今年は残雪多し、ホソバヒナウスユキソウ咲く定番の山。

6/17-18奥利根の山(さあ、どこでしょう・・・、秘密!!!)

山頂付近、ホソバヒナウスユキソウ咲き始めてました。
画像


画像


林道からの××山の遠望
画像


快晴の初日、ブナ林
画像


林床にギンリョウソウ
画像


山中、例年に無く残雪多し、慣れた人でないと道を見失います。
(GW以来の雪上テント、例年ならここは笹海)
画像


燧ケ岳を遠望
画像


6/17午後、霧が立ち込める中の登頂(山頂の展望なし)。
チングルマ・ハクサンイチゲ・ヒメシャクナゲ、咲き始め。ここから先は入山規制期間中の為、進みません。

ハクサンコザクラも咲く
画像


往路の山中、イチヨウラン。
画像


イチヨウランのイナバウワ~
画像




この記事へのコメント

2006年06月19日 13:22
至仏山及び谷川岳付近に限局するホソバヒナウスユキソウ、その先登山禁止中というヒントによって、笠ヶ岳ということになりますね。
鳩待峠からしか歩いていないので、奧利根からも歩いてみないとなあ。
2006年06月19日 13:33
さすらい人様
こちらのコースは相当の篤志家向け、尾瀬の山の奥深さを実感できます。これまで、数組しか交差してません(今回は誰にも会わず)。今年は特に残雪が多く、7月以降にオススメします。熊の影も濃いので、お気をつけて。
2006年06月19日 15:35
ウスユキソウ・・エーデルワイスに似てるというこの花、名前を聞いただけでワクワクする花ですね(◡‿◡*)ポッ❤
ハヤチネ・・よりはやり花びらが細いのでしょうか?
2006年06月19日 16:55
やまおやぢ様
ハヤチネウスユキソウよりヒョロッとしていて、より可憐な感じの花です。背が高いので写真に撮りやすいです。早池峰も今時は残雪からナンブイヌナズナとチングルマが盛りで、ハヤチネウスユキソウはこれからでしょうか。ウスユキソウが盛りの頃はミヤマオダマキ・ナンブトウイチソウが多くて、意外と他の花の種類が少なかったような記憶があります。