H19.5.16、アカヤシオの花見第二段。折場口からの前袈裟丸山往復

H19.5.16、アカヤシオの花見第二段。ネット接続不良にもめげず前夜発。折場口からの前袈裟丸山往復。見頃のアカヤシオで、山頂の展望も良く、ピンクの花見撮影ハイク。

速報記事は こちら

三週間後のシロヤシオ・シャクナゲ・ユキワリソウの花見山行
小中口~後袈裟丸山・八反張の記事はアカヤシオの前袈裟丸山の記事は こちら


画像

*************************************

(「群馬の山歩き130選」より抜粋)

 足尾山地から日光白根へと群馬・栃木県境を2000m級の稜線が南北に走っているが、その南端に位置するのがこの袈裟丸山である。一等三角点のある前袈裟(1878m)から、後袈裟・奥袈裟と続く長い頂上稜線は、関東平野からも赤城山の右手にその姿を望むことができる。

 山頂への道は変化に富み、鹿にも出会える自然の豊かな登山道である。静かな山頂からは南西の赤城山、その右の浅間山・左の西上州・八ヶ岳・秩父方面の展望がよい。晴れていれば遠く富士山まで望むことができよう・・・


*************************************

2007(H19) 5.16(水) 晴れ

(行程)
みどり市東町(旧東村) 折場口(弓の手)コース・賽の河原・小丸山・前袈裟丸山

前夜のネット接続不能で3時間の時間ロス。夜遅く出発。途中、車中泊、仮眠。
折場口への林道、ヤマツツジ・ミツバツツジ咲き始め。

駐車場に近郊県外№車三台。団体様10名ほど先着入山。駐車場より白い富士山が見える。

朝食・登山準備中にも、駐車場に車が続々と増える。


AM6:15標高1210m出発、新緑の登山道入り口。
袈裟丸山「弓の手線」登山道案内板。関東ふれあいの道「寝釈迦の道」案内板。
東村「八反張通行止め」注意書き看板

画像画像
















階段が歩きにくい急坂の取り付き。谷間に咲き始めのシロヤシオ・トウゴクミツバツツジ

シロヤシオ
画像


キビタキ・ウグイス、さえずりが賑やか。

AM6:40標高1325m袈裟丸山が見える展望台。伐採作業林道が山腹に延びている。
赤城山の左に奥秩父北部・両神山・八ヶ岳が見える。

AM6:45標高1385m、ダケカンバ・シラカンバの幹

画像画像





















AM7:00標高1490m、待望のアカヤシオが出てきた。カラマツの新緑。ピンクのアカヤシオ、青空に映える。

画像画像





















花をよく見ると蕾もあるが縮れて枯れているものもある。ここ数日の強風と雨で痛んだものだろうか。蕾が落ちている。

三脚を担いだカメラマンの姿も多い。普通の登山者は足が速い。袈裟丸連峰がよく見える。

画像画像

















AM7:25「賽の河原」標高1530m、分岐から寝釈迦コース200m先の避難小屋を見学に寄り道。
画像


谷間のアカヤシオ、こちらは傷んでいない。

AM7:40賽の河原へ戻る。

先へ進む。登山道両端ピンクのアカヤシオ。樹毎に花の色に濃淡があり面白い。
ノンビリ撮影しているので、どんどん追い越されていく。

画像画像



















画像画像















画像画像
















AM8:15標高1600m小丸山への笹の坂。赤城山。山肌にアカヤシオのピンク点在

画像画像
















AM8:55-9:05標高1685m小丸山山頂。足尾・日光の山がよく見える。
皇海山・鋸山・庚申山・日光白根・錫が岳・男体山・半月山・前日光高原
画像画像














画像


AM9:15標高1615m黄色い避難小屋広場通過。
笹原を緩くトラバース。目前に前袈裟丸山・奥袈裟丸山が迫ってくる。荒々しい山肌。

数日前から入山、行方不明者の捜索ヘリが飛んでいる。

いよいよ前袈裟丸山への急坂

シャリバテ気味なので、団体に追い抜いてもらいつつ、日光・足尾の山並みを愛でる。
画像画像
















このコース最大の急坂、日光の山並みの荒れた道。谷間に残雪少し。

AM10:00標高1820m山頂笹原の肩着。枯れ木のオブジェ

画像画像






















AM10:07前袈裟丸山山頂1878m着。奥袈裟丸へ向かう人が多し。
画像


木の枝越し切り開きから国境方面に展望あり。白砂山・苗場・谷川連峰・上州武尊・笠・至仏山

画像画像















画像画像
















自分は、今日はここまで。昼食休憩。
奥袈裟丸山のほう、先ほどの捜索ヘリがスピーカーで遭難者を捜索活動中。

AM10:45標高1878m、山頂発。
復路を戻るが、小丸山のトラバース道を使い、山腹のアカヤシオを楽しむ。

まだまだ、ここをめざすハイカー多し、交差・挨拶が絶えない。

AM11:20黄色の避難小屋脇にて休憩。後、小丸山トラバース道へ向かう。アカヤシオ七部咲き。

画像画像





















AM11:45標高1600m尾根道と合流

AM12:00-12:50賽の河原手前の見事なアカヤシオの枝の前で休憩・撮影

画像画像















画像画像















画像



カラマツと苔の原、通過
画像


PM1:15標高1540m賽の河原通過。PM1:25「弓の手尾根」下降

袈裟丸連峰遠望。緑の尾根、コガラ二羽のランデブー。トウゴクミツバツツジと再会。

PM2:09標高1210m登山口、満車、路肩に溢れた駐車場着。

画像


「水沼温泉駅」500円入浴、佐野ラーメン「おぐら屋」(ラーメン・ギョウザ)経由、夜帰宅


渡良瀬渓谷鉄道・水沼温泉駅、関連HPは こちら

佐野ラーメン・おぐら屋、関連記事は こちら

この記事へのコメント

赤鬼
2007年05月18日 06:52
3年位前に登ったことがある。後袈裟丸まで行ってきた。愛子さまの
御しるしのシロヤシオが花盛りだった。前の日に備前山に登ったが
つまらなかったよ。
2007年05月18日 10:42
赤鬼様
いつもコメント戴き有難うございます。
 がんばって、後袈裟丸まで歩かれたんですね!。シロヤシオ満開の時ですか、私も見てみたいですね。
 備前楯山も結構、展望が良いし、小さい山なのでノンビリ歩けていいところですよ。銀山平から歩くと舟石峠まで、人の住んだ跡が、郷愁を誘います。
2007年05月18日 20:00
 アカヤシオ、シロヤシオきれいですね。
アカヤシオの写真の数だけミータカさんから感動を分けて貰いました。
これでもかこれでもかとアカヤシオが迫ってきて、今晩はこのピンクの花でうなされそうです。
この山、頭の中にしっかりインプットしておきます。いつか行ける日を夢みて。
まゆ太
2007年05月19日 11:09
青空にピンク色がはえますねー。
袈裟丸山、行ってみたいお山ですが、なかなかそのチャンスがなくて。
今年はほどほどということですけど、十分きれいですよー
2007年05月21日 11:27
いつもコメント戴き有難うございます。

甘納豆様
花の写真、喜んでいただけたようで、光栄です。カメラに撮らされている未熟な写真なんですが、感動が伝わったようで、嬉しいですね。ぜひぜひ、機会を作って、おいで下さいまし~!!!

まゆ太様
三年前の大当たり年が、想像を絶する満開で、珍しい位。私も例年並みで充分、綺麗だと思いました。百名山が終わったら、花見にノンビリ歩きでおいで下さいね。
2007年05月22日 01:17
ああっうれしいなぁ
新緑が増えてる。シロヤシオ咲いてる!
一週間足らずでここまでどんどん変わって行くんですね。とっても素敵。テントミータカさん教えてくれてありがとうございます~
あのカラマツ林もまだはっきり覚えてます。私が行った日はまだ新緑の芽がほとんど出てなかったんですよ。

展望も最高だったみたいですね~
あーこんなに一杯かっこいい山達が見れたんだなぁ。
いいなーーーっっ くくぅ残念…
ヤシオツツジたくさん咲いてますね。いい時に行きましたね!さすが人気の山だということがミータカさんのレポを拝見してるとよくわかります。
2007年05月22日 14:48
プカプカ様
ようこそおいで下さいました。一週間でもずいぶん様子が違ってきますよね。これから、シロヤシオや石楠花も盛りになるようです。チョットコースを変えれば再訪も楽しいですよ。平日のすいた時に歩かれるプカプカ様なら、また、次も素敵な感動が得られると思います。