20060715-16夏本番直前の南アルプス・北岳、花三昧の稜線巡り。

近年になく今の時期にしては長大な大樺沢雪渓
画像


早くも詳細アップ。定番でも、いろいろ新鮮な出来事がてんこ盛り山行。

関連記事・・・速報・花写真を見たい方はこちら
関連記事・・・花写真を見たい方はこちら

恒例の悪天の海の日、どこの山岳地帯も天候も今一、少しでもマシな北岳の花巡り。前日発、八王子から甲府昭和まで高速、通い慣れた県道で、芦安第一駐車場。三時間の仮眠。

H18.7.15、皆、朝が早い。新登山靴履き卸し。ここで、雨具忘れに気づくも、登山口の簡易ビニルコートでやり過ごすことに決定(大丈夫か??)。山梨交通のバス・ジャンボタクシー乗り場。二番バスAM5:40に乗り込み、床ザックで座り込み。満杯のバス車窓より、青空に間の岳の勇姿。鷲住山登山道、叢に埋もれる様、懐かしくも、広河原入り。

標高1300m、まず朝一の仕事はアルペンプラザで簡易雨具の購入。無事、頼りなげなレインコートを購入(500円)。定番のお土産品の他に、ガスカートリッジやアルファ米が定価で売られ重宝な売店。公衆電話がICカード衛星電話。テレホンカード使えず。外の臨時登山案内所にて入山届けを提出。稜線で自宅へ携帯からかける事とし、出発。県警車が乗りつける。

AM7:00発、針葉樹林帯。林床は笹藪が枯れきった茶色い藪、変な雰囲気。沢水流れ込む砂利混じりの登山道。水色の綺麗なコアジサイが群生。オミナエシは蕾が一斉に咲きほころぼうと直前準備中。まだ、花の開花には早い様子で、道も小沢、新緑が綺麗。強烈な日差しは夏そのもの。日焼け止めを塗りつける。

登山道が早めの左岸に付け替えられ、真新しい。続々と登山者が行くも、こちらは睡眠不足と車酔いでいまいち気合が入らず、頭痛。グンナイフウロ・ミヤマハナシノブが顔を出し、イブキジャコウソウはまだ咲き始め。大樺沢らしい花のお出迎えに、北岳入りを実感する。二回ほど仮眠を取り、体調を整える。切り開きの新道から旧道と合流、大樺沢へと高度上げる。

高度上げるほどに、花の量が増え、タカネグンナイフウロ・ミヤマハナシノブと久し振りの対面、嬉々とする。麓のイワオトギリ・ミヤママンネングサ・イブキトラノオもようやく数輪咲き始め。やはり雪融けが遅れ、花も遅れている。

開けた二股下からの大樺沢の雪渓が大きく、石転び沢や針の木雪渓の風格。夏でこんなに大きな大樺沢雪渓を見るのは初めて。でも、おかげで一気の登りで、八本歯にたどり着けそう、おもわずニンマリ。

AM9:30-10:00皆が必ず休憩、公衆トイレもある二股分岐の賑わいの様子に、もう少し下方の岩場で休憩とする。新登山靴調子もいい。振り返れば観音岳・アカヌケ沢のコルの山頂部が見える。
昨年の花が素晴らしかった丘に、花影なし。ささっと、雪道を詰めていくことにする。雪質が良く、キックステップも効く。快調に飛ばしすぎ、AM11:00標高2500m雪渓が切れた上部の岩場でバテる。ブヨが増え、弱めの虫除けスプレーで対抗。

タカネヒゴタイ・クロトウヒレン・イワオウギもまだまだ蕾すら無い、芽吹きの柔らかい萌黄色。サンカヨウがようやく開花。雪渓上部、最傾斜の斜度の岩場にて、北岳バットレス付近から岩登り隊の姿を垣間見る。最上部はガスがかかる。息切れの疲労にアセロラとプラム食べ、ようやく落ち着く。

名物の木の梯子へ取り付く。芸術的な梯子のお蔭で、足元不安なく、踊り場で休憩。あたり一面ガスがかかる。梯子はあえぎつつの登り。コイワカガミ・ツガザクラ・ツマトリソウが慰める。特にコイワカガミの北岳ならではの特筆の艶やかな赤に驚く。

PM0:30標高2600m天空へ抜け出て八本歯鞍部着。花と岩の別天地入り。雲が多くも、北岳山荘・間の岳・農鳥岳と主脈稜線開く。既にテン場に数張り有り。対岸の鳳凰三山、辻山から麓が良く見える。3000m級の高度で、汗がみるみるうちに渇いていく。
岩場にツガザクラ・イワヒゲの大株、ハクサンイチゲが谷間へと続く。チシマギキョウの芽が岩の隙間から生える。今年は芽吹きの群生を眺めるのみ。ハクサンシャクナゲ盛り。

トラバース道分岐までの岩と梯子の道。ここで、シャリバテ。登山道の真ん中で急遽食事をとる。

PM1:45標高2800mトラバース道分岐にて休憩。八本歯のコルも低く、ボーコン沢頭へ続く池山尾根が俯瞰できる。また冬に歩きたい稜線。北岳山頂は明日の移動日にとっておく。張り切ってカメラを調整し、花巡りのトラバース道入り。ぐぐんと花数増え、花一杯の登山道(トラバースコース)は、花と景色撮影で足が進まず。一面の群生お花畑が素晴らしく、見とれ、足が進まない。

ミネウスユキソウ・ミヤマシオガマ、岩場にオダマキ・ミヤマダイコン・コケモモ赤味が強いツガザクラ。北岳名物ハハコヨモギはまだ蕾イワベンケイとミヤマオダマキが最盛期と思いきや・・・チョウノスケソウやハクサンイチゲ・シナノキンバイクロユリ黄色と白のお花畑のベルト地帯が続く。・・・とまだ、登山道にキタダケソウが残っていた。。

他、シコタンソウ・ミネウスユキソウ・イワヒゲ・ミネズオウ・イワツメクサ・タカネツメクサ・ツガザクラ・ミヤマムラサキ・チシマアマナ・ハハコヨモギ・キバナシャクナゲ・イワウメ・オヤマエンドウ・ミヤマシオガマ・シロウマオウギ・イワオウギ・クモマナズナ・ミヤマガラシ・ミヤマキンバイ・ミヤマダイコンソウ・キバナノコマノツメ・タカネグンナイフウロ・コイワカガミ・ハクサンチドリ・チングルマ・クロクモソウ・タカネヤハズハハコ・ミヤマダイコン・ミヤマキンポウゲ・ニリンソウ・ミヤマタンポポ・クロユリがポツポツ。

タカナマンテマとシコタンハコベのポイントには、花影なし(まだ、早かったようで・・)。イブキジャコウソウ・キンロバイの蕾も固く、ここの花も例年より2週間遅れている感じ。北岳有数のお花畑堪能し、テント場・山荘へ向かう。尾根コースも人が沢山歩いている。
山荘手前、ハイマツの船窪地形にて、オヤマエンドウ・ミヤマシオガマ・ハクサンイチゲも開花したばかり。緑のハクサンイチゲが面白い。
画像


盛のチンクルマ・イワカガミ・ハクサンイチゲ・ツメクサ類も。

PM2:45花もテントも盛りの北岳山荘着。下段のテント場はライペンが多い。立派なバイオ公衆トイレ脇のいつもの敷地・隅に設営。北岳のトイレは綺麗で、テント撤収の時軒下が利用できるから便利で有難い。

出入り口から北岳見え、ご来光も簡単なテント位置。水場往復一時間の稼ぎはやめ、受付兼小屋で給水3リットル\300と自宅の水道で間に合う。後は、充分に休養。この後、続々と人もテントも増える。一年ぶりテント場のテント品評会。老若男女・単独からツアー客までバラエティ溢れる登山者の様子、既に、ここでは、夏山本番の賑わい。明日からの好天の望みも消え果て、明日は迷うべくもなく早期撤退・下山と決める。

就寝の夕方から霧、夜半から爆風と雨。レインフライが煽られはがれ(ピンと張ったのが災いした模様)、用無し。こんな台風並みの悪天候ではレインフライはタダのお飾り。やはりゴアライズ本体に頑張ってもらうしかない。連泊ならもう少し幕営体制も整えるが・・・幸いフライは飛ばされずテント本体の隅でくすんでいる所、重石を置き不貞寝。

H18.7.16
やはり天気の回復の望みなく、それでも雨は止み霧雨。起床・朝食。簡易レインコート開き始めから破けている、メイドインチャイナのレインコートの破け目にテーピング補修。腰周りに黒のゴミ袋でスカートをつけ、水没テントをたたみ出発準備。さすが北岳テント場、既に、半数のテント組は撤収出発済み。水浸しのテント一式と一日分余った食料の入ったザックを背負う。念入りに忘れ物の確認。

AM7:10発、尾根の八本歯分岐まで、霧雨と風強く、手袋の手も冷たい。顔に当たる雨粒が痛い。が、先に進むごとに風が弱くなり、風の通り道を通過したことを知る。軽装・縦走の交差者多し。雨風が弱くなれば、つい花めぐりで足が進まず。探す花もあり、シコタンハコベとチョウノスケソウ、いまや雑草に見えてきたタカネツメクサ・シコタンソウとミヤマシオガマ。オヤマエンドウ・ミヤマオダマキ。タカネマンテマ・シコタンソウの影も無し。ハハコヨモギも沢山咲いている。
AM8:00分岐点にて休憩。山頂へと取り付く人影多し。花の撮影も一段落、ここからは、真面目に山頂目指すはずも、花に捕まり、スローペース。登山道脇にキタダケソウがあり、嬉々として撮影。これだけでも、風雨に耐え、濡れネズミで頑張った甲斐がある。

AM8:40-9:00ようやく、櫛団子三兄弟の山頂3193m着。広い北岳山頂は風も弱く、多くの登頂者が休憩している。毎年訪れているとはいえ、今回はトピックス多く、順番待ちで山頂記念写真に納まる気にもなる。三角点は先日土台が補修されたばかり。ポンチョの外人さんも来る国際色豊かな、感動の山頂休憩後、肩の小屋へ向かう。

もう、これ以上登らなくてもいいと思うだけで嬉しい。体が冷えた今日は、小屋で暖かいコーヒーを頼もう。ここからも交差者多し、足元不安な岩稜隊での通過待ち数回。肩の小屋まで花多く、ハクサンイチゲ・キバナシャクナゲ・イワベンケイ。花好きには堪らない・・・が、風が強いので、立ち止まる余裕なし。

AM9:30-9:50標高3000m今日は青い屋根が頼もしい肩の小屋、休憩者多し。ブルーシートで雨宿りスペースを作っていてくれている。半分雪渓に埋まったテント場にテント数張り。受付でコーヒーを頼み(UCCインスタントカップコーヒー300円)、霧で過ごしやすい外の空いたベンチ、行動食と一緒に戴き、温まる。やはり夏のアルプスはテルモスがあると便利。

従業員も小屋主も気配りが良く感じのよい肩の小屋の様子に、財布の紐が緩み、Tシャツ購入(\2800)。

お腹を満たし、落ち着くと、テント場付近の花畑の探索。名物のキタダケソウ・クロユリ他はまだ開花が遅れ。残雪で、半分埋まったテント場は狭いが・・・肩の小屋のテント場の方が風当りが弱そう。充分に休憩もとれ、元気回復、次のお楽しみ、草すべりのシナノキンバイのお花畑に意気揚々と出発。ミヤマダイコンソウが満開の登山道、とうとう、甲斐駒も仙丈の姿なく小太郎分岐まで下降。ぞくぞくと続く登山者と交差。

AM10:45分岐から期待していた草すべりの花畑の下降。シナノキンバイ六部咲きの様相、でも、さすが、花の名所。暫く撮影に没頭。

真新しい踏み込み跡を辿り、花畑を見ようとする中高年女性にやんわりと注意するも効果なし。(あんたみたいな奴は来るな)心中で毒づき、彼女達から花を問われても相手にしない。ニリンソウ・ハクサンチドリもキンバイに埋もれるように咲く。ナナカマドの柔らかな緑と白い花が綺麗。

ここからは折り畳み傘も有効、装備を変え、夏服に戻る。相変わらず霧が濃く、写真は難しい。高度を下げ、シナノキンバイに混じりミヤマキンポウゲが増えてくる黄色い花畑。林床にマルバタケブキの蕾。独特のダケカンバ帯に入り、地味な森巡り。キバナノコマノツメが可愛らしく、不意にクロユリが残る。いつも通る白根御池のコースを分け大樺沢へ急下降が続く。

小雪渓を越え、ミヤマハナシノブ・グンナイフウロと再会すれば、沢音近い。長大な雪渓を半分利用。

AM11:50-12:00二股の分岐着。この雪渓下りで完璧にドルボちゃん浸水。雪渓の切れた岩場にて休憩。見上げる雪渓の上部は雲の中。休憩後、傘を差したり閉じたり、快調に下降。御池のコースよりも新道は下降には歩きやすく助かる。登りでは気づかなかった、クガイソウの蕾を見つける。

PM1:40広河原着。芦安へのバス時刻は、南ア林道の通行規制で13:30以降は16:00から。タクシーもバスも同じ。おっしい~、もう少し頑張れば間に合った。

二時間半のバス待ち時間の過ごし方は、様々な人間模様が見える。奈良田へ盛りこぼされた観光客。待合スペースで、おもむろに着替え、水場で全装備の洗濯に励む主婦。上半身裸でシャツの着替えは当たり前、公衆の面前でパンツをはきかえる白髪氏。コンロを取り出しコーヒー・ラーメンの自炊族(テントミータカを含む)。林道規制アンケートに記入する人。

それにしても、早々にバス乗り場のポール付近のベンチで、人をザックで押しのけて並ぶ中高年男性(上野駅型)や9人グループでザックを置きコンロでコーヒーを沸かし、場所取りならぬ順番取りに励む若者(渋谷駅型)、セコセコした輩にはあきれる。こうして、普段の生活を送っているのだろう。

さすが山梨交通、大量の下山者をさばくべく待機バスがずらっと並び、乗りこぼれる事があろうはずもない。出発一時間半前から、濡れて冷たかろう利用者の為に、バスに乗せてくれるし、立ち席が無いよう、バスの手配も無線でしている。続々と下山者が集合。立ち席もなく全員乗り、芦安駐車場行き4台・甲府駅直行2台、PM4:00定時発。

稜線見えぬ南アルプススーパー林道の乗客となり、最後の車酔いに耐える。
PM5:006割の賑わい、芦安駐車場へ戻る。荷物まとめ、慣れた一般道で甲府市内の温泉へ直行。

帰路は珍しく中央道・八王子まで。(いつもは、雁坂トンネルまたは大菩薩ライン柳沢峠越えで帰宅だが、今回は余りに疲れたので・・・)。山の行動食と初狩PAの美味しいうどんで腹ごなし、ここでは武川米のおにぎりが名物らしい。中野トンネルから小仏トンネルまで20キロ渋滞(通過に90分)で、十年ぶりの中央道の渋滞を体験。(テールランプの列が物珍しい田舎物のテントミータカ)。
画像

この記事へのコメント

2006年07月19日 00:13
雨具忘れたみーさんに親近感さらにアップのいっつもなんかしら忘れているおごにゃです。
2006年07月19日 09:52
おごにゃ様
駐車場にて一瞬、ゴアの雨具を買いに芦安から甲府市内へ戻ろうかと。時代遅れの者がオオボケでした。(でも、薄々簡易レインコートで雨の北岳山頂を歩いたのも凄いな~)。さすがに、こんな経験をするとたとえボロでもゴアの雨具の方が良いようです。
2006年07月19日 16:12
北岳は行った事ないけど(どこも殆ど行った事ないけど(^-^; )花の名所って聞いています。すっごい多くの種類の花々!いっぱい見たんですね~!(^-^) いいないいな。
天気が悪くても、これだけ花を見れたら満足(^-^)でしょ?(^_-)-☆
2006年07月19日 18:52
タカさ~んwwムーミン谷続編UPしましたよ~^^
後で見て下さいね~^^
北岳いいすね~^^大学1年初のアルプス体験で40Kgキスリング背負って初大バテ自信喪失経験したのが大樺沢大雪渓でしたね~〓■●_バタッ
2006年07月19日 19:15
やまおやぢ様
サンキューです。ばっちり、秋田駒・ムーミン谷界隈の記事、拝見させていただきましたよ!!。これで、がんばって出かける気になります(隣の山ですが・・)。今週が、梅雨の北東北山巡り最後になって、来週から、スカッと、晴れてもらいたいものですね。
2006年07月22日 11:01
北岳レポ、じっくり拝見いたしました。やっぱりお花がいっぱい、いいですね。私は北岳は夏に一度登っただけなので、ぜひ行ってみたいです。今年も7月初旬に行く予定だったのですが、天候がダメで断念してしまいまして・・・とても残念。いつかまた計画しようと思いました。
それにしてもフライが飛んでいかなくて良かった☆
2006年07月22日 14:29
しげぞう様
北岳は初日さえ頑張って登ってしまえば、あとはお花天国ですから、毎年一度は必ず行く山です。最近は北岳だけでして(恥)。マンテマ・キタダケソウとか、お目当ての花と対面できれば、それで幸せですね。間ノ岳から塩見を繋げたいのですが、何時になるやら・・・。フライがはがれた時は飛んでいったとばかり、がっかりしました(飛ばなくて良かった)。ゴアライズにマジックマウンテンのレインフライを使っています。近年の裾の短い純正品はどうも気に食わなくて・・・。