1/4-5蓼科山で、のんびり大展望山行、二日目詳細





               蓼科山、縞枯帯より、南八ヶ岳を望む
画像



一日目詳細はコチラ

2008(H20)1.5(土)晴れ

行程・・・蓼科山南西の肩2120mテント場(蓼科山2530m往復)―女神茶屋駐車場1730m

山中泊、最低冷え込みマイナス11.9℃(室内6.1℃)と暖かい。
無風の朝を迎える。雪山テントはいつもこうありたい。

樹林帯も山頂部も見事な雪化粧。雲の多い空だが、今日は朝から南八ヶ岳が良く見える
爽やかな目覚め、これでは、山頂へ行かない訳にもいかず。
朝食ラーメン後、テント内部の装備・寝袋をまとめる。

テントは乾燥も兼ね張ったまま。
お泊り荷物をまとめ、身軽な日帰り装備のペシャンコザックで山頂を目ざす。
日焼け止めもしっかり塗りつける。

既に今日の入山者に先を越されている。

AM7:45標高2120m林の中から蓼科山山頂部
青空に真っ白な蓼科山山頂を林間目前に望む。
平坦な森の中の蓼科山直下の鞍部通過。

AM8:00標高2170mダケカンバの皮がはがれそう、巻物のように見える幹
画像


いよいよ急坂取り付き。

真っ白な急坂が続く、アイゼンが無くては登れない
眼下の景色、八子が峰・スキー場が見えてくる。

灰色の空も、だんだん青みを帯びて、南八ヶ岳主峰群・南ア・中ア・御嶽の白い峰々が浮かぶ。
画像


画像

画像

画像



画像



急坂の雪道アイゼンで快調に進む。
画像




                            凍てつく幹
画像





AM8:45標高2355m縞枯れ帯
画像


シラビソの縞枯れ模様もたっぷり雪がつき、独特の風景
画像



灌木もキリタンポの雪の枝

AM9:00標高2410m第二縞枯れ帯

樹林帯を抜け、AM9:15標高2465mゴロゴロ岩場の曲がり角に出る。
画像


森林限界上なので防風寒対策をしっかりと慎重に足の置き場を選ぶ。

エビノシッポの道標、鎖、赤ポール・黄ペンキに従い岩場のトラバース道を進む。
画像

画像


お馴染みの冬の蓼科山だが、今回はなかなかの好展望。
八子が峰の白い大地三角ヒュッテを見下ろす

 
山頂直下の樹林帯もモンスターが発達していて、見頃。

北横岳に、金峰山・甲武信ヶ岳が雲間にチラチラ。
画像



画像


AM9:35-10:15蓼科山山頂2530.1m白く浮かぶ浅間山・蓼科山山頂ヒュッテ
画像


佐久平・北関東は雲の中、奥秩父も見えない
蓼科山山頂2530m白い道標の南脇にでる。

奥、平坦な火口原風岩場中央に蓼科山神社、北側縁に山座同定版石碑が建立している。

山頂からの山の展望は真っ白な浅間山から時計回りに雪雲で谷川・日光は見えず。

南八ヶ岳主峰群、南ア・中ア・御嶽・乗鞍・北ア・(立山・白馬はやや雪雲にやられ)
妙高・戸隠が白く浮かぶ。

                      中央アルプス
画像

                         アップ
画像



画像


画像


半モンスター化した蓼科山神社に参拝。
この辺り、いつもは吹き付ける風も冷たく、早々の退散となる。
が、今日は風も弱く、北側の山座同定の石柱まで行ってみる。



            天使の羽のよう、シェカブラの発達した山座説明柱
画像


                    妙高界隈
画像



車山からビーナスライン・美ヶ原と北アの眺めが良い。
画像


吹き付ける風が冷たく雪煙も舞うので、撮影もソコソコ、白い山頂道標の三角点へ戻る。

数人の入れ替わり立ち代りで賑わう山頂。
撮影・行動食・テルモスのコーヒーの休憩。
存分に景色を堪能し、山頂を後にする。

ますます空が青く、雪焼け防止の日焼け止めが欠かせない。

AM10:30標高2520m森林限界地点。
この下からは無風なので、着替え、慎重にアイゼンを効かせて下る。
画像


AM10:45- AM11:00標高2470m縞涸帯で撮影、露出調整に悩む

山頂へ向かう日帰り者数人と交差。
下りは早く、青空に霧氷の枝振りを楽しみつつ快調に樹林帯へと下降。

AM11:30-12:35標高2120mテント場に戻る
テント撤収も楽。アイゼンも片付ける。
サンサンと陽射しが降り注ぎ穏やかなので、フライ・テントの天日干し。
残ったコの字型の見事な雪の城壁。

空腹に耐えかね、時間もまだたっぷりある。
暖かい陽射しと無風快晴で。
コンロを使い、素ラーメンの昼食。まだ、山頂へ向かう人もいる。
日当たりの良い所の木の雪が落ち始めている

AM12:40入山時よりも、いくらか軽くなった大ザックを背負い直し下山開始。


            くっきり南八ヶ岳が見える、天気上々
画像


                   南八ヶ岳主峰アップ
画像



日差しが差し込む静かな雪道は、昨日とまた雰囲気が変わる。
画像


午後の暖気で木の枝の雪が降り落ちる。油断すると頭から雪を被る。

画像


急坂を下り、平坦な道へ変わる。
駐車場付近、しっかりした踏み跡が増えた。今日の交差者、約20名程。

PM1:21標高1730m陽だまりの駐車場着、七割入りの駐車場。
日向ぼっこ風の愛車に積雪なし。荷物の整理、タワシで靴とスパッツの雪払い。

真っ白な蓼科山の全容を愛で女神湖経由で快適に立科町市街へ。
青空に、湯の丸高原・浅間山の山並みを愛でつつの帰路ドライブ。

佐久市(旧望月町)日帰り温泉・布施温泉¥400にて入浴・休憩・食事(煮カツ丼定食800円・長芋コロッケ二つ300円)。床暖房が効いていて、ゆっくり休憩できる。


布施温泉の参照HPは   コチラ


佐久市内から内山峠・下仁田で高速に乗ろうと思ったが、関越道渋滞を回避、一般道の帰路。
290円ラーメンの夜食、無事帰宅。






人気blogランキング←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


この記事へのコメント

甘納豆
2008年01月11日 08:22
おはようございます!

う~ん  素晴らしい雪景色ですね。
雪に戯れているミータカ隊がうらやましい。
2008年01月11日 18:04
う~ん、キンキンに空気が冷えて澄み切った感じが出てる写真ばかりで素晴らしい景色ばかりでヨダレ垂れっぱなしでした(^¬^)じゅるるる~・・・
あ、も一回見ようっと(笑い
2008年01月14日 15:18
真っ白な樹氷と碧い空
山頂で見渡せば雪化粧を施した北アルプスの山並み
見事の一言につきます。
どのお写真も“ためいきもの”でした~
やはり晴天である事がポイント高いですね。
私が登った時は山頂の雪は消えていた頃だった為
比較的暖かくて岩岩の足元に注意しながらも
(隙間に物をおとさないように・・・)
山頂でまた~りしました。
無風状態の時に、再びあの山頂でまた~りしたくなりました。
蓼科山は大好きな山頂のひとつです。
2008年01月15日 17:28
皆様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。

甘納豆様
 お泊り蓼科山も悪天の時は、山頂へも行かず、さっさと撤収下山です。年々、ノンビリモードが加速していきます。

秋田やまおやぢ様
 八ヶ岳は天気回復も早いので、今回は狙いの景色を楽しめて良かったです。越年山行の三つ頭の展望が悲惨でしたからね~(笑)。

mikko様
 登り易い割には、植生も変化があって、大展望!高山のエッセンスをちりばめた山ですね。私は縞枯模様のの味わいを堪能するのに年数がかかりました(最初はタダの枯れ木群にしか思えなかった)先週の三つ頭といい、八ヶ岳の端っこの山は好展望台ですよね。
2008年01月17日 16:13
雪が随分増えてましたね。
とってもきれい。
気温も穏かで展望良くラッキーでしたね。
嬉しいものですよね。
2008年01月17日 17:51
sanae様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 いや~ヤッパ日帰りの山でしょう(笑)。冬はどうも早起きが出来ず、のんびり雪壁作って遊んでいるんです。この行程なら、天気さえ良ければ、さすがに山頂へ行く気になりますしね~
※天気が悪くて、ただ泊まって帰った事もあるし~・・・ヘナチョコです。