12/31-1/1、前三つ頭テント泊年越し山行、詳細

H19.12.31-H20.1.1…南八ヶ岳南端・天女山から三つ頭をめざすも稜線は強風、視界ゼロ。前三つ頭泊で撤退。雪壁ブロックも上出来のテント作成。静かにノンビリ年越し山行。


               前三つ頭下の展望地より、元旦の富士山
画像


昨年正月以来、南八ヶ岳・天女山入り口から三つ頭往復をめざす。

昨年同時期の、天女山~三つ頭~権現岳往復の記録は コチラ


※健脚者は日帰りでこなす行程。この冬一番のいわゆる年末寒波・低気圧の来襲で、どの 山域も天気に恵まれず。

前日夕方自宅発、夜、降雪の野辺山付近にて仮眠。


2007(H19)12.31(月)曇りのち雪

(行程)天女山入り口交差点脇駐車スペース~天女山~前三つ頭山頂テント泊


登山届け提出、登山口に移動

八ヶ岳横断道路からの八ヶ岳は雪雲の中

標高1375m、車数台駐車、早速準備
お湯を沸かし、カップラーメンとコーヒー、山中用テルモスのコーヒーを詰める

登山口は予想外に雪が少ない感じ

単独氏が先行入山

犬連れの散歩の家族連れが天女山までの入山


冬テントフライ、ウインナー・スルメ・刻み野菜は忘れず、久しぶりの大荷物。
スコップ・ピッケル・アイゼンは必須の準備完了。

高度計と現地の標高差がすでに300m、低気圧帯に包まれているようだ。

AM7:48出発。

付近の笹原、鹿道、多し。

案内板付の歩道階段入り
歩き始めは、木の階段もあり、二人並んで歩ける幅広い遊歩道並みハイキング風の出だし。

なだらかな小笹と唐松の遊歩道が、天女山公園まで続く。

AM8:30標高1529m石碑と東屋が立派な天女山公園にて休憩。
今日は山の展望も無し。

AM8:23今年は氷が半分張った、乾燥した駐車場から登山道入り。
三つ頭・権現岳への指導標と登山ポスト。

うっすらの雪道に、カラマツ植林と笹原の緩やかな遊歩道のような道が続く。

AM10:00標高1755m「天の河原」付近、茅が岳・曲岳が見える。
画像



山は大荒れの予報が効いて、追い越されることもない。
無理せず、第一目標の三つ頭付近にテントのゆったりプランで進む。

海抜標高明示の石標と、プロトレックの誤差確認が出来る。

AM10:30標高1800m石標

AM10:45標高1830-1835m緑ベンチ

緩やかな水平移動の登山道の傾斜が増す、大荷物なので、早めにアイゼン装着

AM11:15「前三つ頭まで60分休憩地点」

赤い木の実にうっすら積雪

笹とカラマツの急坂尾根

AM11:30標高1940m(標高約2000m木の看板)

グイグイ急坂と変わり、針葉樹林の緑の林の中に、指導ロープが張り巡らされている。
付近の積雪30センチほどだが、先行者のトレースが残り、難なく進む

朝一番、先行出発された軽装・中高年単独氏がささっと下山・交差。
下山の三人テント泊組もその後すぐに交差。

三人テント泊組に先の様子を尋ねると、三つ頭手前の樹林帯のラッセルがきつく、途中でテント泊の下山だそうな。年越しは麓のペンションでのんびり過ごす予定もあるそうだ。

ドライフラワーが可愛らしい

積雪がぐんと増えてきた

ウサギの足跡も新雪で難儀そう


                      AM12:00標高2000m石標
画像


画像


AM12:45標高2160m中間展望地

樹間を眺め暫しの休憩、行動食。元気回復、急坂を上り詰める。
画像



PM1:00標高2190m前三つ頭が見えてきた

PM1:15標高2200m石標、?のドライフラワー
画像



画像



PM1:45標高2300m石標



PM2:00積雪と露岩の展望地「前三つ頭」2364m着、強風と雲で視界ゼロ
この先の稜線歩きは厳しい
画像



暫く幕営適地の探索
この下の樹林帯は急傾斜で、幕営地造成には不適

結局、前三つ頭山頂の露岩帯脇ギリギリまで掘り進み、上げ底の雪壁テント
(こんな時のためにも、冬は小さめのテントの方が設営しやすい)

幾ら悪天予報といえ予想外、他に誰もいない山中泊の年越し


お腹が空いていたので、持参の水と体温で暖めた「つめかえ」中身は家庭用カセットコンロガスで早速刻み野菜・ウインナー・餅入りの味噌ラーメン

夜半からの降雪

シェラフにもぐりこみ、ラジオで紅白を聞き年越し

外の最低冷え込みマイナス14.5度(テント内マイナス10.4度)


************************************


2008(H20)1.1(火)
前三つ頭テント~復路を戻る、下山。

ご来光が有ったのか無かったのか?チラリとテントを照らしてまたも雪雲の中。

テント内の解凍を兼ね、暖かいコーヒーで落ち着き、スルメを焼いて食べる。

早くも、登りの日帰り単独氏が先へ進んでいく。

ここで連泊しても、展望は得られそうも無いので、別の山へ移動する事にして、テント撤収。
画像



今日も展望の無い「前三つ頭」山頂、暫く遊ぶ。
画像


画像


露岩の小さなエビノシッポが発達している。
画像


高山らしい雪の様相に満足し、復路を戻る。




AM9:20標高2364mテント場出発

急坂直下の樹林帯を慎重にアイゼンで下りる。

AM9:34標高2330m雲の下から富士山が見える




                    ミヤマシシウドのドライフラワー
画像


                         12/31はこんな様子
画像



                         1/1雪の綿帽子を被る
画像




                       ???のドライフラワー達
画像


画像




山麓の牧場、白い平原が見える、日差しが出てきた
画像



AM10:37、標高約2000m木の看板前にて休憩

ウソ・コガラの声

麓の積雪は少なかったようだ。


AM10:50-11:00標高1830-1835m緑ベンチにて、休憩。リスの足跡を観察
画像



                 この木を渡ったらしい・・・
画像





AM12:00「天の河原」富士山と茅が岳・曲岳が見える
画像



南アの稜線は雪雲の中、雲から光がさしている

甲斐駒がちらりと見える。白い日向山・雨乞山
画像





トンビが飛んでいく


さすがに今日は冷え込みがきつかったのだろう。
霜柱が残り、泥道の少ない半解凍の登山道から天女山の大駐車場通過。


AM12:25標高1405m「天女山」山頂広場。雪雲をバックに前三つ頭・三つ頭を見あげる
画像




曇りがちの空で寒い午後、軽装の観光客が続々と天女山へ登ってくる。

交差の挨拶が「おめでとうございます」、正月を実感


AM12:45標高1375m駐車場はほぼ満車。二日間の山中の交差者(天女山は除く、日帰り含め)5名。




隣の軽トラに戻ってきた氏、朝のテント場であった単独氏。
上部の様子を聞けば、太腿までのラッセルでも、三つ頭山頂まで往復したそうな

付近、遠征の観光客の車が多く見える。
午後の陽射しで、駐車場の氷が解けている。


明日の山行もあるので、熟慮して荷をまとめ、路肩の雪溜りで、泥の靴底の清掃。


富士山を真正面に、南下。
甲府市内の「牛丼屋」で牛皿定食
甲斐住吉町の湯王温泉(380円・年中無休)で入浴。


翌日は、山梨の 乾徳山



人気blogランキング←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。



この記事へのコメント

2008年01月08日 18:52
元日の富士山、新潟の地より拝ませて頂きました。
それにしても、すっごく寒そう。
雪中のドライフラワーに感動、冷たさの中で温もりさえ伝えてくれます。
「太腿までのラッセルでも、三つ頭山頂まで往復したそうな」新潟の雪では考えられません。
いいなあ八ヶ岳。
2008年01月08日 19:14
あけましておめでとうございます。
やっぱり年越しで突っ走ってましたね~
さすがテントミータカさんらしいです(^^ゞ
いいですね~
年越し山行はただただうらやましく拝見させていただくだけです(笑)
続きのレポも楽しみにしています♪
本年もよろしくお願いいたします。
2008年01月09日 00:27
皆様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。

甘納豆様
 この時の冷え込みは平均的な温度で、特別寒い思いはしませんでした。冬フライ無しで20度を超えた時を思えば、御殿のような居心地です。八ヶ岳の雪質は、普通はサラサラ乾燥雪なので、新雪の抵抗力は新潟の湿って重たい雪と比べものになりません(確かに楽ですね)。
 冬の八ヶ岳は、いろいろな形で楽しめますし、晴天率も高いので、機会があれば新潟からの遠征をおススメします。

sanae様
 突っ走っているようで、その実、安全確認しながらナメクジのようにそろそろと雪山を徘徊しているもので(笑)。年末年始、自宅にいるとコキ使われるんですよネ(笑)。やることをやったら「山!」でした。この時は、天気も悪いので、登頂済みで、「ガンバリ過ぎない」馴染みの山をチョイス。道中の自然観察を楽めました。たいしたレポは書けませんが、待っている人がいると思うとやる気が出ますね~(単純なので)。
 こちらこそ、よろしくお願いします。
mikko
2008年01月09日 13:29
こんにちは~!
雪一面の南八ッのレポ楽しませていただきました。
とても寒そうですが楽しんでいるテントミータカ隊の
様子が伝わってきました。
綿帽子を被ったシシウドのお写真
なんかホッコリとしていいですね。(^_-)☆
新年のコメントにあったように、写真満載なので
雪山に行けない私も登った気になって楽しめました。
続きも楽しみにしています。
2008年01月09日 16:47
こんこん~。
あ~、標高2,300m越えでも樹林帯なんですね、って鳥海山頂より高い!
う~ん、私も冬テン担いでいつかは狙ってみたい県境前線縦走。てか。
今年秋田県南部はまだ雪不足&高温湿雪でまだパウダぁ~を満喫してません。
2008年01月09日 18:00
皆様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。

mikko様
 真面目に歩いていないんですよ~(笑)。自分達の実力と山の様子を天秤にかけて、臆病に歩いていますから(天女山テント泊のプランも出たほどで)。山中のドライフラワーは良かったです。夏にも行ってみたいルートですね(キレット小屋のテント場定着とか)。続きもよろしくお願いします。

秋田やまおやぢ様
 南ア南部だと2700m辺りまで森林が(笑)。天気に恵まれた残雪の頃が、鈍足のテントミータカ隊もテント泊、一番楽しいです。年末の暖かい雨で、そちらも雪のコンディションが冴えないようですね~。南ア・八ヶ岳の雪質はサラサラ乾燥雪ですから、雪山と言っても楽かもしれませんね。
君津ナタメ山の会 幹事長
2008年02月15日 08:41
下山途中で出会った三人組のひとりです。楽しく拝見いたしました。
 クロ
2008年02月15日 20:07
君津ナタメ山の会 幹事長 様
 ハイハイ!、よ~く覚えておりますよ~。エライ時に頑張られた方々ですよね。ご訪問・コメント戴き有難うございます。あの後、そちらはゆっくり休養できた事でしょうね。私達もタイシテ進めず、あの有様で(笑)。今後ともよろしくお願いします。