ヒカゲツツジ@鹿沼の二股山(ふたまたやま)

 昨年の名残のヒカゲツツジに無念。今年はより早めに出かけて、見頃のヒカゲツツジを楽しんできました。今回の記事も花写真オンパレード(行程が地味なもので・・・)


         速報・他の花写真記事は →  コチラ

          昨年4/25の残念記事は →  こちら


                       ヒカゲツツジ(サワテラシ)
画像



【行程】鹿沼・下久我林道終点―二股山往復
           (真面目に歩けば全行程二時間半、一般向け。花撮影が目的の為、昨年と同行程)
    
2008(H20)4月中旬

 ネット情報で近所の谷倉山でもアカヤシオ・ヒカゲツツジ開花の情報を得て、昨年の4/25名残の花を見て以来、一年ぶりに二股山のヒカゲツツジを見に行く事にした。

 今回がまだ早ければまた来週と思い、有名な坪山も見頃との情報も心強い。

 鹿沼から、前回の石裂山で通い慣れた「鹿注意」警告板が安蘇山域らしい県道を進む。

 下久我バス停の空き地に駐車する心積もりも、イザ、ここまで来ると、昨年の苦労も忘れて、林道終点の駐車場へいってしまうのだからしょうもない。

 民家脇の小沢沿い林道、咲き初めのニリンソウ・ヤマブキを横目に、植林地の薄暗い林道奥に入る。車の腹を擦らないよう注意しつつ、無人の伐採広場の駐車場まで乗りつける。

 真新しい看板があり、「回遊コース・下久我P」看板。周回ルートや縦走ルート・各登山口からのルートが書かれていた。
 二ヶ月前のヤマケイに載っていた山なので、市で整備することになったのだろうか?。

 荷物を軽くし、レンズ二本をウエストバックに納め、煎餅大袋とコーヒーを行動食代わりとする。

 駐車場標高約250m、出発。

 明るい伐採地、咲き初めのヤマブキ・モミジイチゴ(だとおもう、ニガイチゴの花はぶら下がらない)の花が揺れている、荒れた林道歩き。
画像


画像




 おびただしい群生のタチツボスミレ他、ニョイスミレ・ツボスミレ・アオイスミレ・カキドオシ・トウゴクサバノオ・ハルトラノオ・ムラサキケマン・ケマルバスミレ・キケマン・ユリワサビに似たマルバコンロンソウ。

                          タチツボスミレ
画像


                           アオイスミレ
画像


                           エイザンスミレ
画像



 沢沿いの林道歩きも、花が多く撮影でなかなか先に進めない。


 道はNHKの道標がある杉植林のなか、ジグザグに急登。

 薄暗い植林地も下草の萌黄色の芽ぶきで明るく感じる。

 花があり、エイザンスミレが多い・ヤブレガサも芽ぶき。トウゴクサバノオも林の中では咲き始め。ヒトリシズカはまだ芽が出ていない。

                                 ヤブレガサ
画像



                               トウゴクサバノオ
画像




 ジグザグ急登が続き、標高455m、笹が増えた日当たりの良い尾根に出る。下沢からのルートと合流。昨年の雨の中で、鬼怒沼トレーニングの地元おじいさんとあった事を懐かしく思い出す。

 NHK送信所(NHK鹿沼テレビ中継放送所)の白い建物が見える。送信所の奥がすぐに北峰。裏手の北峰着。

 AM11:20「二股山」北峰575m、狭い山頂には大きめの石祠と、木板の看板がある。北峰から眺める南峰(569.6m、三角点あり)。所々にアカヤシオのピンク色。眼下に鹿沼市街地。北峰でもすぐ足下に満開のヒカゲツツジ(サワテラシ)があって、南峰の様子に期待が出てくる。

 先の悪い岩場は今回は避けて、少し戻って周回コースから行く。標識がいっぱい。右に下り。

 南峰とのキレット鞍部。薄暗い岩壁に、山深い感じ。アカヤシオが見事に満開。・・・と上から人が下りてきた。

 交差がてらに話してみると、なんとお1人は地元の登山道整備のボランティアの方で道を手入れ用のスコップを持って歩いている。後でブログの縁で、この方HPも持っていて、詳しく二股山の案内・紹介されている。
 登山道整備のお礼をいい、この先も満開のヒカゲツツジでアカヤシオも見頃、展望台まで行ってみると良いとのアドバイスを受けて、別れる。

 岩の急坂を登りこせば、木の根の斜面に、ヒカゲツツジ(サワテラシ)のクリーム色の花。まだ蕾もあって傷んだものもない満開の様子。


 胸がドキドキ、山頂を目指す。

 三等三角点のある広場状となった「二股山南峰569.6m」すっかり暖気で霞がかった空。展望はないが、ヒカゲツツジが満開なので、展望は二の次。わっしゃわっしゃと大株で咲き誇り、アカヤシオも綺麗な花。

 「雷電様」小さな石祠の上も満開のヒカゲツツジ大株。
画像


 山頂広場にザックをを置いて、カメラセットですぐ先の「展望地」まで足を伸ばす。

 下久我の山里を見下ろす「展望地」。今日は、北峰からこの辺りまでの稜線、ヒカゲツツジ・アカヤシオの見どころだろう。存分に撮影。

                           ヒカゲツツジ
画像


画像




                              アカヤシオ
画像


画像


画像




 山頂広場へ戻り、休憩。画像データの整理、暫く後、元気回復、また撮影。



 いよいよ南峰発、春霞で最後の山頂からの展望もなし。標識が丁寧についているので安心。

 風景メモ・花撮影しながらの往路を戻る。杉植林帯を抜け、広い林道へ出る。

                         エイザンスミレ
画像



 タチツボスミレの多い沢沿いの林道歩き。タンポポ。ツボスミレ。キケマン。

 標高250m出発時と同様、愛車のみの駐車地点「下久我P」に戻り、荷物を片付ける。

 車の腹をこすらないようにゆっくり林道を走り里に戻る。無事帰宅。


 数日後の4/19に二股山を歩いてヒカゲツツジを見物した、 さすらい人サンsanaeさん&トシちゃん隊 の情報によると、落下したものもありますが、まだ、綺麗な花が残っていたそうです。



       二股山登山道、周回コースについての参考HPは →  コチラ




人気blogランキング
人気blogランキング←御陰様で20位入り。クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ←よろしければこちらも。











GOLDWIN WEB STORE

アウトドア&フィッシング ナチュラム






この記事へのコメント