3/4-5、春山定番、越後湯沢・日白山で雪桜と展望、トットコ歩き

3/4-3/5結局、体調不調、大事をとって、定番の残雪春山コース。越後湯沢・二居民宿街から東谷山・日白山テント泊。

先週の「さすらい人」様の記録も頼りになりました。

国道17号、田代スキー場対岸。大雪の硬雪で、三度目のコースも、歩きやすい。
旧二居スキー場から稜線尾根送電線めざし、急斜面あえぎつつ(持参のアイゼンを使えばよかった・・・)、送電線まで、一時間半の新記録で到着。
画像


雪盲になりそうな陽射しもまぶしい白銀の世界。
前日の新雪があるも、直ぐ下は厚い硬雪トットコ歩き全開。(持参のワカン要らず・・・)

兎の足跡に誘導され、雪庇沿いのやせ尾根から尾根が広がりブナ林

画像



薄雪の霧氷が、桜満開の花見気分で緩い坂を詰める。


              途中のブナ林の雪桜満開の花見
画像


画像

画像


            着雪が厚くなると、白が強くて、桜色に見えず。
画像

                                    ここが日白山↓
画像


         昨年、雪洞泊をした東谷山山頂から見る日白山と谷川岳主稜線
画像

今回は時間も早く、ラーメンランチ後、日白山へ向かう。

               一旦、東谷山山頂を下って、ゆるゆる登り返し一時間
画像


そして、めでたく、日白山山頂にて、雪壁ブロックつきテント泊
(※付近、新雪にクレバスが隠れています要注意)

         (まず掘り込み)      飯士山↓      タカマタギ山↓
画像


       (朝陽で赤く染まる)仙の倉山↓       雪の城壁テント↓            
画像



                苗場山↓
画像


展望・・・・・米山・刈羽黒姫山・八石山・八海山・中岳・巻機・谷川連峰・苗場

帰路は、東谷山・日白山の中間部から眼下の杉植林林道めざし、あっという間の、下降(2時間で駐車場へ戻る)。

山スキーの人が多いコースです。
当日、日白山まで同工程、タカマタギ経由で土樽へと、日帰りで回った、頼もしいヒヨッコワンゲルと付き添いの7人(?)グループがいました。

東谷山・日白山で泊る人は、他に見たことがありません。ヘナチョコテントミータカです。


この記事へのコメント

2006年03月06日 22:07
もう、ソメイヨシノなんかメじゃないぐらい綺麗!
ピンクの染まる城壁、テントミータカさんならではですね。
2006年03月06日 22:28
出ました!トットコ全開!!!(笑)
どの写真もいいですね~。素晴らしい雪景色。
雪桜もホントにピンク色に見えます!
朝陽もステキだし・・・テント泊ならではですね。私は冬の綺麗な朝陽はまだ見たことがないです。すごくキレイ。。。

それより。
その雪壁(鉄壁!?)が気になります!いつも気になってマス!!
めちゃめちゃ立派ですよねえ。ぜひとも作り方を教えていただきたいくらいです。
日白山、私たちも行かなければ。
2006年03月07日 12:11
おごにゃ様
二王子も綺麗なシュカブラが出て、飯豊の展望も素晴らしく、楽しく歩かれた様子、HPで、拝見させて貰ってます。下越も、いい季節になりましたね。3/11は粟で城壁デベソを作りましょうか。

しげぞう様
雪桜、他、写真をお褒め戴き、有難うございます。有名ピークも、良いのですが、今の季節、この残雪・硬雪(ここ、ポイント(笑))の季節限定の山域、お勧めですよ。トットコ歩き、ぜひ、お楽しみ下さい。あと、シリセード用、ボロズボンもお忘れなく(笑)。
2006年03月07日 16:38
良い天気の日に登れて良かったですね。でも、体調悪くてテント泊の荷物かつぎですか。私は、軽装で日帰りの方が楽だとおもっちゃうのですがね。だからテント泊の経験値がなかなか上がらない。
みんなで、日白山に登ってみたいですね。
2006年03月07日 21:19
さすらい人様
長距離運転での腰痛や帰路のスキー帰り渋滞がネックです。

体調が良くても日白山なら山頂で泊ります(笑)。今回は、テントが無くても、掘り込み分で、オカンできそうな穏やかな天気でした。
幕営地の基礎工事、雪壁ブロック造りは、雪遊びみたいで面白いです。朝夕や夜景の景色を、目の当たりにすると、病みつきになります。予想以上に真っ白な谷川連峰の稜線、忘れられません。
※さすらい人様は、マラソン選手の体形では?(以前日帰り専門の私がそうでした)。テントミータカは、今も痩せ型ですが、肩や腕の筋肉盛り上がって、上半身逆三角形です。

2006年03月08日 14:15
雪桜の写真がいいですね。
こんなに綺麗なのは始めて見ました。
さすらい人
2006年03月08日 16:19
インターネット上で、虚像が一人歩きしそうですね。
正体をしっているしげぞうさんが、笑っていることでしょう。
マラソンといわれても、子供の時から、かけっこ嫌いです。低重心の、腹のでた中年まっさかりです。腕も非力で、スコップ持つと、腰が痛くなる。歩くのは平気なんですがね。
2006年03月08日 22:41
さすらい人様
クレバスで引っかかったのですから、有難い「お腹」ですよ(笑)。日白山山頂も十数センチのクレバスがあって、(新雪に隠れ)肝を冷やしました。山頂は1.5メートル程の積雪と思われます。
おーい、しげぞうさーん。さすらい人さんは、どんな体型??(笑)。
2006年03月08日 22:45
山いろいろ様
付近のブナ林も伸びやかで、程よい加減の着雪で、昨年同様の景色が再現されて、幸せでした。(昨年も今年も直前の降雪のおかげです)。機会があれば、ぜひ、おいで下さい。
2006年03月11日 23:57
なんか、いつのまにか話が振られていた…(笑)。
さすらい人さんの体型ですかあ!?冬装備だと良く分からないです(^^;。だって着膨れてゴワゴワでしたもの!(私も含めて!)。
あ、うちのダンナは一緒にお風呂に入っているから知っているはず!聞いておきますネ♪

なんちって(笑)


さすらい人さんは私の中では白衣のイメージだったのですが、やっぱり山の格好でした。…って、山に白衣着てくるわけないんですけどね。
でも、体力はやっぱりバッチリでしたよ!私は会社のオジサマ方とも結構登っているのですが、ヘロヘロな方も多いんですよね。でも、さすらい人さんは違いました!最後はついていけませんでしたから(--;。
テントミータカさんはマラソン選手体型なんですねえ!羨ましい~!!
シゲゾは下半身デブ子です(涙)。こんなに登っているのに、なんで痩せないんだろう!?
2006年03月13日 00:25
しげぞう様、お忙しい中、お呼び立てして、恐縮です(笑)。やはり、さすらい様の実力は違いますね、プロのピークハンターですね。ぜーったい、テントミータカも、追いつけません。(しげぞうチームにも、追いつけませんが)。
しげぞうさんは、十分、山の女王ですから、下半身ぐらいで、何をおっしゃる???、(30代になると、結構、細くなりますよ。今は、気にしないで十分)