3/15-16東谷山・日白山往復、詳細(二日日)

 初日、東谷山(標高1553.8m)テント泊で体力温存。 二日目は、堅雪のトットコ歩き、日白山往復。戻ったテント場で早めの昼食中に ヒロタンさん達と二年ぶりの再会。


                   速報記事は → コチラ

           二年前の同行程の記事は → コチラ

                 3/15初日詳細記事は → コチラ


2008(H20)、3/16(日)晴れ

         万太郎山の左肩から朝焼けが始まるが、いまいち、冴えず
画像


画像


画像



 東谷山山頂、夜間吹き続けた雪庇側からの熱風、テント前面の雪壁が崩れ落ちている(お~怖!)。最低冷え込みマイナス1℃(テント内2.7℃・・・・フライが要らないや、こりゃ)冷え込み、カチンと締まった雪で歩き易くなっている。

 AM7:10テント場出発、日白山往復のトットコ歩き(ワカンで誤魔化しましたが、アイゼンを使うべき所でしょう)。
画像



 鞍部へ急降下、見上げる東谷山山頂は雪庇の波の稜線、山頂の雪壁テントがあるように見えない。
画像



                  山腹、雪の縞模様が面白い
画像



                       山頂へ続く稜線を進む
画像



北方、タカマタギの稜線からも、大ザックの三人が登ってくる。

 AM8:07-34、日白山(にっぱくさん標高1631m)山頂。三人の大ザック隊、昨日、土樽から取り付くもズブズブの雪に悩まされ、タカマタギ手前で幕営したそうな。
画像


 彼らに問われ、東谷山方面や平標山へのルート、知る範囲で説明。地王堂川沿いの林道へ向かう下降尾根に、カモシカの姿。

                 苗場方面、霧の塔・東谷山
画像


 山頂は谷川連峰の展望台。八海山も見える。佐武流・ワルサ峰・白砂・苗場・霧の塔・飯士山・八海山・越後駒・金城山・巻機山~谷川岳、朝日岳~笠、万太郎~仙の倉・平漂山、(上州武尊の山頂も?)の展望。無風、白みがかった空。米山が浮かぶ。

             おおザック隊、平標山への尾根を進んでいく
画像



 存分に展望を楽しんだ日白山山頂を後に、東谷山テント場へ戻る。

 AM9:26-10:52標高1553.8m東谷山頂。無風快晴の為、楽々テント撤収。白んだ空でも平標山・仙の倉山・万太郎と続く山並み。万太郎山がギラギラ光る。
画像



 幕営跡地で、早めの昼食。日帰りの数人と挨拶。雪壁の脇で休んでいる人の様子。見覚えあるので思い切って声をかけると、 新潟のスーパー岳人ヒロタンさん、obake隊長さん、tamoさんご一行様でした。 両神山 以来の再会です。

                  ハイ、テントミータカブログ恒例、モザイク顔でパチリ!
画像




         ここまでの疲労もモノともせず、元気に日白山に取り付く三人の姿
画像



 テントの雪壁を壊して、我々も下山開始。大分、空が白んできた。軽装で登ってくるスノーシューツアーの人達と交差。


              AM11:15標高1335mタカノツメ(だと思う)芽ぶき
画像



 AM11:30標高1180m、送電線鉄塔の見える尾根途中にて、休憩。このあたりから、ズブズブに緩んだ雪で、数回抜ける。昨日の取り付き分岐に取り付けた赤布回収。

 帰路は、今回初めて歩く正規ルート?スキー・スノーシューのトレースのある尾根を二居峠まで下降。周囲の稜線がどんどん高くなっていく。


          AM12:00標高1025m二居峠、半分埋もれた東屋の峠で休憩。
画像


 杉林・林道にスノーシューやスキーのトレースがかすかに残る。ズボズボ緩んだ雪、適当にショートカット、電柱があるので迷いようがない。民宿街・国道はすぐ下。AM12:30標高845m赤鳥居・萬霊慰霊碑が、雪に埋もれかけ。雪原から駐車場へ戻る。AM12:35着。


 帰り渋滞を回避する為、今回も近くの温泉施設はパス、一般道で早めに北関東入り。今回は前橋市(大胡)の産直所で味噌を買わなくてはならない。赤城IC脇を通過、産直にて無事に味噌4キロ(2100円)購入。
 群馬フラワーパーク脇の「宮城ふれあいの郷」にて入浴300円(AM10:00-PM6:30温泉ではない狭いお風呂です)。北関東の一般道は渋滞無く、佐野ラーメンのお店、新規開拓を試みるも、味が合わず、高い勉強代となる。夜、無事帰宅。



人気blogランキング
人気blogランキング←御陰様で20位入り。クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←よろしければ、こちらも。





GOLDWIN WEB STORE

アウトドア&フィッシング ナチュラム




この記事へのコメント

2008年03月20日 21:45
は~・・・
ため息がでちゃうくらい綺麗でした。
東谷山への真っ白な稜線。。。
簡単には人を受け入れてくれないような
神々しさがありますね。
2008年03月22日 20:30
雪の縞模様、風の流れと山腹の起伏が織りなす物語を感じます。
こんな写真は努力したもののみ見れる、ありがたい写真です。
ウコギ科タカノツメ、うわさによるとタラの芽よりうまいとか!?
2008年03月24日 12:15
ご訪問・コメント戴き有難うございます。

mikko様
 今回は雪が柔らかくて難儀しましたが、まだ黄砂も無くて綺麗な稜線でしたよ。スノーシューツアーも入るようで、近年は人気が出てきているようです。関東から近いし、いい所ですよ。

本読みと山歩き様
 何度も歩いているコースですが、その時々で、いろいろな表情を見せてもらえるので飽きませんね。今回の雪の縞模様は見事なものでした。タカノツメは昨年の秋、本読みと山歩き様に教えていただいたものです。この春はタカノツメを食べてみようかなと(笑)。