3/22-23二王子岳~高知山周回テント一泊、二日日詳細

 3/23二日目、2006年3/25の日帰りピストン 以来、二年ぶりの新潟・新発田の二王子岳(にのうじだけ)。今回は山中テント泊で、未知の高知山周回で歩く。



                     速報記事は→  コチラ
                  初日3/22記事は→  コチラ


           割場峰(標高1217m)付近から見上げる三王子~二本木山の稜線
画像



2008(H20)3.23(日)晴れ

 最低冷え込み(外気マイナス1.4度)。前日の山頂での夕景を堪能し、熟睡。朝焼けのシルエットの飯豊連峰をチラッと見て、写欲が湧かず、テントに篭り朝食。

 夜中の風も止み今日も晴れの空、テント撤収も楽チン。テントを裏返して、グランドシート部の乾燥に努める。雪壁を半分崩す。
画像



                   目前の飯豊連峰がキラキラ光る
画像


                      杁差岳の小屋が見える
画像


 大朝日連峰の白屏風。佐渡も白い山、粟島が浮かび、弥彦・角田の花山稜線。
 
画像


 既に外気温はプラス。無風快晴の山日和、日焼け止めを念入りに塗りこむ。快速、日帰り単独行氏が登ってくる。

 AM8:15二王子岳山頂(標高1402.1m)出発。地元のベテラン単独行氏の様子なので、挨拶がてら、初めて歩く高知山のルートを丁寧に教えてもらい大助かり。
 帰宅後、ネットサーフィンで山情報をチェックしていたら、この御仁 蓑虫さんと、後で知る。

 三王子(1369m峰)から昨日のトレースも残る高知山への稜線を進む。場割峰・鳥居峠・高知山のウネウネ雪の稜線が魅惑的。蒜場山、今日も目前に大きくそびえる。
画像


 白い五頭連峰・粟が岳・守門、川内山塊も良く見える。遠望は、越後二山(越後駒ケ岳・中の岳)、燧ケ岳・日光白根あたり。妙高・火打はボンヤリ白霞んでいる。

 三王子(1369m峰)からの初めの下り坂は藪が出ている。半分程度の徒歩下降後、安全を確認して、爽快なシリセード。
画像


 向かう高知山の稜線に登りの人影が見えてきた。これで、今日の行程も安心。

 1112m峰からの中尾根(二王子神社に下山できる)の様子を確認、まだ遠そうに見える高知山へ続く白いうねりに、覚悟を決めて?向かっていく。

 AM9:45-10:00場割峰(標高1217m)にて大休憩。三王子から二本木山の稜線、空に縞の筋雲。雲が段々増えてきた。
画像


 昨日は気にならなかった黄砂で雪が汚れているのが、目立つ。
画像


 AM10:20、鳥居峠手前1140m付近の雪原にて、高知山から登ってきた地元日帰り健脚グループと交差。・・・と、完全覆面で、声を掛けられないと判らなかったが、 先週お会いしたobake隊長さん・tamoさんとバッタリ。いっちゃん も一緒との事。
画像


 飯豊や新潟の山の人気者、ようやく?ご対面。予想以上に元気ないっちゃん、「山大好き」モード全開で、すぐに打ち解け、ハグハグ。初めて山中で見る、難しそうなフリ-トレックを使いこなすりゅうさん ともご挨拶、名刺交換。

 ※さすが、新潟の名山「にのうじさん」は、山ネットの皆さんとの思いがけない出会いを提供してくれる、ご利益のあるおやまです。
暫く、歓談、今日はこれから山頂へ向かう、行程の長い皆さんを、お見送り。天気もいいし、サッサと下るには勿体無いって、暫く休憩。

健脚日帰り隊の様子を眺め、白さの違う北股岳や大日岳、豊富な残雪の谷越しの風景をじっくり楽しむ。
画像



AM11:00、鳥居峠通過。AM11:30、高知山(標高1024m)通過。
画像



 内の倉ダムが見える。阿賀野市上空に野焼き?の黒雲。
画像


AM11:45-12:00林の下山路手前,、雪の稜線にて行動食の昼食休憩。付近、軽装往復の10人ほどと交差。
画像



 ワカンをはいて、積雪の藪尾根に入る。暖気で緩んだ雪、グングン下っていく。マンサクの花チラホラ。
画像



 林の中から見上げる二王子岳、見る見るうちに高くなる。中尾根・昨日の登路尾根が谷越しに見えるのが面白い。
画像



 AM12:55高知山林道からの取り付き点着。積雪30センチほど、まだ、ワカンは外せない。
画像


 延々と林道歩き、途中でワカンを外す。林道歩き、途中二回、休憩。
画像


PM2:24高知山林道ゲート口着。車5・6台駐車中。
画像


PM2:30登山口(標高約100m)、駐車地点着。
画像

 

 靴の汚れも無く、荷物をまとめる。帰路は、経費節減と渋滞も無いので一般道の帰路。赤谷経由、国道49号線をめざす。日帰り温泉施設、新三川温泉「寿の湯300円」は格安、飲泉もある名湯にて入浴・休憩。

 会津板下で、いつもの290円ラーメン(ここがチェーン店の中でも、味・サービス抜群のトップクラス!)の夕食。会津西街道・矢板経由で無事帰宅。・・・・写真の山に埋もれる・・・。




人気blogランキング
人気blogランキング←御陰様で20位入り。クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←よろしければ、こちらも。




GOLDWIN WEB STORE

アウトドア&フィッシング ナチュラム




この記事へのコメント

2008年04月02日 01:53
いや~。素晴らしい展望ですね~。
二王子岳が「新潟の名山」、うなずけます。
写真に埋もれる・・・羨ましいことです。
2008年04月02日 19:52
三脚マン様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 二日目は黄砂の雪が気になって、なんとも・・・。又来ると思えば、様子も判ったので、次が楽になりますね。ここ数日、また新雪が積もりましたから、白粉パタパタも二王子岳に変わった事でしょう。いかがですか(笑)?
2008年04月04日 09:12
お天気さえ良ければ高知山経由下山最高ですが、帰りの林道歩きがねぇ~
腰にきついんですyo。
2008年04月04日 19:50
輝ジィ~ジ様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 山中で地元の方がおっしゃるに、高知山もずいぶん歩く人が増えたそうです。このルート、危ない岩場・キレットも無いし、天気に恵まれるとホント素晴らしい雪山の絶景が繰り広げられますね~。雪の大波小波、また、行ってみます。・・・・林道歩きは、・・・お楽しみの税金ですね(笑)
2008年04月07日 18:27
さすが新潟界隈の山々は残雪量が豊富で雪山の雰囲気バッチリですね!
二王子岳山頂避難小屋脇のテント写真を見た時に小屋がテントに見えて
「あんれま、テントミータカ隊はずいぶんデッケぃテント建てたんだなや」と勘違いしてしまいましたよ(大笑い
2008年04月07日 22:16
やまおやぢ様
 小屋周りの吹き溜まりを利用して雪壁テント泊となると、こうなりました。小屋の大きなシャベルを借用して、積雪の中から異物が出てこないかヒヤヒヤしながら、雪堀作業も捗り、完成しました。普通は他にも誰か泊まるんですけど~、泊まるはずの人も雪割草の山に行ったのかも知れませんね。