今年の白馬は残雪多し

20060728白馬岳界隈・大雪渓~村営テント場退却。村営宿舎泊


7/28、霧雨。

閑散とした猿倉の駐車場。

白馬尻小屋手前から残雪あり。
白馬尻下からの長大な大雪渓。小屋の脇から大雪渓へ乗れるほど。

画像


画像


霧雨の中、時折の落石の音を聞きながら、葱平の島を目指します。

ヘリが数回近づき、再接近し、その風圧で差していた傘が破壊。
葱平にて怪我で歩行不能者・救助要請の為の救助ヘリ、救助の方が降りる為と知りました。


葱平の花はやや遅れ気味ながら、テガタチドリ・ハクサンイチゲ・ミヤマキンポウゲ・クルマユリ。
画像


平日の悪コンディションでも、それなりに多くの方が入山しています。

豊富な残雪の小雪渓のトラバース
画像


画像


頂上村営宿舎テント受付にて、テント場のコンディション最悪の説明を聞くも、幕営申し込み。
テント場、暴雨風雨。先着一張りの幕営者も撤去を検討中。

幕営作業二時間(中でテントを支えつつなんとかくカップラーメンを作成・食す)。

テントの高さ三分の二までも石積で城壁作るも、予想以上の暴風雨(台風並み)。
ここのテント場は乱気流で強風が巻き上がり、今回は特に悪コンディション。

テントポールが曲がり、生命の危険を感じ撤退決定。手は凍え、歯の根が合わない震え(さすがに、標高2730mは冷えます)で、テント撤収、トイレの出入り口で荷持をまとめ、村営宿舎に素泊まりに変更(6200円)。

※のちにテントポールを確認すると中央部一本、明らかに変形。(組み立て時、約15度の曲がり)。最新式スカンジウムテントポールでも、曲がる時は曲がるようだ・・・・。(旧型イートン社の黒いポールなら45度以上か破損しただろう・・・)。

               上側のポールが曲がったもの
画像


15年ぶり、奥黒部ヒュッテ以来の北アルプス営業小屋泊。一部屋32人のカイコ部屋に4人と空いている部屋(ご来光の間)。素泊まり料金の高額な事と居心地の良さに「今浦島の気分」。

着替え・寝袋と布団で休憩仮眠。落ち着いてから、乾燥室へ濡れ物の持ち込み。
下足場脇のベンチにて自炊(もちろん暖かいラーメン)、相変わらず外は雨風収まる気配なし。

風邪薬を飲み熟睡。


この記事へのコメント

輝ジィ~ジ
2006年07月31日 18:54
難儀されましたね!ミーさんほどの方が…余程凄まじかった様ですね。
村営小屋3回ほど泊まりましたが、素泊まり料金高いですね~、28日は小生 岩手からの帰りの最中で東北道雨が酷かったです。全国的に悪天候だったんですね。あんまり旨く表現できないけど、ミーさんが白馬アレッと思いました。花狙いでしょうか?
2006年07月31日 19:18
輝ジィ~ジ様
台風並みです(風速20m以上)、噂には聞いていましたが、これほどとは・・。白馬大池でも凄いそうです。やはり森林限界を超えてるってこういうことですよね。てっきり素泊まり料金4500円と思い込んでいました。(月日の経つのは早いものです)
花狙い・・・大当たり。毎年の定期観察及び小日向コル付近にミズバショウが残っていると聞いては・・行っちゃいましたよ。次記事をご参照下さい。
2006年07月31日 20:30
白馬、ほんの1日2日違っただけで大荒れだったんですね。しかも大雪渓の雪の多いこと!昨夏に登っているので、白馬尻の雪の多さに驚きました。お疲れ様でした。
それにしても、アルプスの稜線上の風はハンパないですよね。私は学生時代に北海道でテントがぶっ壊れたことがあり(正確に言うと破れて修復不能になったのですが)、それ以来、「こりゃダメだ!」ってときは積極的に小屋に泊まるようにしています。裏銀座を縦走したときは、テント担いで一度もテントで寝ずに縦走しちゃいましたから~(笑)。
こんなに諦めが早いのも考えものですが(汗)。
2006年07月31日 22:52
こんばんわ

一月ほど前に行ってきましたがまだまだ雪多いですね~ 記憶に新しいので懐かしく拝見いたしました 私のときも稜線の風はかなりひどかったです‥ 
2006年08月01日 10:42
しげぞう様
さすが、テント破損経験者のコメントは違いますね。こちらも布地がいつ破れるか冷や冷や物でした。やはり、雪のブロックと違って、その場で作り始めた石の城壁では無理がありましたね。テント泊と旅館並みの営業小屋泊のギャップが大きくて、ちょっとカルチャーショックでしたね。(だって狭い乾燥室にザックまで干しているんだもん・・・)

あき様
梅雨明け宣言後が一番無難です。(寝袋だけの野泊で過ごせます)。残雪の氷化部分が多いので、それなりに雪渓歩きは気を使いますが、おかげで、歩行距離が短くて楽でした。
sanae
2006年08月01日 16:18
思い出します。台風でテント設営どころではなくて、やはり小屋に逃げ込みました。素泊まりでしたが食事つきが豪華で眺めてました(笑)
テントポールは北海道で折れましたがあれも凄まじかった~!
テント内に二日間閉じこもっていましたけど、閉口でしたね。
白馬と言えば土砂災害は昨年でしたか・・?今年は多いようで、白馬なれている人でも毎年状況が違うということですね。
いつか天気のいいときに歩いてみたいものです。
2006年08月01日 19:06
sanae様
わおっ、sanae様もテント破損経験者!!。やはり只者ではありません(笑)。昨年、ソロ・テント泊のとき小屋に二食を頼んだんですよ(小屋のご飯もずいぶん良くなりました)。今回は逆パターンで・・。

テント内に二日間閉じこもるのは平気ですが、テントが壊れるのは出費が大き過ぎます。(今のテント、後5年は頑張ってもらいたい・・・)。

濃霧雨の雪渓歩きは、怖かったですよ。たまに脇の山肌で落石の音がしていましたから。ヘリの風圧で、雪渓の石が、落ちてくるんじゃないかとハラハラしましたら、傘がブチ壊れただけで済みました。