3/22-23二王子岳~高知山周回テント一泊、初日詳細

 2006年3/25の日帰りピストン 以来、二年ぶりの新潟・新発田の二王子岳(にのうじだけ)。今回は山中テント泊で、未知の高知山周回で歩く。

                   3/22二王子山頂からの夕景
画像




              速報記事は→  コチラ

 前日3/21新潟の雪割草の花見三昧・温泉記事は→  コチラ&  コチラ


2008(H20)3.22(土)晴れ

 前夜、登山口(標高約100m)にて仮眠。早朝からの地元登山者の車の音で目覚める。

 念のため冬用フライで山中の居住性を最重視(山頂には立派な避難小屋があるので必要ない人には必要ない)、アイゼンを車に置き、アルミワカンとピッケル・ストックでAM7:26出発。

 既に山形・福島・新潟ナンバーの日帰りの人々が入山している。

 当初の予定は、林道から高知山経由で二王子岳だった。が、登山口の雪の様子を目の当たりにして、雪融けが早い事を実感。いつもの二王子神社経由「一王子神社(避難小屋あり)」コース、直接山頂をめざす事にする。

 神社までの林道・杉の植林帯歩き。雪が柔らかく、大荷物で足取り重く、今日はどこまでいけるか?不安になる。
画像


画像



 AM8:50二王子神社にて休憩、登山届け提出。
画像


 ホオジロやカラ類、キジバト・ヤマガラ・カケス・ミソサザイ・ウソ、山中、野鳥のさえずりも賑やか。道路の脇にはマンサクの花。
画像


 AM11:00定高山(五合目標高994.4m)の積雪計は3.5mと前回(2006年)の4.5mよりも雪が少ない。ここでワカン装着。
画像


 PM1:30標高1175m付近、ここから一騎の赤いパラグライダーが飛び立って行く。早くも日帰りの下山者数組と交差。
画像



                  まだまだ二王子岳山頂は奥・・・
画像


 PM2:00鳥海山・大朝日連峰・月山?の白屏風が浮かぶ。三王子の脇に蒜場山・鳥居峠付近の山並み。

 三角赤布標識の束を抱えた地元の山スキーの女性が格好良く滑り降りてくる。ひとたび悪天になると目標物が無いので、自前の標識が欠かせないそうだ。
画像


進む二王子の山腹も豊富な残雪でモコモコ・ソフトクリームのような雪の風景
画像


画像


 中尾根に人影、もう一つ遠そうな白い尾根が高知山の尾根だろうか・・・(遠いな~・・・)
画像



 PM2:50三王子神社標高1369m付近、鳥海山が白い三角で見える。今日の天気は夕方、くっきりと周囲の山々が見える事だろう。
画像


                       大朝日連峰
画像



 天気が良いので、山頂の小屋内で早めの夕食をとってから、小屋の外で幕営することにして、疲労しきった足を引きずって山頂をめざす。
画像



 PM3:00奥の院跡、五頭連峰・粟が岳・蒜場山、鳥居峠~高知山の雪の模様が面白い風景で足を止め、撮影。もう、山頂に人影なし。
画像



  前回、しげぞうサン、さすらい人サン、輝ジィ~ジサン達と、出逢った賑やかな様子を思い出しながらも、今は無人の山頂へと、トボトボ歩く。


            前回2006.3.25の記事は → コチラ


 PM3:30赤い二王子岳山頂避難小屋着(標高1420,1m)。ようやく、ここで飯豊連峰が全容を現す。
画像


            「青春の鐘」の樹氷は、見事にパックリと落ちている。
画像



 まずは無人の小屋内で、たっぷりチャーシュー入りラーメンで、空腹を落ち着かせる。今日は水滴も少なく無人の小屋だが、採光が少なく薄暗い。風も弱く明るい野外、小屋の北側に掘り込んでスペースがとれるので、外でテント泊とする。

 作業効率の良い小屋のスコップを借りて、雪壁作業開始、掘り込むついでに、小屋の窓付近の除雪。

小一時間で、設営完成、いつものテント生活で落ち着く。夕景の撮影にいそしむ。
画像


 粟島・佐渡、新潟東港、弥彦・角田。飯豊・朝日の山襞がくっきり浮かび上がる。

                        大朝日連峰
画像


                         大日岳
画像


                         蒜場山
画像


                 五頭連峰・三王子神社(1369m峰)方面
画像


                 三王子神社(1369m峰)・1202m峰方面
画像


                        残照
画像



テントに篭り、温かい飲み物と軽食。

新発田の夜景・お月様、ニノックススキー場の灯り、仮眠のはずが、朝まで熟睡。


               翌日3/23の記事は→  こちら




人気blogランキング
人気blogランキング←御陰様で20位入り。クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←よろしければ、こちらも。





この記事へのコメント

2008年03月26日 07:32
昔 3月初めに一度だけ小屋で泊まった事が有りますが、お天気悪く夕景は見ること叶わず、でした。こんな夕方の景色独占できて結構でしたね。
バッタリからもう2年…早いなぁ~。あの日我等は高知山経由下山でした。
素晴しいお天気に日でしたね。積雪量毎年減ってきて将来が危惧されます。
蓑虫
2008年03月26日 12:06
この前は、二王子だけで合った者です。
物凄いHPを制作されてるんですね、驚き×2。
遠くから御苦労さまです、くれぐれも事故には気をつけて、山登りを楽しんで下さい。
これからも時よりHPに立ち寄って下さい。
よしだ
2008年03月26日 21:01
青春の鐘の樹氷がぱっくり剥がれ落ちることもあるのですね。
なんだか、青春の鐘の標識が鳥居で、落ちた樹氷がご本尊みたいですね。
それにしても天気が良くてよかったです。
2008年03月26日 22:01
皆様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。

輝ジィ~ジ様
 山頂で泊まった事があるのですね!。夕景や朝焼けは行ってみないと判りませんからね、私もいつもこんな風景に逢えるとは思えず 、バシャバシャと写真を撮っていました(未だ整理がつかず、どうしよ??)。出会いからあっという間の二年ですね。日帰りで高知山経由下山は、勿体無い(笑)、次回は二泊でゆっくり遊びたいです。

蓑虫様
 庭先、お邪魔させていただきました。以前、長靴登山隊様と、蓑虫様のHPで話が盛り上がりましたよ。二王子の神様の霊験あらたかな出会いが沢山、特別な山です。今後ともよろしくお願いします。

よしだ様
 なるほど「青春の鐘」の文字がないと鳥居みたいですよね。写真を撮る時、無意識に蔵王の鳥居のつもりで撮っていました。「落ちた樹氷がご本尊」・・・次回もこの景色だったら、仏様を彫ってみましょう。こんな夕景のチャンスは稀だと思います。デジカメでシャッターを沢山押せて良かったです。
りゅう
2008年03月27日 00:24
山頂泊ならではの風景ですね
一度テント泊して以来私もはまってしまいました
去年のGWに二王子の小屋で泊まりましたが天気は今ひとつでしたが
朝の何とも言えない空気感とぼんやり浮かんだ飯豊が幻想的でした
また何処かでお会いしましょう!
2008年03月27日 00:32
素敵な夕景です。

二王子岳とは?
たぶん、雪洞の候補にあがっていた山です。
素敵な展望。
行ってみたくなりましたよ~。
2008年03月27日 08:21
おはようございます!
 新潟へようこそお越し戴きました。
所用があり、お会いできず残念でした。
ブログを拝見し、お花に雪山にと楽しまれた様子、何よりです。
それにしても、ミータカさんの写真はどれも素晴らしいです。
こんなにきれいだったのかと、地元の人間がびっくりしています。
地元再発見と言ったところ。
自分の足元をもっともっと見直さなければなりませんね。
山はどの季節もそれぞれ味わいがありますが、残雪とお花の両方を楽しめるこの時期は最高ですね。
2008年03月27日 18:14
う~ん、さすがにいいですね~
二王子とお花三昧!
今回も常に頭にあったのですが、先週はバッテリー切れでした^_^;
やはり行きたくなりますね~♪
今シーズンは無理かな・・・
さて、今週末はいずこでしょう?(^^ゞ
2008年03月27日 22:58
皆様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。

りゅう様
 小屋付近で泊まると雪が砂埃やアレコレで汚れているので、生活用水の確保に気を使います(笑)。朝夕の景色は未だに把握しきれな出たとこ勝負で、今回は夕暮れが最高潮でした。しつこく同じ山に通うのが好きなので、次回は名刺の写真のような樹氷のたっぷりあるときに行きたいと・・・。またどこかでお会いできると思います、またお声をかけて下さいね!いいですね~フリトレ。

三脚マン様
 標高差1300mですから登り甲斐がありますよ。たっぷりの積雪は感動物です。ぜひ見に来て下さいね。今回は夕暮れの景色に恵まれました。

(続く)

2008年03月27日 22:58
(続き)

甘納豆様
 単に物珍しいだけの記述・写真かもしれません。人知れずプロが居る山ですから。花と雪山を満喫できる新潟、良い山が揃っていますね~。私も黒姫は行って見たいので、そちらの記事も参考にさせてもらいますね。新潟ばかり遠征して足元も抑えないと支障があるので、近所の花巡り・里山巡りの記事もポツポツアップしたいと思っています。

sanae様
 おやおや、バッテリー切れですか?滋養保養の週末でしたね。足元に花が咲いてますものね。そんな週末もまた一興では?。私の佐渡行きもアテにならなくて。昨年のsanaeさん達満喫されましたもんね。いいな~。今週末、こちらが滋養保養の週末にしようかなと・・・。