H18.11.23新潟の里山、刈羽黒姫山

                    黒姫山頂・鵜川神社前、三十三観音像
画像


今年の5/16、磯の辺コース、キャンプ場からの刈羽黒姫山890mが車道工事通行止めで、進入不可で諦めました。今回、改めて出直すこととなります。まだ、磯の辺コースは日中の通行止め規制があり、折居へ廻る。

※山行参考書「新にいがたファミリー登山」
コースタイム登り2:30分下り1:30分

11/23曇

関越道・六日町インターから十日町・高柳町~柏崎市・折居集落入り。
                          黒姫山の案内板があり、迷うことなし
画像


登山口農道手前駐車場入り。ススキの穂も終盤

計三台駐車
画像


AM9:30発(真面目に歩いていないのでコースタイムをご参照下さい、)
画像


登山口農道からの畑、ほおずき、トマトの終わりの赤い実
画像


「黒姫山参道入口」標石から小さな鉄橋を渡り山道入り
画像


                       山道の歩き始め、谷間にモミジの紅葉残る
画像

画像

杉植林と雑木林の緩やかな登り

                          ネジリンボウのイヌブナ
画像


登山道の整備完璧、豊富な落ち葉で滑りやすいところ有り

ユキツバキ、イワカガミ・カンアオイ・シュンランの葉多し

AM11:00中間点、鶏冠嶺(とさかづんね)592mで、展望が開ける。(ここから上部は天然林)
米山・尾神山・日本海・佐渡

                               米山
画像


目指す黒姫山の様子は落葉しきったブナの白い枝振りが面白い模様
画像

画像


ヤセオネに忠実な道が続く、ロープ・鎖場・岩場有り。通過に緊張する。
画像


                     おびただしいイワカガミのつやつや葉っぱ
画像


先行の地元ハイカーご夫婦、早くも下山
山中、他に誰も会わず

落葉しきったブナ林から空が抜け、こじんまりとした山頂避難小屋広場着
画像

画像

画像


                           山頂石祠・不動明王に参拝
画像


電波中継所を通過、鵜川神社へ少々の緩い下り

三十三観音石仏(米山・水野口を彷彿)もあるし、鵜川神社一帯の広場の方が気持ちが良い。
画像

画像

画像


落書きでビックリする神社内に、黒い神馬木像(おおっ、しげだんサン!!!笑)
画像


眼下に磯の辺集落

AM12:00-13:00ここで(神社の石段)、現地調達きのこ追加の長葱・豚肉入り、豪華煮込みホウトウの昼食
画像


再び山頂経由、下山中、ようやく、米山の左に白い妙高が浮かぶ

PM2:30登山口駐車場着

※次回の刈羽黒姫山は白倉コース往復で歩いてみたい。花時に歩いてみたいですね。良い山でした。

下山後移動、三条市の岳友と懇談後、村杉のさくらんど温泉にて入浴、翌日からの粟が岳一泊二日の為、麓キャンプ場駐車場へ移動。










この記事へのコメント

2006年11月27日 20:13
ミータカさん 今晩は。  今回は大分ノンビリとした登山のようでしたね。ミータカさんの行く所は、全部良い山に見えてしまい、私も行きたくなる山ばかりです。新潟を始め越の国や東北の人は信仰が深いのでしょうか。三十三観音像も不動明王の像も歴史を感じる素晴らしい顔をしていますね。
2006年11月27日 21:25
インレッド様
いつもコメント戴き有難うございます。
なんのなんの、一番短い「磯の辺コース、登り1:30」に未練を残しつつ、こちらから登ったヘナチョコモード全開のハイクでした。苔むす石仏、いいですよね~。また、米山に劣らず山中の植生が豊かで、「白倉コース」からも、歩いてみたくなりました。
2006年11月27日 22:57
こんばんは
刈羽黒姫山の記録とても興味深く拝見しました 米山、八石山は多々登っておりますが、ここは地元ながら未踏なのでいつか機会を見て登りたいと思ってます 
2006年11月28日 06:17
いいですねぇ、晩秋の里山。
季節感と歴史情緒あふれる道。
落ち葉のじゅうたんとお地蔵様・・・
いい雰囲気ですね。
2006年11月28日 08:36
刈羽黒姫山・・こっちの千m位の山と雰囲気が似てますね~。
ちょっと暖かい分、紅葉が少し残ってますね。
私も今度は見習ってコンロ持って行ってスペシャル鍋でも作ろうと思ってます^^;
2006年11月28日 10:52
この山、明日登る予定なんですよ。
降らなきゃ良いですけど・・。
テントミータカ
2006年11月28日 15:50
皆様、いつもコメント戴き有難うございます。

あき様
へ~っ?、いかにも灯台元暗しですかね(笑。
山頂部まで林だし、味気ない電波中継物が立っているし、晩秋か残雪時には展望が良い山ですよね。以前(残雪時)歩いた時は、三十三観音像が雪に埋もれていたので、今回、私も初めて観音様を見たりして・・・。このような里山が意外と面白いものです。ぜひ、歩いてみてくださいな。

よしだ様
里山とはいえ、歴史もあって、日本海も望むいい山ですよね。また再訪したい山です。植生が豊かで、こんな山を歩くと新潟の山はホントいいな~と、北関東の人間は思いますです、ハイ。
テントミータカ
2006年11月28日 15:56
やまおやぢ様
植生が豊かな里山ということでしょうね。米山も山中はこんな感じだし。次回は花めぐりで歩きたいです。今時のキノコなら虫食いも少ないし、簡単に収穫できますから、小春日和・陽だまりの山頂でキノコ入りの鍋とかうどん、とても美味しいですよ~。(ひとりごと)次回は鍋焼きうどんにしよう・・・(、夏の新潟の岳人は焼肉ですからね)

山いろいろ様
山頂部、雨よけの小屋が二箇所ありますから、安全に休憩出来ますね。天気が持ちますように。