H19.4.30、大展望リベンジの新潟・高倉山。展望と花見の日帰り山行、詳細。

GW前半最終日、今日も昨日に引き続き暑くなりそうな空模様。昨日の山行で日焼けした顔が、ヒリヒリしている。南魚沼市(旧六日町)、三国川ダム(しゃくなげ湖)手前「高倉山1143.7m」を目指す。
十数年前、行った時は展望がなく、残念な想いを残した山でもある。
画像

単調な登り一辺倒の山(登り3:00・下り1:40)なので、時間をかければ難しくはないだろう。
登山道途中の看板がなくなったという「象のキバ」も見てみたい。


速報記事は こちら

************************************

前日は魚沼市・小出にて、さすらい人様と合流し、快晴の空の下、豊富な残雪の銀山平・石抱橋―赤崩山―日向倉山(往復)を楽しむ。

日向倉山山行詳細は こちら


2007(H19)4.30(月)快晴

関越道を通勤割引を使って小出から六日町インターまで。

山麓は花と芽ぶきの土沢の集落から、鄙びた別荘街を抜け、細い簡易舗装の道、最終地点へ乗り入れる。「中の峰新道」立派な石碑前の広場は車二台程しか置けない。

AM8:00標高410m を出発。

細い砂利道車道歩き。
画像画像
















黒々した大割山1120m・大兜山1341mの奥に白装束の巻機山1962m、雪が残る金城山1369m。

AM8:20砂利道車道終点、車5・6台は置けそうな広い駐車広場は展望が抜群。

標高510m スミレ類が見頃で、急ぐ足を止め写真撮影。
小沢の渡渉、付近の花、ネコノメソウ・チャルメルソウ、タチツボスミレ群落、オオバキスミレ
画像画像






















画像画像




















枝越しに巻機が大きいシロナガスクジラのように青空に浮かぶ。

赤いイカリソウ蕾、イワカガミ蕾、シュンラン
画像画像




















AM9:00後続の新潟夫婦に、抜かれる。
AM9:15標高640m ヤマザクラ・タムシバが綺麗

AM9:30標高715m「入道ブナ」
画像画像





















ルリビタキのさえずりが賑やか

AM10:00標高830m イワウチワ群生
画像画像
















AM10:05「六合目」

画像画像




















AM10:30標高975m「八合目」、ようやく登山道に残雪

親子連れに抜かれる

暑くて汗が滴り落ちる

赤いイワウチワ、マンサク
画像画像





















AM10:45標高1040m 「9合目」山頂が見える

残雪が多くなるが、岩場の通過は雪なし、支障なし。

画像画像














AM11:00標高1125m「めおと松」

岩場のトラバース
画像画像



















画像


AM11:15「高倉山山頂」標高1143.7m 着。
先着4人の山頂。

あまりの暑さに山頂ラーメンは取りやめ、付近の雪でテルモスの紅茶割り。
行動食・果物・水で、山頂の展望を愛でる。
金城山~巻機1962m~ネコブ山~丹後山1809m~兎、目前の阿寺山1509m・八海山1778m、苗場は霞でようやく確認。
画像画像














画像画像















八海山が目前、ゴンドラが動く。ロックフィルダムのしゃくなげ湖。

AM12:30、山頂記念撮影後、下降。
画像画像
















AM12:45標高1120m、木の根掴みの下降はやや緊張する。


PM1:00標高980m 、ガクの赤いマンサクと黄色いマンサク。

赤いイワウチワ、雪融けの登山道の土壁にショウジョウバカマ

オオカメノキ芽ぶきは、兎の耳から象の耳へ変わる
画像



PM1:20山腹に転がっている「象のキバ」看板を見つけ、拾いにいく。
ブナの木に象のキバ看板を取り付け。
実物のブナ大木は登山道のど真ん中にあるが、、看板が落ちて暫くそのままの様だったらしい。
画像画像





















PM1:30「入道ブナ」通過

オクチョウジザクラと再会
画像


今日の日中、開花したばかりのタムシバの花が綺麗
画像画像





















PM1:45「五合目」通過

                    オオカメノキも花咲く
画像


PM2:30標高500m 車道終点。薄茶色のカヤに薄い紫・白のキクザキイチゲが花咲く。

PM2:40標高445m 「高倉山中の峰新道」記念碑のある駐車地点へ戻る。

結局今日の「高倉山」は入山者6人という静けさに満足。


荷物をまとめ帰路に着く。

大月トンネル手前の集落から、望む、高倉山。

越後湯沢温泉・共同浴場にて入浴。さすがに連休とあって、混雑している温泉。

北関東の田舎に帰るのだから、大した渋滞にも巻き込まれず。
近所の290円ラーメンの夕食、無事帰宅。

この記事へのコメント

2007年05月09日 19:31
ミータカさん 今晩は
今頃はこんなに花があるんですね。私は岩場の方から山頂に
行き大変怖い思いをしました。
2007年05月09日 19:42
インレッド様
いつもコメント戴き有難うございます。

>私は岩場の方から山頂に行き大変怖い思いをしました。

・・・って、お伺いするだけでも私も怖いです。道がなかったのでしょうか?。お花、多かったですよ。でも、昔のヤマケイの紹介記事の記憶に寄れば6月頃は「ブド」という虫が多いので要注意との事。同時期、行った時は、やたらと青虫がぶら下がっていました。虫除けセットが欠かせない季節になりましたね。