11/9飯豊の展望台、大境山

H18.11/9今日の快晴を予告する朝霧の中、
山形・小国町「大境山」登山口、中田山崎の酒屋さん前バス停を目指す。
今回の山、登山道の詳細をお知りになりたい方は、さすらい人様のHP、http://iide.hp.infoseek.co.jp/をご参照下さい。私も参考にさせていただきました。

酒屋さん先の道路の広くなったところへ路上駐車。

AM7:10熊鈴つけて出発
          今回初めて気づいた、飯豊通岳路沿いの立派な登山口・案内板。
画像

画像


AM7:30杉の植林・用水路沿い、最後の道標
画像


要所要所に、赤テープあり。やや藪が濃い箇所があるも(飯豊朝日経験者なら)迷うほどでもない。

泥濘の多い湿地・小沢を越え、一汗かかせる急坂、幅広の緩やかな道に変わる

              落ち葉でフカフカの登山道、朝霧が晴れ始める
画像


画像


すっかり落葉しきった急坂を詰め、AM9:00、「859ピークの肩」着。

                新雪の飯豊・朝日連峰の展望に元気づけられる。
画像


画像


             ようやく大境山らしき山容が見えてきた(遠そうだな~)
画像


背丈程の笹深い道筋、トラバース気味に一旦鞍部へ下る。

AM9:30山頂直下の水場の沢にて、最近マイブームの大福餅にて補給・休憩。

ここから飯豊の展望を励みに、夏山モドキの大汗を滴らせ、潅木と片側がすっぱり切れ落ちた尾根の急坂を延々と登る。

昔は池塘と草原の山頂部だったそうな、今は、池塘が一つ、潅木も多い山頂部。だましピーク二回の後、無事、大境山山頂着。

AM10:40-11:40貸切りの山頂。暑いけど、ドリップコーヒー・味噌汁で暖かい昼食
画像


              粟島と佐渡と新潟東港が見えたので、今日は好展望と知る。
画像


画像


画像


画像


画像


他に、弥彦・角田、磐梯山・吾妻・蔵王・二口山塊と、遠望が利き、恵まれた眺めでした。

存分に山頂でゆっくり出来、満足し、帰路につきます。

                     玉川対岸、黒石山・大鼻山・南鼻山
画像

                このモコモコブナ模様を見る事も、今回の山行の重要な動機
画像

                      秋色深い長者原集落
画像


            再びの幅広登山道、モミジがとても綺麗でした。

画像


画像


画像


画像


酒屋さん近くで、下見らしき女性と会話

PM2:10駐車地点着

山中誰にも会わず、山頂で報道ヘリらしきヘリコプターが低空飛行

テントミータカ、意外と秋にこの界隈に来たのは初めてです。ここがスラブとモヒカン地帯だと、今回初めて知りました。端の山ですが「飯豊はいいで~」と言わせて下さいネ。

この記事へのコメント

2006年11月13日 22:10
いや素晴らしい!(スタンディングオベーション)
この山の一番旬な時期に最高の条件で立たれたのでは。あの酒屋さんはチェック済みで、枯れがれとして、かつ、飯豊の稜線がうっすら白くなったころ、、とねらってはいたのですが。飯豊から見る朝日は逆光になりがちですがきれいに見えるんですね~。まだ今年行くチャンスあるかな~?
2006年11月14日 09:38
おごにゃ様
わ~い、「飯豊の人」から、お褒めいただいちゃった!!!。平日山行なので、ブ~イングだろうな・・・、と思っていました。さすらい人様の10/28の記録を見て行く気になった訳です。越後屋サンも同日、御影森の初雪山行ですし。この日の為に、車が故障したのかな?とか、ポジティブに考えられました(笑。
 今回は、飯豊の主脈稜線がモロ逆光で、撮影し難かったです。まだ、まにあうと思うので、好天さえ掴めば、長靴で行くことをおススメします。(泥濘多いし~)
2006年11月14日 15:42
「大境山」は山仲間が行ったとの報告を以前に聴き、飯豊へ行く時に通るので、いつか行きたい!と思っている山です。
詳しい報告に感謝です!
それにしても方々、隈なく歩かれていますネ(@_@)
さすらい人
2006年11月14日 15:46
天気に恵まれて良かったですね。大境山は、登山道があるにもかかわらず、ほとんど登られていない、穴場の山です。飯豊は、その回りを取り巻く端山が魅力を増していると思っております。やはり大境山は、飯豊の主稜線に雪が積もった時期が良いですね。例年なら、私が登った頃に、紅葉と新雪の眺めを楽しめたはずです。
テントミータカ
2006年11月14日 17:49
いつもコメント戴き有難うございます。

noritan様
どういたしまして、溜まった山リポート、禁じ手の写真多様で、記事アップしてしまいました。詳細は、さすらい人様の記録の方が、ずうっと、懇切丁寧で判り易いですよ。藪がやや濃いので、落葉しきった今が旬のようですね。ほかに行きたい山は、他に蒲生岳と徳網山です、今年は間に合うかどうか?。

さすらい人様
 お世話になりました。おかげさまで無事、山を堪能できました。良き山・適期をご紹介下さり、有難うございます。ネットでこうして交流をもてるとは、ブログを開設して良かったと、感慨深いものがあります。
かに座星人
2006年11月19日 21:15
始めまして、50年代に地球に土着したかに座の宇宙人です。昨日、テントミータカしゃんの本ブログを参考にしながら大境山に行ってきました。酒屋さんから望む稜線の雰囲気は積雪の状況もさほどではなかろうと、たかをくくって歩き始めました。ところが720m台地を越えると新雪が出始め、県境尾根から山頂に近くなると60cm以上の積雪があって驚きました。下山は、ガスのなか心細い思いをしました。今年の秋は暖冬気味がと感じていたのでアイゼン、冬用の手袋も持たずに出かけたのですが反省することしきりの山行になってしまいました。
2006年11月19日 23:17
noritan様
今日は蒲生岳の予定でしたが、柳津町の飯谷山に変更しました。峠道も雪が残っていますし、来年かな~、蒲生岳。

かに座星人様
こちらこそ、当ブログをお引き立て戴き有難うございます。詳細な記録でないので、写真ぐらいしか参考にならないかと・・・。新雪の中、歩かれたのですね。凄いですね、かに座星人は山の達人とお見受けしました。あの笹や藪が雪で倒れると、さぞや、難コースとなられたのではないでしょうか?。残雪の頃なら、また行って見たい山です。
2006年11月22日 22:29
今年は、雪が降ってもどういう訳か活性化しています。blogを作成しましたので良かったらご覧ください。と、格好良いことを言っても未だプアな内容ですが、デヘッ☆