3/15-16越後湯沢、東谷山・日白山、詳細(初日)

 今年初の新潟の山。二年ぶり、湯沢の東谷山・日白山(にっぱくさん)。初日は、二居民宿街(標高820m)からズブズブ柔雪で、速度が上がらず体力を消耗。
 
             東谷山(標高1553.8m)山頂でテント泊(初日)
画像



                   速報記事は → コチラ
           二年前の同行程の記事は → コチラ


2008(H20)、3/15(土)曇りのち晴れ
 新潟方面はまだ雲が厚い。国境の空は明るい。国道脇の登山口、二居民宿街入り口の空地は様子が変わり、数分、駐車地を探しウロウロ。地元の方に挨拶・ついでに雪の様子も確認し、無事、空き地に駐車。

 AM8:05標高820m、テント泊装備で出発。山慣れた地元の方に教わったので、いつものスキー場跡コースではなく、その奥の緩い尾根から送電線鉄塔の尾根をめざす。

 民宿街奥、林道から雪の原・杉林の取り付き。ノートレース・ワカンラッセル開始、膝上まで潜るズブズブの雪、杉植林帯から上部へ向かう。この調子では、送電線の尾根に着くだけでも大変だ。植林から天然林交じり、ウサギ・カモシカの踏跡を確認しながら、地道に登る。

 AM11:30-45標高1180m送電線鉄塔上の尾根に合流。ここまでの無風の取り付きで汗が滴っていたが、ここから風が冷たい送電線鉄塔の尾根。念のため持参の赤布取り付け(下山時に外す)。

 鉄塔、霧がかかってボヤッと浮かび上がる。ここまでの登りで体力の消耗激しく、休憩。降続の(二居峠からか?)山スキー二人組に追い越される。

                       はぁ~疲れた・・・
画像


 眼下の民宿街・国道を眺め休憩。国道の向かい側、かぐらみつまたスキー場の賑わい。隣の尾根、平標山・仙の倉は白く雲間から見え始めている。

画像



 ここからトレースもあり雪は固め、しっかりした雪の尾根道。こんもりブナ林と、尾根通しに忠実に発達した雪庇の渡り廊下。

 AM12:00標高1240m雪堤に先行のスキーヤーが取り付いている。
画像



 雪庇の踏み抜きに注意しながら急坂をひとのぼり、痩せ尾根から緩やかな森林帯に入る。上空の雲が晴れ、平漂・仙の倉の雲がくっきりと全容を現す。


            苗場・平標山も、雲の上に白い山容が浮かび上がる
画像


画像




 PM1:00、急坂が終わり小さなダケカンバ帯からブナ林入り。今日は、トレースの量の割には人の少ない静かな森巡り。周りは熊棚もある立派なブナ林、前回の雪桜のような見事な一面の霧氷 はない。


        PM1:15標高1420m残りわずかな霧氷が、天使の羽のよう。
画像


 付近の風景を楽しみながらゆっくり登る、写真撮影で足が止まる、毎度おなじみ亀足・鈍行列車の足取り。


                  青空に霧氷のかけらが残るブナの木
画像



 数箇所の幕営適地を確認しつつ、前進する。この調子では、予定の場所までたどり着く余裕が無い。テントミータカ隊は既にヘロヘロ、これ以上の無理はしない(できない)。
 ブナ林と分かれ、ダケカンバ疎林の東谷山山頂肩雪原付近到着。先行の山スキーヤー二人がテレマークで格好良く滑っていく。


 PM2:15東谷山山頂標高1553.8m着。白い稜線ジグザグの奥、日白山。今日は、特別遠くに見える。明日の朝の冷え込み、堅雪に期待して、日白山登頂は明日のお楽しみ、今日はここまで。

              今日は遠くにみえる日白山(にっぱくさん標高1631m)
画像



                           遠いな~・・・
画像



 一息ついた後、テント場適地を探す。風も弱く展望第一、見晴台に撮影する。北面の風防、雪壁を作る。幕営地造成作業2時間で完成。

 今夜の宿完成(良い子の皆さんは、マネしないように。雪崩の危険があります!)
画像



                       展望を楽しみましょう
画像



                         苗場も見えるし
画像




                            落日
画像



 無垢な雪解け水が嬉しく、肉野菜ラーメン・コーヒー・スルメで滋養保養。外気温マイナス1度と暖かい。この居心地のよさは「寿ぎの春山」。PM5:30夕映えの景色も楽しみ、就寝準備。

 夕方、スキー場のナイター照明を確認、寝袋に包まって仮眠。夜半、苗場スキー場の花火を見る。コーヒーと行動食の軽い夜食。朝まで熟睡。

夜半から吹き付ける熱風で、雪壁の一部が崩壊する。




              翌日(日白山往復・下山)の記事は → コチラ




人気blogランキング
人気blogランキング←御陰様で20位入り。クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←よろしければ、こちらも。




GOLDWIN WEB STORE

アウトドア&フィッシング ナチュラム






この記事へのコメント

tomomi
2008年03月19日 23:10
ちょうど友人が日白山へ行っていたんですよねぇ。
私もこのエリア、すっかりお気に入りです。
また行きたいなぁと思いました。(もちろん、スキーで!)
2008年03月20日 09:27
tomomi様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 麓で「山スキーか?」と問われる程ですから、山スキーのエリアですよね。泊り登山は、土樽からタカマタギの雪洞訓練で歩く人が多いようです。先行の二人、山スキーで滑っていく姿にtomomiさん達もこうなんだろうな~・格好良いな~と眺めていましたよ。山懐に入る感じで、亀足でものんびり楽しめました。