4/5-6、(二日目)残雪の男鹿岳・鹿又岳@栃木、詳細。

2008(H20).4.5-6…残雪の男鹿山塊(おがさんかい)を歩く。瓢箪峠付近から男鹿岳・鹿又岳山頂(旧ピーク1817.1m)登頂。塩那道路脇で雪壁テント泊。

             速報記事は →  こちら

4/5(土)晴れ
 日光市横川管行「Jobs男鹿」手前駐車地・標高820m (0:10/6:30) - 白滝沢林道口(8:10) - 朽石橋(8:40)  - 朽木橋Ⅱ(9:47) - 細いダケカンバ林(12:40) - 塩那道路(主稜線)幕営地標高1700m(14:30) 

             4/5初日詳細記事は →  こちら

*************************************

2008(H20).4/6(日)
【行程】幕営地(7:10)  - ひょうたん峠(7:20/7:25)  - 1754峰(女鹿岳と呼ぶ人もいる) - 男鹿岳(8:53/9:20)  - ひょうたん峠(10:23)  - 主稜線・幕営地(10:40/11:30)  - 1754峰(12:20) - 鹿又岳(旧ピーク1817.1m)(12:35/12:40) - 主稜線・幕営地(13:05/13:25)  - 男鹿川林道・白滝沢林道分岐(15:48) - 駐車地(17:30)

                  瓢箪峠付近のピークから男鹿岳を望む
画像


*************************************

2008(H20)4.6(日)晴れ

 最低冷え込み(外気マイナス5.6度)、未明起床の予定が寝過ごす。大佐飛山1870m峰から日が差し込む。
画像


 期待した冷え込みで軽装のピークハントにワカンはいらない。無風快晴の山日和、日焼け止めを念入りに塗りこむ。

 今日は男鹿岳(1777.1m)~鹿又岳(旧ピーク1817.1m・新ピーク1848m)をピストン、下山予定。朝から快晴の天気、以後、男鹿岳~鹿又岳は下山まで日差しと展望に恵まれる。

 AM7:10テント場出発。昨日の二人のトレースも残っている稜線を辿って、1717mピークから先の小ピークを越す。

                            振り返れば鹿又岳
画像


                     会津の会津の山々
画像


                     行く手に那須のシルエット
画像




 鞍部に「スペースハウス」があり、そこが瓢箪峠(標高1700m)と知る。楽しみの建物が見えたので近寄ってみる。
画像


 AM7:22「スペースハウス」は雪原から半分程度出ている。雪国の避難小屋と違い、風の吹き抜ける峠なので、窓に雪囲いをしなくても間に合うのだろうか。

 脇には。味気ないけど明快な看板「塩那道路記念碑(塩原側より29.2Km板室側より21.6Km)」。
画像



 峠から男鹿岳方面へは雪の尾根道を忠実に巡る。
画像


1730mピークからごく僅か下ると男鹿岳まで尾根筋が見通せる。東側に張り出した雪庇がいい。
画像

 先を急がなければならないが、ついつい足が止まってしまう。


 西側は会津の白い山並み。浅草岳まで遠望。博士山も浮かぶ。

 男鹿山塊では御馴染み「M」青プレートが二枚打ちうけられている木の幹を通過。
画像


 AM8:00、いよいよ1754mピーク(女鹿岳のマジック書きの黄色いテープあり、由緒ある山名かどうかは判らない)への登り、雪庇が待ち受けている。
画像


 雪庇に近づいてよく見れば、融けかかってツララができている。
画像


画像



 対岸、瓢箪峠から1622mの尾根経由の目前に聳える大佐飛山山頂への1870mピークは針葉樹で黒々とした山肌。瓢箪峠からみた大佐飛山は大きく近いが、ルートは地図で見るよりも長い尾根に感じる。
 大佐飛山だけが主目的の山行なら、百村山側からのルートが長くても雪堤尾根歩きが気持ち良さそうにも思える。
画像



 AM8:21、1754m通過。ここからも先も男鹿岳への爽快な雪庇が続いている。付近の針葉樹林も好ましい。
画像


 無風の稜線途中で、那須の展望・付近の雪庇を眺めながら休憩。
画像


                     ソフトクリーム
画像



 AM8:53-9:20男鹿岳の平坦な山頂部にたどり着く。対岸の大佐飛山山頂部(1908.4m)も、全容を現す。
画像

 

 男鹿岳の山名板が見つからず、数分付近をウロウロする。・・・と、木の枝に隠れるように、「栃木の山紀行」さんの山名板を見つける。他の山名板は雪に埋まっているようだ。測量板の残骸も確認できたので間違いなく登頂。
画像


 久恋の男鹿岳山頂。那須連峰を間近に展望できる。腰を下ろし、テルモスの紅茶とビスケットで休憩。
 貸切かと思っていた山頂に、意外なところから日帰り入山者3人組が登ってきた。聞けば、遠路はるばる長野の方で、福島側・栗生沢から来たそうだ。昨日も五人がこのルートで往復したそうな。昨日は鶏頂山スキー場から釈迦が岳を歩いたという健脚の三人と会話、山頂記念写真のシャッターを押し、往路を戻る。

画像


 AM9:33往路では気づかなかった、青のペンキが剥げ黄色のプレートと化した「M」文字。1754mピーク(女鹿岳のマジック書きの黄色いテープ)通過。鹿又岳は結構遠くに見える。今日あそこもピストンできるのだろうか?

 展望は、暖気で冴えなくなってきたが、白い会津駒ケ岳・燧ケ岳、高原山のシルエットを確認できる。

 AM10:23瓢箪峠通過
画像


 AM10:40-11:30、1717mピーク下、雪壁がしっかり残るテント場に戻り、昼食、テント撤収。ここで朝寝坊のツケが回って、計画よりドンドン遅れる。那須連峰、くっきり白く浮かぶ。
画像


 風もなく、快晴の空、テント撤収作業も楽チン。雪壁はそのまま残す。既に外気温はプラス。


 鹿又岳はここから瓢箪峠ぐらいの距離なので、鹿又岳(山頂渉猟様の足跡のみ)軽装でピストンを強行する。遅れたとしても帰路は同じ道だし、林道に出ればヘッドライトでも歩けるので、ここは頑張ってみたい。

 AM11:30軽装で鹿又岳へ向かう。

 稜線上は雪庇が使える。鹿又岳へは雪の上にスノーシューの歯跡だけが延々と続く。
画像


 1758mピークの手前鞍部で塩那道路が稜線の東側から西側に変わる。道路端には地肌が一部露出している。そのまま稜線上を素直に歩き、1758mピークを通過。

 相変わらす会津側の展望は良いのだが、時間が迫っているし、登頂を諦めたくないし、楽しんでいる余裕はない。まだ、鹿又岳は次の1770mピークの影で姿を見せない。

 AM12:00、1770mピークに登ると、やっと鹿又岳らしい山頂が姿を現した。鹿又岳まではほんの僅か下って登り返すが、山頂が近づくにつれて残雪が少なくなる。鹿又岳付近の残雪が少ない様子がここからでも判る。いつも全周囲から強風が吹きつけられている為だろうか?。

 稜線歩きは、硬い雪面、コメツガ・笹・シャクナゲの混合藪も邪魔にならない。

 AM12:17-12:20時間切れでアセアセと辿りついた鹿又岳山頂(旧ピーク1817.1m)。 山部藪人さんの3D山名板・火の用心の山看板、二枚ともコメツガにしっかりと付いている。測量の残骸もある。
画像


 目前の鹿又岳山頂(新ピーク1848m)往復40分かかりそうな距離だ。時間切れ、先には進めない。「旧」とはいえ、ここも充分、由緒正しい鹿又岳山頂なのだから、今回はこれで満足。
画像


 山頂からの展望は、日光の山並みをボンヤリと確認できる。燧ケ岳は見えず。恥ずかしがり屋の大佐飛山山頂は、名無山稜線の上にちょこんと頭を出している。


                 ・・・急いでテント場へ戻る
画像



 PM1:10-1:20テント場にて軽食、ワカン装着。大ザックを担ぎ、赤紐の撤収をしながら昨日の踏み跡を下山していく。

 PM1:35、稜線から名残惜しく鹿又岳を見送り、七ヶ岳の好展望ともお別れ。
画像


画像



                    サルノコシカケの仲間
画像




 急坂の雪斜面は午後の柔雪、ワカンでグングン下降、カラマツ林道へ出るまでは快適に下れる(残雪の藪山歩きに慣れた人ならば・・・)。
画像


 PM1:40、細いダケカンバ林、PM2:00カラマツ林緩斜面台地。積雪30センチほどと少なくなり、木の根周りの地面も見えてきたが、まだ、ワカンは外せない。

 PM2:10(標高1135m地点)、沢状の林道歩きに戻り、ここでワカンを外しザックにくくりつける。※土日の冷え込みで、核心部の雪が締まり、今回はワカンが効率的に使えた。
画像


 腐った雪で歩きにくい林道歩き、途中二回、休憩。湧き水が美味しい。ワサビ田分岐を見下し、ここからは除雪済みの普通の林道歩き。

 PM3:48「男鹿林道白滝沢林道」分岐にて休憩。単調な林道歩き、30分ごとに休憩を取りながら下る。
画像


画像


 途中の「紅藤橋(くどうばし)」名にふさわしく、休憩時、沢山の藤の種がサヤごと落ちてくるのが面白い。

PM4:30男鹿川堰堤上部に黄色のマンサクの花

PM4:40「尾ケ倉沢」橋通過。PM5:00黄金色に光る男鹿川の水面。
画像


PM5:20無人の「Jobs男鹿」敷地内通過。夕映えの鹿又岳・塩那道路が遠くにみえる。
画像


PM5:30駐車地着。最後の舗装道路歩きで、靴の汚れも少なく、スパッツに泥が少々。

 疲労も激しいので、下山後の温泉入浴も楽しみとなる。帰路のドライブルートは、鬼怒川温泉、日光市(旧今市市)経由。

 日帰り温泉施設は男鹿山塊登山にふさわしい、その名も「中三依・男鹿の湯(外来500円)」で入浴・休憩。施設フロントに鹿の剥製、男鹿が「誠」・女鹿が「愛」・小鹿が「元気」。
 入浴後、休憩室で少し横になろうと思ったがタバコの煙でゆっくりできず、外へ出る。290円ラーメン店で夜食。無事帰宅。


               ・・・・今回も写真の山に埋もれる・・・




人気blogランキング
人気blogランキング←御陰様で20位入り。クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←よろしければ、こちらも。




GOLDWIN WEB STORE

アウトドア&フィッシング ナチュラム


この記事へのコメント

2008年04月10日 05:13
おはようございます(^^)
すごいですねぇ・・・なんかず~っとみせていただいて自分も一緒に行動そているような気になっちゃいました^^;
お天気が良くって最高でしたね♪
頂近くの細い道は・・・見ただけでもう付いていけない(って連れてはいってきれないでしょう^^;)
でも素敵な写真ばかりで・・・
おお!こんなとこでテント張り!とか
おお!貴重な(?)サルノコシカケがあんなに沢山!とか(笑)
下山した後の温泉は最高でしょうね(^^)
お疲れ様でした。ゆっくり休んで・・・またトライですよね?
2008年04月10日 12:52
BUN様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 バリバリの?地味山域の記事でしたが、「山や」ではなさそうな?BUN様にもお楽しみいただいたとは、嬉しいですね。今回は近場の山でしたが、さすがにヘロヘロの下山となり、温泉に入ってきました。地元の方の愛用の施設のようで、休憩広間のタバコの煙が、辛かったです。鹿の剥製、良かったですよ。
やまおやぢ
2008年04月15日 11:03
先日社用で福島まで高速で行ったけど、男鹿山塊まで結構近いですね。
またまた精力的なテン泊山行をされているご様子、素晴らしいです。
雪山の写真ですが、例の写真以外は全くまだらはありませんし真っ白で綺麗なんですが。
場所によっては目に感じない黄砂の汚れとかもあるかもしれませんね。
当方ブログにも比較写真を乗っけてみました。
2008年04月15日 18:32
やまおやぢ様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 男鹿山塊は塩那道路のおかげで、微妙に渋山好きの山域となりました。稜線の枯木群はなんなんでしょうね?。
 例の写真のようにマダラ模様の写真まだ数枚あって、後の画像加工で誤魔化しました(笑)。公募には出せませんね。御陰様で「自動修正」以外の画像処理操作の勉強になりました。アドバイス有難うございます、助かります。