白馬、山遊び詳細、8/14白馬頂上テント場~三国境往復

2007(H19)8/11-15、白馬テント四泊五日間の山遊び

四日目詳細 

※白馬入山四日目にして、ようやく白馬岳2932m登頂???。
主脈稜線の涼しさに、当初予定の三国境2504mピーク先から雪倉岳の暑そうな尾根へ回れませんでした。
・・・まあ、いいか~、雷鳥も見られたし。写真撮影主体の滋養保養山行だし~


速報はコチラ
初日詳細はコチラ
二日目詳細はコチラ
三日目詳細はコチラ

※主脈分岐から三国境・鉢ガ岳手前2504mピークまで往復の標準コースタイム、行きが1:00戻りが1:30です。

写真撮影のんびり歩きなので、テントミータカの参考にならない行動時間ですが、一応・・・、

AM7:30テント場発、AM8:45白馬岳山頂2932m、AM10:30-11:15鉢ガ岳手前2504mピーク、PM2:45テント場着

                   ※テント場の花畑、ウルップソウとハクサンイチゲ
画像




8/11のテント場の大賑わいをピークにだんだん、入山者が減っています。白馬稜線。


                 今朝も富士山が見え、南アのシルエットも
画像



北信五山、越後三山・日光白根もみえる、山並みが屏風の眺め。今日は白山・能登半島も良く見える。

             ・・・焼山が気になる。虫倉山と一夜山チェックも忘れずに・・・
画像





                         おはよう!チシマギキョウさん
画像



                         おはよう!イワギキョウさん
画像



                           おはよう!イワツメクサさん
画像




白馬山荘で休憩、ちょうど夏山短期アルバイトさんのお見送りイベント中
※若いお兄ちゃんお姉ちゃんの元気な声がこだまする・・・部活の合宿のノリで楽しそう・・・ここだけ、平均年齢が若い!

屋根に布団干しが始まった。黒い屋根だから、あっという間にフカフカに乾くことだろう



AM8:45白馬岳山頂2932m、数人の登頂休憩者
※シコタンハコベの大株、今年も満開で咲いている

ここから、大雪渓側を覗くと、恐ろしい眺め・・・、毎度の事ながら、苦手だな・・・。
山頂で「強力伝」の山座同定石柱を眺め(後で「強力伝」を読んでみよう・・・)数分休憩。


もう少し先、心落ち着く平坦地で休憩の取り直し


            ※三国境側、心落ち着く平坦地からの白馬岳山頂の眺め
画像



昨日、清水岳でお会いしたグリーンパトロールの二人組と再開
白馬山荘に泊まったとの事
今日は彼らは小蓮華岳方面へパトロール、明日は祖母谷温泉へ下山との事



                  綺麗なミヤマアズマギクが残っていました
画像



                 白っぽいチシマギキョウの大株(背景は小蓮華岳)
画像



             同じ花も復路の霧の中では、こんな色合いで、雰囲気が変わる
      (だから、写真撮影目的の山行は、非効率な往復プランになる・・・と言い訳)
画像



                    岩場の急降下、チシマギキョウの大株
画像



                         トウヤクリンドウの大株
(例年なら、付近の草原はトウヤクリンドウの白い花だらけだが、今年は開花が遅れている)
画像



休憩者で賑わう三国境で少々休憩、雪倉岳方面へ向かう

画像



一気に人気が少なくなった雪倉岳方面へと、ザレ場のジグザグ下降

付近のコマクサ群生、終わりかけの残り花

・・・遠いな~、昨日の清水岳よりも暑そうだな~・・・・、だんだんモチベーションが下がってくる(主脈稜線の涼しさは格別です)



              2504mピーク手前の二重山稜、チングルマの群生が残る
画像



                        タカネツメクサの大株
画像



※途中、立派な三脚を据え、中判カメラの男性が植生に入り込んでいたので、登山道へ戻るよう注意したが、なかなか、戻らず。
「あなたのような方がいるから、大きなカメラをぶら下げる人全員が変な目で見られるんですよ」と言うと、ようやく無言で、ウルップソウの株を踏みつけ戻ってきた
(・・・けど、数時間後には、また、踏み込んでいた。はぁ~・・・)


・・・・気分を入れ替えましょう


実物を見たことがないのだけれど、コチラからの旭岳の眺めは、本場アルプスのようにも思え、好きな眺めです(残雪の状況、7月末の様子)
画像



                       小蓮華岳も高く見える
画像



                白馬岳もコチラから見ると、雰囲気が違って見えます
画像



付近のタカネマツムシソウ、咲き始め(例年なら、もっとたくさん花が咲き誇る)
画像



予想通り?主脈稜線よりも暑い雪倉岳への道は、2504mピークで諦め、引き返す事にする。
画像



昨日よりも雲の沸くのが早く、三国境から上、霧の中、涼しい~!!

花を愛でながら、ゆるゆると登り返し


                            ミヤマアズマギク
画像



       ミヤマアカバナ(シロウマアカバナ?花の外見では分類不可能らしい)
画像



                イブキジャコウソウ(なるほど近寄って花の香りを嗅ぐと良い香り)
画像



帰路、白馬岳山頂手前の心休まる平坦地、ボケ~ッと休憩していると、雷鳥の親子が出没!

       親のみ撮影(ヒナ4匹は草叢の中)右奥の斜面にコマクサ群生
画像


画像




                      一応、山頂付近の記念撮影???
画像


白馬山荘の売店により、豊富な山シャツの内、一枚を購入(種類が豊富で値段も村営より安いのでおススメ)

遅めの昼食、ガランと空いている村営宿舎の食堂に立ち寄り、カツ丼を食べる(大盛りでも同値段、嬉しい)

テント場に戻り、すっかり顔なじみとなったテント場係のお兄さんと会話、コロッケ販売の時間をチェック。

テント張り数に比例して販売数の少ないメンチカツ・フライドチキンをゲット、栄養補給。

テント内に篭り、数時間の休憩後、軽めの夕食。隣の単独氏よりご飯を分けてもらう(食べきれないそうな)


稜線に三泊もして、夕景を一度も見ないのもナンなので?丸山まで出掛けて見てみる。
画像


画像


今日のテント場47張り位


明日は、 大雪渓経由下山、まだ、下界の暑さは続くらしく、帰りたくないのだけれど・・・



この記事へのコメント

2007年08月18日 16:38
写真が綺麗ですね。
僕の安っすいカメラは白い花が苦手なようで、真っ白に反射して写ってしまいます(苦笑)
ところでチシマギキョウの白花は結構あるのでしょうか?
コマクサはよく聞きますけど。
白花は夏服着ている感じで見ていると涼しげです。
山もこの時期、紫色の花が増えてきていますね。
2007年08月19日 08:45
本当にどれもお花が輝いてキレイ!
トウヤクリンドウがもう見られたのですね。
もう秋なんだな~
自分の歩いたところを思い返すかのようで、とっても楽しめました。
2007年08月19日 22:31
いいなぁ、行きたいなぁ~
この日は八方池から白馬三山を指を咥えて見てました。
2007年08月21日 21:26
皆様、いつもコメント戴き有難うございます。野の花の検索で、返事が遅れました、ゴメンナサイ。

だるふぉ様
 思ったように花の色がでないと困りますね。曇り空だと幾分白トビは防げるような気がします。私がデジイチに変えた最大の理由がPLフィルターが使えることでして。飯豊の稜線で白花のチシマギキョウを多く見かけました。日本海側の特長なんでしょうかね?白花が夏服とは、いい事、おっしゃいます~・・・私の琴線が震えました。

tomomi様
 拙写真、お褒め戴き光栄です!良いモデルさんをより美しく撮ろうと頑張りました。昨日、エゾリンドウなぞ見ちゃうとホント「秋だな~」と。

tacoball様
 おや、八方尾根でしたか!。でも、あの池に写った逆さ白馬の写真はなかなか撮れる物ではありません。tacoball様こそ、唯一のチャンスを見事ゲットされましたね。雪渓歩きはさすがに涼しかったです。
2007年08月23日 16:25
マナー常識欠如の登山者も結構居ますねぇ~
夕日の写真に生きている地球を感じます。
2007年08月26日 21:13
こんばんは

この日(14日)私は三国境を9:00に通過し白馬山頂へ向かって歩いていました 間違いなく交錯しているものと思います 途中何人かの方々と挨拶を交わしましたが、その中のお一人がテントミータカ様だったんですね 昨年の黒部五郎でも入れ違いでしたが、今回はお会いしていただけに気づく事が出来ずに残念です またどこかでお会いできたらと思います

素敵な写真ですね 休日以外はカメラを持つことも無くなかなか思うように使えないのですが、少しずつ練習していきたいと思っております

清水岳方面は私も検討していましたが、今年は別のルートにしました いつか機会があれば西からの周回コースも歩きたいと思っています 西からの白馬をこちらで拝見させて頂き、次回の白馬岳が楽しみになりました

三国境側からの白馬岳のカット‥同じ場所から私も撮っていました(笑
 おそらくこのあたりですれ違っているんでしょうね~
2007年08月28日 14:33
皆様、いつもコメント戴き有難うございます。

輝ジィ~ジ様
 単独だと注意できませんでした(逆切れされると怖いし~)。きっとあの人は登山者ではないのですよ、ヘボシャシンヤ・・・。(あっ!自分の事か?笑)白馬のテント場泊りで、真面目?に夕日を見たのは十年ぶりです・・・(早々に寝込んでしまうので)

あき様
 ありゃ!残念、ご挨拶したかったです。私達もテント大荷物の巨大ザック格好なら目立っていたんだろうに。軽装での銀座通りですから、完璧に「ヒトヲミナイモード」に入っていました。AM8:50が白馬山頂、AM9:45が三国境ですから、交差していますね。チシマギキョウ大株の岩場あたりでしょうか?。一眼デジカメを下げた二人組です。
 清水岳方面、稜線は眺めも良いし、静かで、花もいろいろ変化に溢れ、おススメルートです。