レンゲショウマを尋ねて、栃木・日留賀岳(ひるがたけ)

2007(H19).8.20(月)

レンゲショウマちゃんは終わっているかな~???、期待半分諦め半分、栃木・男鹿山塊の名峰(唯一、一般登山道がある)日留賀岳(ひるがたけ)へ行ってきました。

※(「栃木の山100より」抜粋記事)
 日留賀岳は、塩原温泉の北、福島県との県境に横たわる男鹿山塊の南端に位置し、行程は長いが静かな山をめざす登山者に人気がある。また、ミズナラをはじめ原生林が広く自生する栃木県でも残り少ない自然の宝庫だ・・・





※今回の山行の目的の花、レンゲショウマ(スイマセン、ボケ・ブレ写真ですがお気に入りです・笑)
画像


                 ※ヤマジノホトトギス、今回始めて見て、嬉しかった花
画像




**********************************

(行程)

標準コースタイム、登り4時間15分、下り2時間10分(健脚向き)

参考にならない、テントミータカの写真撮影タイムつき亀さん行動時間

AM5:04登山口発、AM9:15-AM10:15日留賀岳山頂1848.8m付近、PM3:00登山口着
(登りは一生懸命歩き、下山時は花撮影しながらのノロノロ歩き)

他入山者、二組(共に夫婦連れ)



(詳細)

早起きのハードルを越え、未明自宅発

塩原温泉から、国道沿いに「日留賀岳」案内看板有り。
この山の山守り、「小山邸」の庭先の駐車場をお借りします。

早朝から、名物「塩原大根」出荷の為水洗浄作業中の小山さんにご挨拶し、玄関先の登山者名簿に記入、小山さん手書きの登山道案内図のコピーを一枚戴き、入山。



山さん手書きの登山道案内図
画像





50分の林道歩きを除けば、ほぼ、林の中。木陰と、天気図の「盆の寒気(盆寒さん)」のおかげで渡る風も涼しく、爽やかに歩けた。

三回目にして、初めて訪れた盛夏の日留賀岳は、予想外のたくさんの花。アスナロ・ヒノキの針葉樹。ブナ・ミズナラの原生林、林相も変化に溢れ、会津の山の雰囲気もたっぷり。


グリーンシャワーの道中、ぽっかり抜け出た山頂直前のお花畑。
ハクサンフウロやエゾリンドウ・ヤハズヒゴタイ・シオガマギクのカラフルな世界にビックリ!
画像


                   エゾリンドウも咲いていました
画像



             日留賀岳山頂(山部藪人さん初期の3D山看板が有る)
画像



※「盆寒」さんのおかげで霧がかかり展望は無し(でも涼しいからいいや・・・)
半分霧に巻かれた山頂部から塩那スカイライン・鹿又山を眺め、残雪・固雪時の周遊を夢見る。
画像



                      山頂部、渋い水平尾根を眺める
画像



展望の無い山頂で休憩もソコソコ、ゆっくり花写真を撮りながら、ゆっくり下山(足も痛くなってきたし~)、


                         冬の厳しさを物語る木の幹
画像



                           亜高山帯・針葉樹の道
画像



                       急坂を下り、振り返る山頂部
画像


隣の高原山(たかはらやま、主峰・釈迦が岳1794.9m)が見えてきた(アチャ~!もう少し、日留賀岳山頂にいれば良かったかな?)
画像



                       金属の鳥居がこんな所に・・・
画像



レンゲショウマ残り花・ソバナ・タマガワホトトギス他、花を見ながら、ぐんぐん下ります
画像


画像



                     新旧二対・木の鳥居の広場で休憩
画像


花撮影三昧、痛む足をいたわりつつ(やっぱりCW-X履いて来れば良かった)、ゆっくり下山

かぼちゃの出荷準備に追われる小山さんに挨拶、帰路に着く。

矢板温泉「城の湯」は定休日

宇都宮の物凄い雷雨にメゲそうになりつつも、無事帰宅

近所の290円ラーメンは・・・たまには野菜塩ラーメン・・・失敗、いつもの醤油ラーメンの偉大さを改めて見直す。



**********************************


↓山中の花の覚書
(タカネ・ミヤマの付かない野の花は全くの素人で、間違いをご指摘いただければ、大変有難く嬉しく思います)


1・山中林床の花、2・山頂付近の花、3・林道の花と、生育箇所で三分類しています


↓1、山中林床

                          レンゲショウマ
画像


                         レンゲショウマ横から
画像


                         レンゲショウマ下から仰ぐ
画像


                         レンゲショウマ上から見下ろす
画像



                           ヤマジノホトトギス
画像



               タマガワホトトギス(ヤマジノホトトギスより高地で咲く)
画像



                         ソバナ(高地は色が濃い)
画像



                      ソバナ(麓・林道付近の花は色が薄い)
画像



                      イブキセリモドキ(山頂部にも林床にも)
画像


画像


画像



                              イヌトウバナ
画像



            ヌスビトハギ(コレを調べるのに時間がかかった。「節果」がヒント)
画像


画像



                               カニコウモリ
画像


画像



                    オクモミジハグマ(カニコウモリより高地で咲く)
画像


画像



                             ミヤマカラマツ
画像



                             アキノキリンソウ
画像



                      キバナアキギリ(葉が三角形ほこ形が特徴)
画像


画像


キンミズヒキ・フシグロセンノウ・ダイコンソウ・ゲンノショウコ



↓2、山頂付近の花畑

                            ハクサンフウロ
画像



               ヤハズヒゴタイ(ハクサンフウロに囲まれた中央部の花)
画像



               キュートなオヤマボクチの蕾(花よりも可愛らしいな・・・)
画像


画像



                              シオガマギク
画像


画像



                  こんな花だと、トモエシオガマにも見える?
画像



                                シロヨメナ
画像



                       シシウド(半分、実になっている)
画像



            ホツツジ(ホツツジがこんなに綺麗だとは・・・赤味が強いらしい)
画像


画像



                            エゾリンドウの花芽
画像


                               エゾリンドウ
画像



アザミ・アキノキリンソウ
エゾシオガマ(終盤)・イワオトギリ(終盤)・シュロソウ(終盤)・アオヤギソウ(終盤)
マイズルソウ(実)・ゴゼンタチバナ(実)


                             オオカメノキ(実)
画像





↓3、林道歩き

                               ヤマハギ
画像



                                クズ
画像




ススキ・タケニグサ(チャンパギク)・マツヨイグサ・キンミズヒキ・ヒヨドリバナ・イラクサ・クサボタン・ヤマホタルブクロ・カイジンドウ・レンゲショウマ

クロイチゴ(実)


・・・・・野の花を、覚える余裕がありません・・・、覚書です。








この記事へのコメント

Yoshi
2007年08月22日 19:04
9月に日留賀岳に登ったときは、山頂部でハクサンフウロとナデシコを少々、シラン沢林道でフシグロセンノウを見た記憶があるだけで、なんとなく花が少ない山というイメージを持っていました。この時期に行けば結構な種類の花が楽しめるんですね。日留賀岳を見直しました。レンゲショウマ見てみたいです。
2007年08月22日 20:16
 いつもいつもきれいなお花の写真、楽しませてもらっております。
ミータカさんのおかげでかなりお花の名前も覚えてきましたが、いざ現場でこの花なんだと言われるとさっぱり自信が無くなる。付け刃では身に付いていないのでしょうね。ホツツジ教えて頂きありがとうございました。自分の目に焼きついた花はそれでも覚えられるようです。レンゲショウマきれいですね。
2007年08月22日 21:15
今晩は、升麻と名が付く花は綺麗ですね。レンゲショウマ・トガクシショウマ・キレンゲショウマ、皆 天涯の花に相応しい花ですね。日留賀岳がこんなにたくさん花がある山とは知りませんでした。
ホトトギスが咲きエゾリンドウが咲きアキノキリンソウが咲いて、暑かった夏も終わりそうで少し淋しい気もしますが・・・
2007年08月22日 22:23
故郷の栃木の山に大好きなレンゲショウマが咲く山があるなんて知りませんでした!
静かな花歩きが楽しめそうな所ですね。
レンゲショウマももう終盤でしょうか・・・結局今年は、観光地(御岳山)で咲き始めをちょこっみただけで終わってしまいました(^-^;
2007年08月23日 00:04
こんにちは!
レンゲショウマ綺麗ですね~
実物を見てみたいな・・・
綿菓子に包まれたようなオヤマボクチの蕾も
素敵です。
最後のクズの花にノックダウンされました。
2007年08月23日 11:07
皆様、いつもコメント戴き有難うございます。

Yoshi様
 山の奥深さに比較すれば、花の量は少ない山ですよね。私もカタクリとギョウジャニンニク(今は絶滅寸前)の山のイメージが強かったもので。目的がレンゲショウマとヤマジノホトトギスだったので、この二種類がアチコチで見られ、他の花もいろいろとあり、楽しかったです。山頂のお花畑、クルマユリの葉もありました。

甘納豆様
 同時期の山ですと同じ花がアチコチの山で盛りとなるんですね~!。そちらの記事で、すぐに見当がつきました。ピンクが綺麗でしたよね。レンゲショウマ、風に揺れるので撮影が難しいです。

インレッド様
 レンゲショウマ、残り花でしたが、ポツポツと緑の茂みに揺れて咲いていて可愛らしい花でした。伊香保森林公園でも見られるそうです。エゾリンドウを見て秋だな~と、私も寂しい感じがしました。

(続く)
テントミータカ
2007年08月23日 11:17
(続き)
白音様
 あら!栃木が故郷でしたか。日留賀岳、静かな山で雰囲気が良いのですが、まぁ~地味といえば地味な山でもありますからね(笑)。大きな株(花つきの良い)はありませんが、ポツポツ一輪づつの残り花のレンゲショウマが揺れる様も、これはこれで可愛いものかな?と撮影しておりました。日光植物園にもレンゲショウマがあるようです。

mikko様
 そちらに書いた花の名前、間違っていたらゴメンナサイね。
・・・と言う訳で、植え込みの物でもよければ、山中に入らなくてもソコソコ、レンゲショウマ咲いていますから、ぜひ実物を見てくださいね、可愛い花ですよ。オヤマボクチ、冬枯れのドライフラワーもまた面白く良く目立つ花なんですよ。クズの花、実物よりも綺麗に撮れたかもしれませんね(笑)。
2007年08月23日 16:32
レンゲショウマ・・初めて拝見させて頂きました。
う~ん、ミーさんが撮ったのか、すんごく幻想的な花でいいですね~。
にしても相変わらず、その他の花の詳しいこと。。私なぞ知らない花ばかりでお恥ずかしいです〓■●_バタッ
mim
2007年08月23日 21:53
レンゲショウマ、まだ実物を見たことがありません。日留賀岳にはシロヤシオの時期に登ったことがあります。静かな山ですね。登山口の小山さんのお宅のカブを買って帰りました。いままで食べたカブの中で最高のものでした。日留賀岳ときくと、美味しいカブを思い出します。
2007年08月24日 15:43
今頃何処歩いているんですか?
レンゲショウマ日本海側では見られず、昨年聖岳の帰路始めて見て感激しました。ジィ~ジ意外と可愛い面持っているでしょう。(強制)
ヤマジノホトトギス見たい 見たい 見たい
2007年08月27日 13:45
約1ヶ月ぶりなのに、高望みをして幻の花「ウゴアサヒシラネソウ」を探しに
行ってきましたが、日帰り往復約9時間歩き通しでぶっ疲れました
〓■●_バタッ
2007年08月28日 14:46
皆様、いつもコメント戴き有難うございます。

秋田のやまおやぢ様
 レンゲショウマ、可愛いでしょう?。三つ峠界隈にも沢山あります。そうそう、北岳の登山口、広河原の大樺沢入り口にも咲いています。日留賀岳、自宅の近所出し、山登りとしても面白い山なので、ドキドキしながら歩きました。小山さん宅の裏手にも植えられていました(笑)。沢コースの羽後朝日でしょうか?あこがれますね~!!

mim様
 カブ美味しそうですね~!!。私も、野菜を買いたかったのですが、出荷準備で忙しそうで、声をかけるのも遠慮がちになってしまいました。猿の食害にあわないよう、昼間の畑はポンポンと賑やかな猿脅しの音が響いていました。

輝ジィ~ジ様
 遅ればせながら蓮華温泉から雪倉・朝日周回コースでした。ヤマジノホトトギスもなかなか別嬪さんでしょう?。
 
tomomi
2007年08月28日 21:16
テントミータカさんの記事を見て、レンゲショウマの時期だなぁと。
偶然私も沢山見られて喜んでいましたが、他の野の花には苦戦(^-^;
本屋でかなり立ち読みしてしまいましたよ~
でも、こちらの記事とかなりお花がかぶっているので、復習しながら調べてみますね!
テントミータカ
2007年08月29日 20:56
tomomi様、いつもコメント戴き有難うございます。
 野の花となると葉やガクの形など、チェックポイントが多くなりますし、種類も物凄く多くて、鑑別も大変ですよね~。私は苦手だ~!!。
 花辞書も数冊読むと解説者の個性が出ていて、面白いですね。
2007年09月06日 16:22
日留賀岳って、名前がいいですね、蛭ヶ岳、蛾ヶ岳もありますけど。
レンゲショウマいつみても素敵です。とくにテントミータカさんの写真はいつもきれい。
キバナアキギリやフシグロセンノウ・・・久しく見てないなぁ・・秋ですね。
sanae様、いつもコメント戴き有難うございます。
 ヒルが出るんじゃないかと、びくついておりました。丹沢のも四連湖も一度歩いたきりで。日留賀岳は二度目です。レンゲショウマの写真は難しいですね。又、来年頑張ります。
 キバナアキギリを知らなくて下山後、懸命に調べて覚えました。野の花は、高山植物よりも判別が難しいですね。