9/6-7…三ツ岩避難小屋泊の窓明山

 H20.9.6-7…昨年、三岩岳のみ山行のリベンジ?心残りの窓明山。三岩岳登山口黒檜沢(新道)の登り。三ツ岩避難小屋泊。下山は家向山周回コース。初秋の静かな湿原、静かな山行。


                  速報記事は  →  コチラ

               山中の花記事は  →  コチラ



*****************************************
 ヤマケイ「分県別登山ガイド・福島の山」より
 三岩岳2065mは、会津駒ケ岳から北東に延びる稜線上にある。山腹にはブナの原生林と急峻な渓谷、上部にはオオシラビソと高層湿原が散在し、南会津の高山の特徴を全て備えた山といえる。しかし、隣の会津駒ケ岳に比べると登山者は少なく、不遇の山と言える。それだけに、静かな原生の山を求める者にとっては豊かな自然が残された貴重な山として、期待に応じてくれることだろう・・・
*****************************************

 2008(H20)9.6(土)晴れのち曇りのち雨・霧

 今週末も雨の冴えない天気、昨年のリベンジ?三ツ岩小屋(三岩岳避難小屋)でのんびり泊まり、窓明山登頂を楽しみに出かける。
 珍しく当日未明に自宅出発。「道の駅たじま」そばのコンビニで朝食・行動食を仕込み、登山口へ。今日はコースタイムで登り三時間(大荷物なので二倍の六時間と見当)のみ小屋泊予定なのでノンビリ歩けるが、暑くなりそうな気配と、午後は雨予報。早めに登山口へ向かう。

 スノーシェッッドの途中、三岩岳登山口。既に車三台、日帰り装備の登山者4・5人が準備中。

 AM7:06標高760m出発。AM7:15標高780m幟の階段手前にて記念撮影、山道に入る。
画像




 AM7:30標高825mブナ巨木交じりの広葉樹林帯歩き、気持ちが良い。後続の日帰りグループに追い越される。

 急ぐ必要もないし、ゆっくり登ろう。目前に大きなトチノキ。 苔むした倒木にキノコの群生。
画像


 カメバヒキオコシ・ツリフネソウ

 AM7:52標高855mコンクリート置石の渡渉点。今日は楽々通過、遠く青空に稜線が見える。
画像


 先週あたり作業されたのだろう。夏草の草刈整備の跡で、翌日の下山地まで、登山道は歩きやすかった。

 AM8:08標高950mクルマバハグマ、ブナ大木の白い幹が気持ちいい山道。
画像


 キンミズヒキ、ヤマトウバナ

 AM8:45-10:00標高1080m気持ちの良いブナ林にて休憩、ツクバネソウの実・ウスノキの実。

 オオカメノキの実も赤い。

 AM9:30標高1185m滝が見える展望台、ブナ林歩き。日が昇って暑くなり、水分をマメに取る。
画像


 AM9:33黄色のプレートもある水場、三つ岩山頂まで3.9キロ表示。

 AM9:45標高1230mこのあとも数回水場の沢を横切る。斜めの木道通過。

 AM9:55花崗岩の石がそのまま樋になったような沢通過、休憩(すぐ先が合流点だった)。



 AM10:13標高1255m新道との合流点。立派な標識が埋め込んであり、尾根コースは2.2km、新道は2.7kmとある。
画像



 相変わらず日差しが暑く照りつけるので、この先の木陰で休むことにする。ここから3時間で小屋につくだろう。
画像


 休憩をしたらまた登りだすが、いくらか涼しくなっても急登は厳しい。

 AM11:00標高1400mブナ林のゆるゆる急坂、幹のナイフ跡が痛々しい



 AM11:30標高1505mブナがまばらになり潅木が増えて、坂も急になってくる、ここが踏ん張りどころ。

 AM11:52標高1510mぼんやり高畑スキー場が見えてきた
画像



 AM12:15標高1650mゴゼンタチバナの赤い実がかわいい。

 AM12:21-30標高1705m林相が変わってオオシラビソ(アオモリトドマツ)針葉樹林帯に出る。ザックを降ろして休憩。・・・と雨が降り出してきた。急いで傘を差す。
画像



 オヤマリンドウが咲いている。道が楽になり、湿原も近い。


 AM12:45標高1755m湿原端・小さな池塘に出て、先行の日帰り組が下山してくる。オニシオガマ・オヤマリンドウが草刈で倒れている。
画像


 PM1:00標高1770mハクサンボウフウの池塘をノンビリ眺める。
画像


 歩き出すとすぐに避難小屋の屋根が見え、雨が降り出す中、数分で到着。

 PM1:05標高1780m三ツ岩避難小屋着、目の前には水場もあり、冷たくて美味しい。水量もそこそこあって、泊まる人には助かる。

 サラシナショウマ・オニシオガマの花が残る。ツルニンジン(ジイソブ)のつるも見える。

 今回は三岩岳山頂は執着が無く、窓明山・家向山へ明日周回下山を楽しみにして、ゆっくり小屋で休養する。蚊取り線香を炊くが、閉め切られていた小屋内、虫はいない様子。

 軽装の日帰り沢ヤさん三人組が立ち寄るもすぐに出発。インスタント天ぷらそばの中食で今日初めての暖かい食事。雨の音を聞きながら、ごろ寝中に、賑やかな錫の音と共に単身中高年氏が入場。氏は同行程で登り、明日は三岩岳山頂往復、国体コース尾根コースで下山だそうな。

 寡黙な二組(計三人)、静かな一夜となる(小屋備品ノートから先週・先々週、数組が泊まった記述があり、この小屋も泊まる人が増えたようだ)。


*******************************************

 2008(H20).9.7(日)霧のり晴れのち雨

 AM6:38標高1780m、山頂往復から戻ってきた中高年氏に挨拶、三ツ岩避難小屋出発。

 AM6:45標高1775m窓明山コースも草刈済み、オオシラビソの林ゆるゆると下降、滑りやすい岩の下り。
 小屋から窓明山まで70分とあるが、一度下ってまた登り返す。天気が良ければ、展望のよい歩きやすい道だろう。
画像


画像


 AM7:00標高1720mチョウジギク大群生、オニシオガマ、ゴマナ

 AM7:15標高1725mT字型木道のある小さな湿原通過。モウセンゴケの赤い葉っぱ・オヤマリンドウがチラホラ。
画像


 AM7:30標高1740mヤゴの居る池塘、ガレ場、ミヤマコゴメグサ沢山、ユーモラスなオヤマボクチ林立。
画像


 AM7:52標高1770m展望のガレ場歩きも霧の中で展望なし、草刈は万全で朝露被りも少ない。

 ミヤマホツツジ、ハイマツ。

 AM8:00標高1830m山頂手前の湿原、キンコウカは葉が赤くなりかけ、水玉の蜘蛛の巣が光る。
画像


画像


 木道が整備されておらず、直接泥濘を歩くことになる。モウセンゴケがかわいらしい。赤い実のイワショウブ。



 AM8:07窓明山山頂すぐ手前に分岐があり、ここでは御馴染みとなった立派な標識がある。ルートは山頂へ向かい、ここまで戻ってから稜線を降りて行くことになる。

 AM8:09-30標高1842.3m貸切だが展望が無くて残念な窓明山山頂三等三角点小広場で休憩。
画像


 紅葉の始まったオオカメノキ、オオバスノキの濃い紫の実が酸っぱい。ピンクの花のホツツジ。
画像


 窓明山まで来られた満足感を胸に、家向山経由で保太橋へ降りる。 家向山へは一度100mほどを登り返し、あとは下るばかりのようだ(古い昔の記憶は忘却の彼方~)。コースタイムでは、家向山まで90分、その後は巽沢山までと、そこから登山口までがそれぞれ30分。

 AM8:45標高1755m笹と潅木の急降下。麓が雲の下に覗く。
画像



 雲間に青空、窓明山山頂部が見える、これから好天かと思いきや・・・このあと雨が降るとは思わなかった。
画像


 だんだん樹林帯に入る。
画像



 AM9:00標高1625m立ち木に立派な白っぽいツキヨダケ大群生、昨日もそうだったが、この界隈のツキヨダケは白っぽい。
画像


 AM9:30標高1460m気分の良いブナ原生林歩き。


 不意にアスナロ大木群のピーク通過。

 今日は自然の林・大木がとても綺麗だ。歩く人は決して多くないはずだが、ルートはしっかりしていて、しかもふかふかで歩きやすい。


 AM9:35家向山の登りに入る前に小休止。最低鞍部から家向山の肩への標高差100mの登り返し。


 いざ登り始めると急坂だが、距離はないので周りの木々を楽しみながらゆっくり登る。 20分とかからない、あとは下るのみ。
画像

画像


 AM9:51標高1500m広い家向山の肩付近の登山道。山頂への道は、トラロープで通行止め表示代わりに通せんぼ。
画像


 AM10:00標高1485mベニテングダケ幼菌。気持ちの良いブナ原生林歩きが続く。
画像



 AM10:18-30標高1455mにわかに雲行きが怪しくなり、ポツポツ雨粒が落ちてくる。傘を差して様子を見るが、雨が激しくなる。
画像


 しばらく木陰で雨宿りするも、一向に止む様子もないので、傘をさして歩き出す。

 AM10:45標高1280m大きなナメクジ、大きなヒキガエル。

 ヒメコマツの大木が出てきた。
画像



 AM11:00標高1160m、曲がったブナの幹の木陰で休憩、アルファー米で作った五目寿司の昼食。

 AM11:20標高1162.2m巽沢山?。標識がない山頂部らしきヒメコマツの広場で休憩。

 雨が降ったり止んだり。

 この先は急坂の下降。

 AM11:45標高950mヒメコマツと雑木の急降下、木の階段跡は、杭のワイヤーがむき出しで足を引っ掛けそうで注意しなければならない。
画像


 麓の物音が聞こえ、道路が見えてくる。

 AM12:06標高770m。そっけない保太橋の登山口、国道脇。と同時に、本降りの雨。相方に車を回収してもらう。
画像


 AM12:20車と合流。雨やまず。濡れと汗で相当臭いので着替え。尾頭トンネルを抜け、塩原温泉大根畑前の露店の並ぶ中、気になっていた小さなラーメン屋さんで昼食。おばあちゃんのラーメンは、タップリきゅうりの漬物付き 500円は安いと思う。

               やっぱ醤油ラーメンの具に海苔・ナルト・ホウレンソウは落ち着きますね
                  (チャーシューも極旨なのに麺だけがイマイチなのが惜しい・・・)
画像



 お祭りで交通規制の塩原温泉街はバイパスで抜け、矢板の「城の湯500円」にて入浴休憩。雲の中から高原山・百村山・那須連峰が見え隠れ。

 夕方、無事自宅着。






人気blogランキング人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←よろしければ、こちらも。








sony style

より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。








この記事へのコメント

2008年09月13日 03:39
昨年のリベンジで続けて今年も行かれたとのこと、恐れ入ります!!
昨年の記事のコメントを同じことしか言えない、私です・・・
今年、山開きに参加しようと思いながらも、ついうっかりと山行を申し込んでいてしまい、又、何やかや・・・登り損ねていました。
秋は日が短いので下山時間が気になるし・・・
又、今年も諦めて、来年こそ、3年がかりの希望になりそうです。
2008年09月13日 03:42
前述コメント文章訂正です。
昨年の記事のコメントを同じことしか言えない を
⇒昨年の記事のコメントと同じことしか言えない に
ドジですみません。
2008年09月16日 00:12
noritan様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 いえいえ、同じところを何回も歩くのが好きなので~。この日も、日帰りの方5・6人いらっしゃいましたから、このコースは日帰りなら三岩岳ピストンは普通のようです。尾根コースと沢コースの分岐までの下りは一気に下ってしまうので。林層の変化も楽しめる山です、来年のお楽しみにどうぞ。
2008年09月16日 13:40
山もキノコはぼちぼちでしょうか。
私も連休中は山でツキヨダケ「だけ」はい~っぱい見ましたが(笑)
2008年09月17日 19:28
やまおやぢ様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。
 かの地、トンビマイタケが生えていたかも?です。コチラは、アカヤマドリにサクラシメジが出てきました。そろそろ、本命キノコかな・・・。