1/26-27、毛無山から朝霧高原へ下山、二日目詳細

お待たせしました?今回は大展望を楽しめます。

画像



(行程)
静岡県・富士宮市「麓」登山口―麓金山精錬場跡―はさみ石―不動滝展望台―富士山展望台―南北アルプス展望台―毛無山(テント泊)・・・復路



初日詳細記事は  コチラ


**********************************

2008(H20)1.27(日)晴れ

一晩の積雪数センチ。
朝日を感じるものの、この毛無山稜線の雲が晴れず、雪山の白い世界で展望なし。朝食・撤収するうちに青空が見えて、周りの残りの樹氷も浮かび上がる。暫く空身で付近に沢山あるイバラの赤い実や雪景色を楽しむ。
画像


画像


雲間からかすかに富士山頂部のシルエットが出てきた。
画像


AM9:50雪壁を残して幕営地出発。木の間に、白い八ヶ岳が見える。この様子なら、今日は展望に期待が持てそうだ。

AM10:00-10:10標高1946m毛無山山頂「山梨県・下部町」「静岡県・富士宮市」の山頂看板が並んでいる。山頂三角点が雪の中から覗く。ここの三角点は、一等三角点で、さすがに標石は大きく立派だ。「麓部落への道、廃道・立ち入り禁止」山頂からのダイレクト道は歩けないらしい。雨が岳への縦走路も「クマザサが多いため、必ずベテランの方を同行させてください」表示板。この縦走路も、もっと体調がよければ、いつか歩かなくてはならない。
画像


 雲が晴れず、まだ富士山は良く見えないが、富士の裾野ずっと右手には駿河湾が光る。田子の浦も含むのだろう。伊豆の山がうっすらと確認できる。
画像


ゆっくり稜線の雰囲気を楽しみながら往路を戻る。雪原にマルバタケブキのドライフラワーが目立つ。
画像


AM10:15-35昨日は気がつかなかった山看板「戦争バージョン(tomomiさん報告済み)」のある下部温泉との分岐点に大ザックを置き、「南アルプス展望台」の石に登る。
画像



 登ると南アルプスの連山を見渡せる。甲斐駒ケ岳・北岳から南アルプス、茶臼までの峰々。いつもと違った角度で見える。仙丈岳は北岳の影で姿無く、甲斐駒ケ岳・アサヨ峰が蛾々と聳えて立派。茶臼から聖~南ア南部が真近くに見えて嬉しい。七面山と山頂直下の積雪で白い大ガレ (ナナイタガレ)。笊が岳が頭一つで見え(小笊が重なる)、左の布引山の方が立派に見える。
画像

画像

コレだけの積雪量となると、ベタッと白く連なる白根三山よりも、一つ一つの山の大きい赤石三山の方が見栄えがよく迫力ある姿に思える。

画像

画像


八ヶ岳の右隣に白い浅間山。
画像



足の方もだいぶ疲れているので、素直に最短コース・登ってきた道を降りることにする。なにしろコースタイムより相当遅いペースなので、遠回りになる地蔵峠ルートは避けよう。このような本格的な一気登りの山は、日帰り軽装でサクサク登るほうが楽だろう。

AM10:35-55「富士山展望台」。今日は歩き初めからアイゼンをつけていたが、意外と雪が柔らかく歩きやすく、先の急坂では、アイゼンを引っ掛けそうで危ないので、ここでアイゼンを外す。

富士山が温泉に浸かっている様に、雲の上に浮かんでいる。
画像

画像

大谷崩れの荒々しい山頂部の眺めは見事の一言に尽きる。大沢崩れは真ん中よりやや右手になる。朝霧高原のゴルフ場や東京農大富士農場、各種施設が航空写真のようだ。登山口に位置する付近が見える。雲の下、南に連なる天子山塊などの低山の連なりは富士と対照的で面白い。


朝霧高原から一騎のパラグライダーが上昇してきた。
画像

画像


もしかしたら、富士山とパラグライダーのセット写真が撮れるかもしれない。「オ~イ」数回、声をかけたのが聞こえたのだろうか?上手な飛行で、近づいてきて何度も近くで旋回してくれた。写真を撮り、両手を振ってお礼を示す。
画像

画像


                   飛行機雲とともに・・・
画像


白とミドリの爽やかミント系統色のパラグライダーが、遠くへ離れる。思いがけず、朝霧高原の富士山らしい写真が撮れて、大満足。


ここからの下降も、岩と雪の急坂で、気持ちを引き締め直す。テルモスのコーヒーと行動食で休憩を入れつつ、丸足で慎重に下る。ゆっくり下降しているつもりでも膝が笑ってくる。

AM11:40-45「五合目」「マツダランプ」看板前にて休憩。この下から道の傾斜もやや緩やかになる。AM12:25-30「不動の滝」見晴台ベンチにて休憩。毛無山上部が見える。
不動の滝まで10人程と交差。人気のある山と実感。

杉植林帯入り、「地蔵峠コース分岐点」
画像



AM12:47堰堤の通過。AM12:56「麓宮」無事下山のお礼の参拝。
画像


画像


PM1:00標高855m登山口ゲート前、水場にて給水休憩。麓集落に戻る。登山口脇の有料駐車場は、今日も賑わっている。
麓集落、車道歩き、再び犬に吼えられる。民家の長毛の猫と遊びたかったが振られる。
画像


PM1:20広大な東京農大の農場脇から富士山の撮影。午後で富士山山頂部も雲が増えてきた。PM1:45標高約800m車三台の臨時駐車場に戻る。
画像

画像


荷物を片付け、車のハンドルを握る。
大賑わいの「朝霧高原」道の駅にて、ポンカン蜜柑二袋、楽しみの「朝鮮風もっちゃん(豚モツ煮こみ)」「キムチ風がっちゃん」モツ加工品のお土産購入。


「朝霧高原」道の駅のHPは、コチラ


道の駅で、「富士山」とテレビの「駅伝」を眺め休憩。ここで食事の検討も、山梨県甲州市、塩山のホウトウと温泉まで、山の行動食の残りで我慢することにする。塩山へ足を伸ばさなければ、立ち寄り湯は、朝霧グリーンパーク(800円)、上九の湯(700円)、西湖湖畔にある「いずみの湯」(900円ネット割引券で800円)あたりが、、お手頃価格で無難なようだ。

精進湖から(芦川村すずらんの里)経由、雪深い芦川の里・峠越え。南アと八ヶ岳・茅が岳、奥秩父・乾徳山、山梨の山並みを車窓から堪能できる。塩山駅前喫茶店にてほうとう鍋と馬刺し、宏池荘の温泉入浴400円。

塩山駅前喫茶店ほうとう鍋記事は  コチラ


柳沢峠へ向かう頃は夕暮れ。奥多摩湖・青梅経由渋滞無く一般道の帰路。290円ラーメンの夜食。夜、無事帰宅。



人気blogランキング←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。




この記事へのコメント

しげぞう@会社
2008年01月30日 18:59
ミーさん、こんばんは~(*´∀`*)ノ
大展望、堪能させていただきました!ピンクに輝く駿河湾がなんともいえないですね!南アも真っ白で超カッコイイです♪

雪の時期の毛無山もいいですね。また行ってみたくなりました☆
2008年01月30日 22:54
しげぞう様、お忙しいのに、こんな辺鄙なブログに、ご訪問・コメント戴き有難うございます(笑)。
 積雪期でも、入山者が絶えない山でびっくりしております・・・が、テント泊は皆無ですね。真正面の富士山と南アの展望、サクサク~っと歩いてみて下さい。「朝霧高原・道の駅」の「もっちゃん」おススメです。
む~、くっきりはっきりの富士山がすばらしいですね~。
南部系の山は、こちら東北が雪の時はお天気率が高いんですよね^^;
さぁ~って、おやぢは土曜しか行けませんがどこに行こうか思案中です。
あ・・マイ軽リムジン車検中ですが林道で酷使したせいか相当費用が掛かりそうです〓■●_バタッ
2008年01月31日 12:50
秋田やまおやぢ様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 そういえば、やまおやぢ様、いつも会社からのコメントでした(笑)。定例だと気にならないものですね。関東山地は、冬の晴天率は高いです。でも、今回まで、毛無山は山梨富士五湖界隈の天気を目安にしていたので、静岡県東部の天気の方が当たる事、初めて知りました。朝霧高原道の駅に美味しい静岡みかんも並んでいるし。パラグライダーには「良い風」が吹くようです。車はかかりますね~・・・林道メインの車はジムニーが一番楽に思えます。
こんにちわ。
「友○かずき」が気になって再訪でした。当方さっぱり判りません(笑い
今やダサイおやぢですので、昔はフォークとか少し歌ってたと言っても信じて貰えないでしょうね(笑い
いいんです、ダサくても山を楽しめれば~あはは^^;
テントミータカ
2008年01月31日 15:37
秋田やまおやぢ様
 いや~私も最近知った人なのですが・・・
「自分の家の前で立ち止まり 覚悟を決めてドアを押す 地獄でもあるまいによ」。
「みやげぁ 何にゃええ まだバナナええが」。
・・・強烈です(ちなみにミュージシャン時代は全く売れなかったそうです)
2008年01月31日 17:39
キレイですね~関東の空が羨ましいです。
美しい山々の画像に見惚れ・・おぉ~!ついに
テントミータカさん「空を飛ぶ!」って思ってしまいましたぁ。
画像だけ先に見ちゃったのねん。
こんなにスカッ晴れだと、時間よ止まれ!ですね。
やまおやぢ
2008年01月31日 18:18
↑ははは・・・確かに私も「自分の家の前で立ち止まる」事何べんもありましたね~(大笑い
ぜふぃ今度山で一緒に「かずき」さんの歌を歌いましょ~~~w
tomomi
2008年01月31日 23:54
さすがは毛無山、見事な展望ですね~
毎日家をでると富士山と丹沢をチェックしますが、これだけ間近だと迫力満点。
特に雪がつくと稜線がはっきりして素敵です!
マルバタケブキのドライフラワーもなかなかですね。
2008年02月01日 00:16
毛無山の西側から見る富士山は、大迫力ですね。
特に大沢崩れは、大迫力で恐ろしくなるほどです。
3度ほど登っていますが、同じようにパラグライダーがプカプカ浮かんでいました。
とても気持ち良さそうですね。
また最近(3年前?)ではここ毛無山で、TiCAさんチームと同じ日に登っていました。
Y棒さんがとても印象的で・・・(笑)

とてもいい印象があるので、また登りたくなりました。

2008年02月01日 21:27
皆様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。

ぽぽ様
 気分だけはいつも、こんな感じで山を楽しんでいます。初日・二日目朝の雲で、展望を諦めていたので、ようやく富士初め山の展望を楽しめて、より嬉しい山行となりました。

やまおやぢ様
 その節はよろしくお願いします。

tomomi様
 今時も念のため「アイゼン」で、歩けますよ。雪の毛無山も乙なものです。

三脚マン様
 パラグライダー、麓に発着場やスクールがありますからね。写真の方がとても上手な方で、運よく、撮影できました。他にも遠くに30~40騎位飛んでいました。富士山の展望、迫力ありますよね。花も竜胆やツツジを楽しめるようで、グリーンシーズンにも行きたいです。