5/17-18、大日杉から飯豊本山一泊二日詳細(二日目)

H20.5.17-18…ブヨにも負けず御沢の雪壁は歩き易く、切合小屋泊。翌日は山頂往復。展望にグリセードも楽しむ静かな主脈稜線。定例?飯豊シリーズ。雪と花、今年もいいでえ。



                            速報記事は→ コチラ

                         初日詳細記事は→ こちら




                     飯豊本山・一王子から下山グリセ~~~~ド~

画像




(二日目)
2008(H20)5.18(日)晴れ

【行程】切合小屋―飯豊本山往復―切合小屋――御坪・御沢―地蔵岳―大日杉登山口

 静かな朝、ウグイスの声、熟睡し寝坊。AM4:25何とか日の出に間に合う。初めから予定よりも遅ればせながらも、食事・荷物まとめ、飯豊山頂へと軽装往復準備。
画像




 快晴・雄大な景色が広がる。朝の凍った雪なので、念の為アイゼンをつける。


 AM6:00標高1700m切合小屋出発。小屋前から雪渓歩き、すぐ草履塚へ続く登り。振り返れば、ツンと浮かぶ磐梯山。うねうと青い山並み、吾妻連峰・飯森山・栂峰。豊富な残雪の大日岳稜線が目前に飛び込んでくる。
画像




 「草履塚」山頂1908mは一部雪なし、帰路に踏むこととして東雪面を巻き次のピークへ。

 見渡す、行く道来た道。本山小屋も近い。本山への夏道は全部出て、山腹の残雪量は例年より多くベタッと残しているようにも見える。雪面から夏道に降り立つ、直前アイゼンを脱ぐ。






 AM6:30草履塚先のピーク、ガンコウラン・コケモモ・ハイマツの葉に朝霜。
画像




 新雪が白い筋を残す大日岳・牛首山の眺め、付近の山肌の雪面は、本山から御西への稜線・山肌のほうがべったり真っ白。
画像



                          本山山肌ダケカンバ群に陽があたる
画像



 姥御前姥権現までの夏道の急下降。本山から単独青年氏と交差、昨日は貸切本山小屋泊だったそう。この後、御西からグループがやってくるそうだ。鞍部から御秘所・姥権現様へ向かう「ミヤマキンポウゲの小路」、今は雪が消えたばかりの枯れた道。




 AM6:45、石段、赤い涎掛け(めくった人はだ~れだ)の姥権現様に再訪の挨拶。
画像



                      ようやくハクサンイチゲの芽ぶき
画像





 ゴジラの背が際立つ岩場、今年も「♪オー、オヒショッ」ウグイスのさえずり、「御秘所」。難なく通過。

                    岩場にコメバツガザクラの花
画像





 「御前坂」から最後の急登。夏道で一王子へと大日岳稜線を眺め、気を長くしてジグザグ登る。
画像



 青空の中。空身なので快調に足が進む。御西からの5人グループと交差。


 AM7:00標高1865m目つきの鋭いイワヒバリは食事に夢中。真近に見える一王子の石積み。
画像




 AM7:15標高1930m、スーパー一袋分の新しいゴミを見つけ、怒りつつ拾って持ち帰る。気を取り直し、一王子へ乗り越し、平行移動で本山小屋へ向かう。

 AM7:30標高2015m一王子、ここでも目つきの鋭いイワヒバリがとまっている。雪融けのぬかるみが多い一王子。日当たりがよく、夏道が出ている。
画像




画像



 AM7:45-7:56標高2102m、小屋前に残雪が残る本山小屋着。神社の鐘を鳴らす。豪華な外トイレも使える。無人の小屋内に入る。靴を脱ぐ時間が無いので、一階のあがりかまちで、行動食で一休み。ザックを置いて、カメラのみで飯豊本山山頂へ向かう。
画像


 さすがに2000m峰、風が冷たく吹きさらしで身が引き締まる。
画像


 AM8:15無人の飯豊本山山頂2105.1m。三角点上に大理石の屋根が付いている。櫛形山脈・蒜場・二王子、烏帽子・北股岳・門内・梶川尾根・丸森尾根・杁差岳・大境山・倉手山、光兎山・鷲が巣山、大朝日連峰・宝珠山から続くダイクラ尾根などなど展望良し。暫く休憩。

画像


画像


画像


画像







 AM8:37-9:01標高2102m、本山小屋に戻り、お湯を沸かし休憩・軽食。
画像



 本山小屋を後に帰路を戻る、一王子まで夏道。一王子水場から東面雪面に出て、鞍部まで快適にグリセード。
画像





 AM9:16標高1875m御前坂にて夏道に戻る。「御秘所」通過。姥権現様に挨拶。目前の草履塚を見上げ休憩。
画像


 草履塚山の登りは夏道を使う。イワカガミの茶色の葉がつやつや光る。

 AM10:00標高1908m無人の草履塚山頂。目前の雪渓越し、切合小屋と種蒔山の展望が素晴らしい。先ほど交差したグループが切合小屋で休憩したのだろう、種蒔山のほうに向かっている姿を確認。すぐに雪渓に戻り、緩斜面の雪面を切合小屋目指し、グリセードには物足りない緩斜面、滑らないので駆け下る。あっという間に切合小屋。

 AM10:20-11:13標高1700m切合小屋。荷物をまとめ直し、ラーメン昼食。一晩お世話になった小屋を出発。

 壁の雪も緩んできたので、直接谷間にグリセードで降りることにする。滑り始めてみれば、緩んだ雪質で何のことなく、無事に稜線雪壁下着。
画像


 振り返れば、雪庇壁の崩れ加減が迫力ある景色。快調にグリセード下降。
画像


画像


 AM11:30標高1540m御沢最低鞍部着。

 登り返し、AM11:37ダケカンバ林・カタクリ待つ「御坪」にて休憩。昨日より陽射し弱く、渡る風も涼しく、ブヨも少なく過ごし易い。

 今日は風があって快適に下山できそうだ。地蔵岳までの往復同時間のアップダウンが続く。
画像




                             夏道の花撮影

                                キスミレ
画像


                                カタクリ
画像


                              キクザキイチゲ
画像


                              ウスバサイシン
画像






 PM1:45標高1538.9m地蔵岳三角点にて大休止。飯豊本山・草履塚・切合・種蒔山隣の五段山・剣が峰・三国岳、最後の主脈の展望を愛でる。
画像


画像



                           またね飯豊本山様
画像






 元気を取り戻し、雪面・ブナの巨木の道を急降下。雪面に本日分?地蔵岳まで往復の一人分足跡あり。ブヨが復活・増えてきた。完全虫除け体制を整える。


 雪斜面最後のグリセード下降。ブナ林、カタクリ・イワウチワ・ショウジョウバカマ。

 タムシバも昨日のつぼみが開いて花束。雪道からブナとイワウチワのプロムナードの夏道。
画像




 PM2:50「御田」通過。ブナ林に最後の雪面、残雪の融水の夏道、枯葉や木の根で滑りやすいので慎重に下降。
画像




                   緑にタムシバの白が映える。
画像


画像



 PM3:30「釈迦ざんげ(一合目)」。ブヨが物凄い。足の靴連れと疲労が濃く、ここで休憩時間を多めに取る。
 慎重に鎖場の下り、残雪に降り立ち一息、残雪の杉の植林帯の道。

 PM4:00標高650m大日杉跡看板。登山小屋前の広場、行きにはなかった新設の登山届け記入提出所。
画像


 橋を渡り、PM4:07標高620m登山口駐車場着。登山口は無人の駐車場。


 車へ戻り、荷物の整理。お湯を沸かしカップラーメンとするが、ブヨがものすごく、足を刺されてしまう。車内のブヨを追い払い、車のハンドルを握る。手前の駐車場にはたくさんの車。

 綺麗で優しい受付嬢のいる「白川荘」にて入浴休憩(400円)。飯豊山行後に立ち寄るなじみの喜多方ラーメン店は既に閉店時間を過ぎて寄れず。会津坂下の290円ラーメン店で、豪華に味噌タンメンと極旨醤油ラーメンと餃子の夕食。

 一般道の帰路、会津西街道。深夜、無事帰宅。




人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←よろしければ、こちらも。








GOLDWIN WEB STORE

アウトドア&フィッシング ナチュラム




この記事へのコメント

2008年05月22日 20:03
姥様の前掛けをペロっとめくったのも、今は昔の話し。
Cカップと記憶しております。
お天道様も味方につけ、素敵画像でバーチャル体験させていただきました。
2008年05月22日 20:55
テントミータカ様
あぁ、もうもうメチャクチャ…凄い!羨ましい!飯豊連峰山行!?
首がキリンになる前に、また訪問しちゃいました。
ハタノ様が姥様のパイパイをCカップ???
あたしは、Fカップだと思ってました^m^ふふっ!!
姥様は、飯豊山に登った子供が帰って来ない…。
ずぅ~と・ずぅ~と探しまわっているうちに、姥権現様(地蔵)になったとか? 『母の愛は山より高し!!』でしょうか?
飯豊に、すぅ~ぐ反応してしまう、あたしも地蔵様にならぬ様。
ガンバです。ふぅ~!!
あぁ~、飯豊は最高!さ・い・こ・う!!
テントミータカ様のブログは名実ともに最高!! 
素敵な飯豊、ありがとうございました。
まだ、心臓がバコバコしてます。
2008年05月23日 08:46
ミータカさん おはようございます。
飯豊の長~いレポ、じっくり拝見。
ミータカさんのレポは写真もまとめ方も上手なので、全くどこの山かと思いました。
お日様しか写ってない写真、これ1枚でもすごくインパクトがあります。
それと、速報の写真、傑作ですね。
これだけ飯豊を紹介して頂けると近くの者としては嬉しい限りです。
新潟県、山形県、福島県から親善大使を勧められるかも知れませんね。
次のズワイガニの記事も感心しました。合わせてコメントさせて頂きます。
2008年05月23日 09:49
う~ん、益々素晴らしい!
連休明けのこの時期は入山者も少ないようで逆にいいんでしょうかね?
花は勿論これからですね~。
今年の遠征は白馬だ朝日だぢゃなく、飯豊にしたいな~(^¬^)じゅる・・・
2008年05月23日 17:40
さすがテントミータカさん!この時期に飯豊山ですか!
すごいですね~
7月の残雪でも持て余した我らです(笑)
素晴らしい展望、お花、しっかり楽しませていただきました。
ゴミの収集、頭がさがります。
あの装備でなかなかできないことですよ。
お疲れ様でした。
2008年05月23日 18:04
皆様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。

ハタノしゃん
 あの時のレポ、すっげ~面白く拝見しておりました。本山小屋でのミーティング、懐かしいですね。簡潔にまとめられずに長文レポですが、楽しめていただけたようで、嬉しいですよん。

yukitubaki様
 yukitubaki様も飯豊ファンですね!長文レポ、過分なお褒めの言葉!。ネクラハイカーなので、穴があったら入りたいくらい恥ずかしくなります(笑)。飯豊が素晴らしい山域で、私のレポを楽しめたとしたら飯豊の魅力のおかげでしかありえません。たくさん沢山、飯豊を歩いて下さい。そして、その感動、記事アップ、私も楽しみにしています。

甘納豆様
 蒜場日帰りのほうが大変そうかな?とも思っています(暑い遠い険しい…猿)。今回は感動を忘れない内にと、急いでまとめたもので、楽しんでいただけたようで、ホッとしています。天気に恵まれた二日間でした。厳しい表情の時の記事もアップしないと山に失礼だと思っています。…が、ブログをははじめる前に散々経験してきましたので、いづれ、昔話にでもと(笑)。

(続く)
2008年05月23日 18:14
(続き)
やまおやぢ様
 今の時期、途中の雪面&ブヨ対策がポイントかなと(笑)。夏道が露出していますから、割と簡単です。…と、言えるのも、今まで初夏・晩秋、何度も通っているコース、地形を熟知しているからかも知れませんね。盛夏の飯豊は「…アッチ~!」です。

sanae様
 確か、テント場が工事中で使用できなかった珍しい年でしたよね。6月の草履塚・本山への道も花が綺麗なんですよ。懲りずに又、飯豊へお出かけください、今度はちゃんとテント場がお待ちしております(笑)。スーパーのゴミは…珍しい所で見つけてしまいましたからね(飯豊を歩いて、アレは初めてでした)~。
やまとそば
2008年05月23日 23:48
この時期の飯豊、素晴らしいですね~♪
さすが、テントミータカ隊です。
本当~に素晴らしい景色をありがとうございました。
それに、グリセードですか・・・最高です!
2008年05月24日 16:21
なるほどです。
イメージわきました。
うちからだと、土日2日間ではやっぱり川入からですかね~。

長文レポ、詳しくてイメージもわきやすく、さっきから地図片手に、
ず~と読んでましたよ。

写真もとってもきれいです。
ありがとうございました。

2008年05月26日 17:07
皆様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。

やまとそば様
 飯豊の様子を楽しんでいただけたようですね。期間地域限定のロンググリセード、止まった地点から見上げる自分のシュプール?。山スキーの皆さんの気分をちょっぴり疑似体験できました。

三脚マン様
 だらだらレポ、少しは役にたちましたでしょうか。川入が一番入山しやすいでしょうね。天気を見て入山されるかと思いますが、念のため、雨天だと地蔵山・清水分岐までの登路が水路化しますので、ご注意下さい。写真お褒めいただき光栄です。