/25深夜、会津若松で待ち合わせ

3/26
丑三つ時の山形・小国「道の駅」にて仮眠

当てにしていた「道の駅」お隣のコンビニが閉店となっていて、慌てて予備非常食の朝食とお湯を沸かす。
時間よりも早めの5組全員集合。今回初めてお会いする、H爺サン・hiroサンとご挨拶。

越後川口よりも深い雪の壁(豚ばら肉)の続く、五味沢への車道。
対向車もなく、各自五台の車が山奥目指して突入。

グリーンシーズンしか付近を訪れたことの無いテントミータカ。予想を超える残雪、雪深い風景にビックリ。
季節が逆戻りしたかのような豪雪地帯(日白山・二居集落を思い出す)。地元に精通しておられるまるいぬサンのおかげで、迷うことなく徳網集落入り。

小国山岳会S氏宅前が登山口。
目前に最初の予定だった徳網山が控え、噂の山頂直下から首をぐんともたげている。

さすが、日頃、単独行で慣らした面々。各自いっせいに周りの雪の状況確かめる。
「アイゼンはいらねーや、ワカンでOK!!!」

AM8:00、S氏の「まー無理せんで、きぃつけて行けや」の見送りを受け、ストックと長靴、ワカンを担ぎ、ばらばらと、登山開始。

早速1メートルの積雪乗り越す。
昨日のトレースもあり、急斜度も山腹から支尾根に取り付き、杉植林と雑木林のミックス。

雪質は表面がやや緩いものの快調に飛ばし、途中の展望台から、曇り空ながらも真っ白な飯豊のお姿拝見。やがて全員が合流。
展望台にて一息つき、飯豊を眺めるうち、飯豊の光が消え、後は曇空に消え果てる。おかげで、今日は日焼け止めを塗らなくても大丈夫。

同じ雪山でも、昨日の二王子とまた別の雰囲気で、白太郎山と桃太郎隊の味わいがあり、貸切で笑い声が絶えない賑やかな楽しい山行。
画像

「ハタノ隊長!!!。あれが白太郎山頂ですか?」「・・・・いや、違う。あの奥の隠れたピークだ」
画像


飯豊同様の登り始めの急坂を過ぎれば、斜度は緩み、ブナ林の雪原歩き。
立ち枯れの巨木に、立派な乾燥ムキタケの残骸。さすが朝日連峰山麓、豊富なキノコのお印に、脳裏はキノコ狩りの興奮を覚える。

支尾根を左にトラバースし、雪の廊下を登る。
画像


              川向こうの徳網山がだんだん低くなる。
               (左手、藪にかかる黒っぽいピーク)
画像


GPS持参のハタノ桃太郎隊長のご信託で、どうやら白太郎山登頂が可能と確信し、テントミータカ隊、雪の渡り廊下を、トットコ歩きで先行。
日当たりよい尾根の雪解け進み、ブナの根元にイワウチワの葉が覗く。さすがに、まだ、蕾もなし。

長靴わかん組は慎重な足運び、急坂は登山靴のテントミータカ隊が登り易そうだ。先行途中で、皆さんを待ちながら、写真をバチバチ撮る。
画像

画像


目前が雪の丘、ついついムキになって登り詰めれば、そこはもう白太郎山頂(1003m)。

AM10:50目前の黒太郎山越し、とんがり存在感抜群の祝瓶山から大玉・平岩・大朝日・西朝日が主役のピーク然とし、憧れの袖朝日から針生平の残雪時限定の回廊に目を奪わる。久しぶりの間近の大朝日連峰の白屏風を眺め、しばし、呆然とする。
画像

画像



ピーク付近には、先週のいのくにサン山岳会の雪壁・テーブル跡が残るも、今日は風向きが悪く、谷底から風が吹きつけ大休止にはつらい。

テントミータカ、少し先の吹き溜まりの斜面に皆の休憩場所を掘り込む。新雪10センチ、下が固い氷の塊で、ハタノ隊長のスコップも歯が立たず。
こんな時こそ、登山歩行中は絶対使わないであろう、我がピッケルの出番。腰を決め(そうしないと腰痛に響く)、ガッカと鍬入れ、H爺サンに褒められ、喜ぶ単純さ。
(※でも、うっかりして、車に自分のスコップを置いてくるオマヌケでもある)

しかしながら、隣で、黙々と砕いた雪や新雪をスコップで運ぶハタノ隊長の雰囲気は、「新潟の冬生活の日常の雪かき作業」を体現し、感動させるものだった。

何とか数人分の休憩斜面を切り崩し、山頂ピークに戻る。
雪壁名人テントミータカタカが、いのくにサン山岳会の雪壁脇に、シャベルなしで即席雪壁を完成させていたのにアングリ。(コッヘルを使ったらしい・・・ようやるわ・・・)。

皆さんと一緒におしゃべりしてランチを楽しみたかったのに、せっかくのシャベルなしの即席雪壁をむげにする訳にも行かない。
なんだか、いつものテントミータカ隊の山頂ランチとなったのが、寂しい・・・。が、差し入れのおにぎり、ワイン、シュークリーム、コイスルバーグ等をご馳走になり、お腹満腹。

食後、新設休憩所に行き、山頂展望や他の話、皆さんと盛り上がり、十分に白太郎山山頂の思い出を残し下山とする。雲行きが怪しく今にも振り出しそうな空模様。

※隣にさらに大朝日に近い「黒太郎山」もあるので、次回はそちらも歩いてみたいかなー、と思いつつ。

PM0:20発、シリセードを楽しみ時たま深く潜ったり、それでもあっという間のPM1:30下山。
画像

画像

                   真新しいサルの手形
画像


熊の皮もぶら下がる「りふれ」で温泉入浴、風呂上りにS氏・徳網集落の方々と歓談。最後に集合写真を撮り合い、次の再会を約束して解散。

飯豊町「めざみの里・道の駅」にて、牛串・コロッケ。ほぼ下道の帰路、高速道は80kmほど使用。夜、帰宅。

※一部記憶違いもあろうかと思いますが、どうぞご勘弁を。







この記事へのコメント

HG
2006年04月02日 00:30

お世話になりました。おれもタカさんみたいな「時代おくれ」の男になりたいです。
2006年04月02日 18:11
徳網山に思いをはせるたかさんがいいですね。決まっています。
2006年04月02日 21:52
HG様
HG様のお言葉はテントミータカの琴線にブルブルとふれました、有難うございます。

おごにゃ様
多分、あの時、山の展望より御戯れのラインを考えて、佇んでいたようです(汗!)。