8/2-4花と展望と雪渓の白馬岳・鑓温泉、テント二泊詳細

 
 大雪渓に温泉に花に展望に・・・、飽きず?に、白馬の人気縦走コースを歩いてきました。

 今回は一応、山行詳細記事となりますが、何度も歩いているコースで、他にもガイドブック等のコース資料も沢山あります。主に個人的に印象に残った事をつづります。


                         速報記事は → コチラ

                           鳥記事は → こちら

                           花記事は → コチラ

                    クジャクチョウ記事は → こちら 



**********************************************

 【行程】2008(H20).8.2-8.4
  8/2、AM6:08猿倉駐車場~大雪渓~AM11:30白馬村営頂上宿舎テント場(一人500円)
  8/3、白馬岳ピストン・AM9:00テント場~白馬鑓ヶ岳~大出原~PM2:20鑓温泉テント場(一人500円+温泉入浴300円)
  8/4、AM8:40鑓温泉~小日向のコル~PM1:20猿倉駐車場



 8/2、前夜入車、仮眠後の猿倉駐車場(標高1250m)の朝、第一駐車場は満車。猿倉荘脇の清潔なトイレは有料100円

 大賑わいの白馬尻小屋前広場(標高1560m)にて、塩むすびの朝食・休憩。
 白馬尻小屋のトイレは管理協力金方式の清潔なトイレ
 セルフサービスの100円コーヒー、インスタント粉コーヒーでも美味しく嬉しいサービス



              既に大行列の白馬大雪渓入り、途中一回、雪渓登山道に小さな落石有り
画像


 大雪渓、途中の急坂(歩き始めて40分あたり)まで、熱気で、涼しくならない


 二時間ほどで大雪渓も終わり、以前の葱平直下からの取り付き雪渓は落石回避の為、迂回路、草付きに這いあがる。40人程の市民登山団体とかち合い、取り付き部は大渋滞。
画像



 高山植物帯監視のグリーンパトロール数人が花観察

 小雪渓トラバースは無し

 お花畑上部、いつもの梅干岩(仮称)付近豊富な残雪で、例年のカラフルなお花畑よりも黄緑が多く目立つ。

 
                    数年前の参考写真記事は、→ コチラ


                    ここまで来れば、今日のテント場(頂上村営宿舎)は近い
画像



                          頂上村営宿舎(標高2730m)が見えてきた
画像




                            テント場(PM1:00頃)
画像



 今年の頂上村営宿舎の外来食堂メニューは、昨年よりも品数が減って(カツカレーが無い、カツどんが無い、フライドチキンが無い、はぁ~)、やや物足りない(コロッケ・カレー・おでん・いなりずしは有る)。
 後で、ケーキ二種類(400円・350円)を買って、テント内にて自前ドリップコーヒーで寛ぐ(下戸なのでビールは飲めないので・・・ネ)。



                午後は付近の散策、白馬山荘へ向かう登山者の列
画像



*******************************




 8/3、ここで連泊にしようか鑓温泉へ回るか、大雪渓を下山するか、あれこれ考えながらも、朝寝坊。

 ともあれ、テント撤収、荷物をテント場にデポ。白馬山頂に空身ピストン


                    山の遠望がよい(画像をクリックすると大きくなります)
画像



                          定番の眺めといえども、感動がよみがえる
画像



画像



画像



 大賑わいの白馬山頂(標高2932m)は落ち着かないので、やや三国境側に下る


                    こちら側からの白馬山頂部の眺めもいい
画像



                            雪倉岳・朝日岳方面
画像



 オンタデ群生と妙高火打方面、焼山が懐かしく見える
画像




 チングルマに似た、キンポウゲ科の葉っぱでフワフワ果穂の植物が群生している。何なのか?特定できず、帰宅後、ふと「うずのしゅげ」をたどり、ツクモグサの果穂と知る。次回は、この花が咲いているときに歩いてみたい。



 テント場へ戻り、今日は夜遅く天気が崩れる予報。鑓温泉テント場へ移動することに決める。


                           丸山直下からの白馬岳
画像



                                 杓子岳方面
画像



                            日曜の朝、大雪渓は下山の人が多数
画像


画像





                             白馬三山縦走路その①
画像




                             白馬三山縦走路その②
画像




 白馬鑓が岳の山頂手前の岩稜帯・山腹のお花畑は、7月中旬あたりが満開の見頃だろう・・・

 杓子岳山頂・白馬鑓が岳山頂共、特別、興味が無いので踏まず。


                     白馬鑓が岳山頂部から、雲湧く鹿島槍ヶ岳方面
画像




                     大出原への下降途中から見上げる、白馬鑓ヶ岳
画像




 ↓辛口コメント
 「大出原」の看板前、グリーンロープを越えて記念撮影のグループに、静かに注意するが、「石の上だからいいだろう?」風の怪訝な顔をされる。
 今年は雪融けが遅れて、ハクサンコザクラも開花したばかり。進入禁止の置石の奥なのに踏み込む人もいて、携帯で花接写、目前でこれをやられて、堪らず注意するが、きりがない。

※大出原の登山道も、昔はお花畑の中を歩けたが、踏み込み被害が増大して、植生保護のため林の縁へ登山道が迂回されてしまったのに・・・。



 自分の山を楽しむ事に集中する為、「人を見ないモード」に切り替え、鑓温泉のテント場へ急ぐ。





 鑓温泉への岩場の道は頑丈な鎖と階段で整備されていて、数年前よりも歩きやすい。夏道で温泉まで歩ける。
画像



 日曜泊とあってテント場は、余裕がある。今日のテントは17張り程
画像



 今年の温泉は熱い位の湯加減で、充分に体がほぐれ、疲れも癒される。


****************************************






 8/4、未明から雷雨、

 夜明けと共に、本降りの雨の中、宿泊者もテント泊者も、続々と下山していく。小日向のコルまでのトラバース道、落石沢の通行が気になるが、大丈夫なのだろうか?。

 朝寝坊・朝風呂、とりあえず、テント以外の荷物をまとめ、小屋に様子を聞く。
 落石沢は落石があるけれども通行は、監視員が様子を見ながらも通行させるとの事。

 テント撤収、出発。


 現場は小さな落石もあり、通行待ち渋滞の尻尾につく。しばらく待って、落石の音を確認しながら誘導する温泉小屋からの従業員・監視者の指示に従って、慎重に通過。
画像


画像


画像



 小日向のコルへの登り返しの道は、新道となり、スカンポ・シシウドの背丈の高い草付きと潅木の中の道と変わった。折からの雨と多数の登山者に踏まれ、新道特有のぐちゃぐちゃ泥道。
 池の鞍部から登り返し、キヌガサソウの池付近で旧道と合流。

 温泉への入山で向かう分には楽になったのだろうが、展望が無いのと草いきれで、昨日・一昨日の通行時はさぞ暑苦しかった事だろう。

 楽しみだった旧道の砂礫道は通らず、シナノナデシコを見損なう。


 小日向のコルで雨具を脱ぎ、快調に猿倉駐車場へ向かう。車三割程の駐車場着。


 荷物の整理・着替え、移動。八方温泉「第一郷の湯500円」にて入浴・休憩。白馬道路、「中条村・道の駅」にて手打ちそば(普通盛りでも量が多い)&おぶっこ定食の食事(美味しいよ)、地元野菜の購入。

 



 一般道、篠ノ井・浅間サンライン・国道18号経由、夜、無事帰宅。






人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←よろしければ、こちらも。




sony style

より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。



この記事へのコメント

2008年08月07日 23:20
たかさん こんばんは^_^
わ~っすごい人の数ですね!
きつそうな山にもこんくらい人が居れば心強い感じかも^o^
他の記事のお花も素敵というか勉強になりますね^=^
2008年08月08日 17:06
でらり様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 そうそう!沢山歩いているんですよね~。私もこの調子で、有名な針の木雪渓もこうかなと行って、な~んも目印が無くて焦った事があります。でも、白馬大雪渓も落石がありますから気をつけないとね・・・。土曜日は大概の方が入山の登りなので、下る人が待たされて大変だったようです。
 白馬の花はいいですよ~。ぜひ、実物を見に来てくださいな。
 
カモシカ
2008年08月08日 20:53
写真がいいですね。雰囲気がよく伝わります。

>ケーキ二種類(400円・350円)を買って、テント内にて自前ドリップコーヒーで寛ぐ(下戸なのでビールは飲めないので・・・ネ)。
こんな所に反応(笑・・・私も下戸なので!
多くのブロガーさんの山行記では、ほぼビール登場となりますが、ケーキにコーヒーが出てきてホッ。
2008年08月10日 23:09
カモシカ様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 わ~い!下戸ゲコ山ブロガーさん!お仲間めっけ(笑)。真夏の北アルプスは「コーヒーケーキセット」コレですよね!!。・・・スイカもカキ氷もアイスも食べたい・・・。
2008年08月12日 11:52
あんな急傾斜の雪渓でウン十人もの団体さんが班にも分けず一団となって歩かれると交差も容易ではないですね((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
テントミータカ隊様ならではの観点でのレポ、非常に参考になります。
ロープからの進入はあきませんよね~。
「ロープぎりぎりにヒザヒジ着いて泥付けて遠くの花撮ればこそ山屋ナリ」
+おやぢは酸欠でめまいするナリ(笑)
2008年08月12日 18:21
やまおやぢ様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 一応班を分けて歩かれているのですが、いかんせん、絶対数が多いのと、雪渓からの取り付きの足場がきついので、渋滞防止で軽アイゼンをはいたまま土斜面を移動するのはどうなんでしょう?と思うわけで。ちなみに私達は夏の大雪渓の登り、ピッケルは使ってもアイゼンは使ったことがありません。
 大出原はグリーンパトロールも重点巡回する所ですが、意識の無い人には理解されにくいのかもしれませんね。下世話に「踏み込むと50万円の罰金!」と注意する方が効き目がありますけど、「旅の恥は掻き捨て」感覚なんでしょう。
 私達は望遠ズームレンズで頑張りましょう(笑)。
sanae
2008年08月18日 22:11
こちらも白馬でしたか。
私も行きたいな~と思ったところでした。
今年はもう無理そうです。
やはり行くならお花のきれいな時期にいきたいですもんね。
さすらい人さんとまたまたニアミスだったのですね(^o^)
2008年08月19日 00:23
sanae様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 今年のお盆はsanae隊の記事も参考に、古道を歩こうかとも思っていましたが、あの豪雨では、後で「後ろ指指され組」コースなのであきらめました。来年に持ち越し(笑)。
 今年のsanae隊の夏休みはホノボノのんびり過ごされたようで、楽しく拝見していました。太平洋の水も7年以上触れていないな~。花ももちろんですが、秋の白馬も山麓・山襞の紅葉が見事で、いいですよ~。
 さすらい人さんとはいつも偶然ニアミスで、私たちもびっくり。麓の駐車場でsanae隊さすらい人さんの車、ついついチェック入れちゃいますね(笑)。