4/12柴倉山@只見、奥会津・残雪の春山、詳細

H20.4.12、奥会津・只見富士とも称される気になる残雪の柴倉山。送電線巡視路尾根から往復。霧雨交じりの雪の山頂部。静かな山・・・かな?(貸切で騒いでいたし~)。

**************************************
(ネットの情報より抜粋)
 柴倉山871.1m、只見富士とも称される優美な山で、只見町の中心街を見下ろす位置に聳えている。・・・山頂は小さな2つのピークからなり田子倉側がわずかに高い。真下に只見川、只見の町並み正面に浅草岳その左に純白の守門岳、烏帽子岳新潟県境の山々、伊南川の方向に眼をやれば、大川猿倉山、会津朝日岳、山の同定に困るほど山並が続く・・・このコースは、雪の状態が安定し、まだ雪が残っている頃がよい。雪が解ければ、猛烈な、ぼさ山となるであろう。
**************************************

 昨年の 蒲生岳山行の帰路、近くに似たようなトンガリ山を見て、帰宅後調べると「柴倉山」で登れるらしい・・・ウ~ン、登ってみたい・・・。


                速報記事は → コチラ

              関連・参考HPは→   只見町観光まちづくり協会



2008(H20)4.12(土)、霧雨のち曇り

【行程】福島・奥会津・只見町、「柴倉橋」脇駐車 → 柴倉林道基点・林道終点 → 送電線巡視路尾根 → 柴倉山(往復)


             リニューアル観光案内所のある只見駅から、柴倉山の眺め
画像



 霧雨の只見町入り。付近、昨年より雪は多いが、大雪の二年前よりは雪融けが進んでいる感じ。今日の行程は(一応)半日コース、目前の里山なので、ノンビリ朝食。
 雲が垂れ込めるも雨は上がり、二年前の鷲が倉山 もこんな天気だった。あの時は、歩き出したら、雨が止み晴れてきたので、そのつもりで遅めの出発でも気にしない。

 テルモスに紅茶を詰め、行動食で準備万端。只見町新町「民宿しばくら」付近交差点から、只見川に架かる水色に塗られた鉄橋「柴倉橋」を渡る。

 「林道柴倉線」の標柱を確認、まだ残雪の林道、橋の袂に駐車。
画像


 AM9:49標高360m位、橋の袂駐車地、出発。林道終点まで0.9キロ表示。「共有林組合以外の方々の山菜採取禁止」の標柱。

 残雪の林道歩き。融水が流れているものの、雪は締まっているのでツボ足で歩くのに全く支障はない。

 林道終点付近、豊富な残雪の柴倉沢から、オオサギが飛び立つ。他、山中の鳥、トンビ・アカゲラ・ミソサザイ・ヤマガラ・カラ類・ウソ・イカル・などなど。

 AM10:11標高約400m、広場になった林道終点は送電線巡視路の入口にもなっていて、広場の手前には、越後幹線No.37、38と書かれた送電線巡視路の標識。
画像


 巡視路に進むと、幅の広い山道が続く。苔むした岩の法面に咲き始めのスミレ。柴倉沢沿いに進んで、周囲は杉林から雑木林に変わっていく。

 AM10:30標高440m、沢は浅くなり、飛び石伝いに跨ぐ。杉の造林地を過ぎ、No16鉄塔への巡視路を右に分ける。一面の雪野原となった開けた所で休憩。

 AM10:52標高750m「電源開発(現Jパワー)敷地借受標識」。左手から沢が合わさる所、巡視路尾根、急な登りが始まる。
画像


画像


               急斜面に取り付けられたロープ数本が有難い。
画像


            イワナシの花咲き始め(やっと、はなやかな写真登場・・・)
画像


 AM11:10、大岩の右をすり抜け、送電線の鉄塔下に出る。
画像


 AM11:16、標高615m、本名線No17鉄塔。付近青い石・土壌、奥に次の鉄塔。まだ雲の低い空、振り返ると只見の町が眼下に見える。伊南川が只見川に合流する様子が興味深い。
画像


 鉄塔工事で駆り払われた展望のヤセ尾根、急坂。さすが巡視路、コンクリートの階段が数箇所。有難い・有難い。
画像


 残雪がでてくるが、安定しているので不安なく通過。一旦緩やかになった尾根が、再び角度を増す。蒲生岳のような岩と松の急坂尾根、爽快な気分もしてくる。

 途中の岩場に、鉄バシゴ。それを登り、雪田に乗りつける。さらに急坂を登る。
画像


 ここも急斜面にロープがあるが半分雪に埋もれアテにできず。安定した露岩・木の枝つかみで登る。周囲、イワカガミの大きな茶色の葉が群生。

 AM11:52、急登を終え、770m峰の左肩部に出る。主脈?稜線に登りつく。雲の中に入ったかのように、霧雨っぽい雫。だが、雨具を着込むほどではない。
画像



 地形図を確認、左折。柴倉山を目指し、越後幹線の鉄塔に向かう。べったり残る残雪にご機嫌、快調に鞍部をめざす。緩やかに下っていくと、越後幹線の鉄塔に出る。
画像


 AM11:56-12:02、標高750m鉄塔下で休憩。巡視路はここまで、この先柴倉山へは、無雪期、ヤブを漕いでの登山となるそうだ。

 あいにく展望は曇天で期待できずとも、見事なブナの巨木林に囲まれ、ご機嫌。ブナ林が広がり、下生えはツバキが目立ち、浅草岳山麓の雰囲気に似ている。

 主脈尾根、登りは高いところをめざすだけだが、「ブナの根開き」以外は、べったり残雪。 麓の物音がよく聞こえるので、遭難しようもなく気楽。雪がしまりキックステップでさくさく登れる。
画像



 山頂直下の藪、運よく残雪が残って、一部藪が覗く所で手間取るが、木の枝掴み&ピッケルで直登。山頂へは尾根通し、直接急斜面の薄い雪壁から乗りつける。
※ここはもっと上手く雪を利用するなら、右手(南側)から回り込んだほうが雪を使えて安全だったろうと、後で反省。
画像



 AM12:35-50、三等三角点を持つ柴倉山(標高871.1m)についた様だが、一面の積雪で稜線が盛り上がりイマイチ見当がつかない。無雪期の山頂は三角点のみ、灌木に囲まれて、見晴らしはないようだ。今は、程々に展望も楽しめるが、なにしろ雲が濃いので羽衣の景色。
画像


 細長い山頂部、ついでに数分先のピークまで足を伸ばし、雲の中から蒲生岳・只見川・鷲が倉山を確認して、元の最高地点へ戻る。
画像


 腰を下ろし、ここまでの雪の状態が良かった事に感謝しつつ、お茶と行動食で休憩。山頂を後にする。



 山頂部直下、いやらしい薄い残雪・藪交じりの急坂は慎重に一歩づつ下り、ブナ尾根まで戻る。

                       緊張・・・慎重・・・
画像



 AM12:56、積雪の安定したブナ林の急坂、グリセード交じりに下降。
画像



 PM1:04、鉄塔通過。
画像


 PM1:10取り付き尾根の急下降。ここからの下りは、雪も少なく、急斜面が続く。足下に注意しながら降りていく。
画像


             マンサクの花(ようやく二枚目のはなやか写真)
画像


 PM1:30、足元も安定して、尾根の展望を楽しみながら下る。周囲の残雪とモヒカン・スラブの山肌・只見の山里の風景を眺めながらの下降。
画像


 PM1:45 、No17鉄塔。空が明るくなってきた。

PM1:54尾根取り付き「電源開発敷地借受標識」台地着。
画像


 杉植林道兼送電線巡視路の山道、キクザキイチゲ咲き始め。
画像


 帰路の林道歩きは、植林地の残雪もあり、適当にショートカット。PM2:30-3:18標高400m駐車地手前、陽射しがあり気持ちがよい場所に出る。時間も有り余るので、コンロを出しラーメン休憩。
 
 PM3:24無人の駐車地着。山中、誰にも会わず。荷物・びしょぬれ靴(春の残雪期専用靴)の整理。


 下山後の日帰り温泉入浴施設は、「只見町営保養センター(入浴400円・大広間休憩料込み500円)」と比べて迷ったが、神経痛・筋肉痛に効果のありそうな「深沢温泉むら湯(むらゆ、大広間休憩料込み600円」)にて、入浴・休憩。
 地元の人が言うには、隣のもっとデラックスな施設「湯ら里(ゆらり、大広間休憩料込み700円)」の方が人気があるそうだ。



                   明日は、同じ只見町・蒲生岳(山頂直前で撤退)





人気blogランキング
人気blogランキング←御陰様で20位入り。クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←よろしければ、こちらも。





GOLDWIN WEB STORE

アウトドア&フィッシング ナチュラム




この記事へのコメント

2008年04月17日 10:40
「柴倉山」???でした。
去年の「蒲生岳」の記事に載っていましたね。
残雪期限定で登ることが出来る山は私には縁が無いのですが、でもその素晴らしさは一昨年連れていって頂いた「堂津岳」で実感出来ました。
2008年04月17日 12:24
noritan様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 蒲生岳山頂から見ると鷲が倉山と柴倉山、似たようなトンガリ山にも見えました。柴倉山の情報は少ないですが、小さい山なので、雪の状態を選べば何とかなる(ダメモトでいいか~)と・・・。
 「堂津山」の皆さんの記事、よく覚えていますよ、お天気とお仲間に恵まれ楽しそうでしたね。私もあの山は行ったことがないので興味はあるのですが。そういえば、雪の「虫倉山」撤退以来、鬼無里付近の山、行ってないな~。一旦腰をあげると運転も楽になって、通い続けるのですけどね・・・。
2008年04月17日 13:23
こんにちはー!
テントミータカ隊らしい、しぶ~い山行でしたね。
その中で3枚の“はなやかな”お花の写真が引き立ちます。
>モヒカン・スラブの山肌
こう表現するんだ~と妙にウケてしまいましたぁ。
>神経痛・筋肉痛に効果のありそうな・・・
初期の坐骨神経痛に悩まされている
今の私にはこの言葉すっごく魅力的!

2008年04月17日 21:23
mikko様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 この山、北西面から登ったので、余計、雪融けが遅れてお花も遅れているのかもしれませんね・・・。山菜採るな看板でもフキノトウぐらい写真に撮れば良かった(笑)。深沢温泉・むら湯は赤錆色のお湯です、私は気持ち良かったです。お試しあれ。
2008年04月23日 17:46
イワナシ~! 当方も大好きな花ですよ~。
もう少しかわいい名前でもえがったんすがね~(笑い
あ!連日の25℃連発で当地会社事務所は昨日初エアコン稼動となりました(;^_^Aアセアセ・・・
2008年04月23日 22:14
やまおやぢ様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 お~、イワナシファンですか!。只見の山のイワナシは色も濃くて私も好きな花です。そちらで25℃ですか!一気に暑くなってしまいましたね。アプローチ林道の融雪・除雪が進むと嬉しいのですが。エアコン冷えで体調を崩しませんように。