9/15、初秋の吾妻連峰・浄土平一切経山界隈を散策

 三連休最終日は、吾妻連峰・浄土平から一切経山・鎌沼・姥が原周回。山の友人とのバッタリ!。初秋の彩り・草紅葉・リンドウを愛で、のんびり散策記。



                          姥が原にて
画像




                      三連休の速報記事は → コチラ


 2008(H20).9.15(月・振替休日)曇り

 早朝の浄土平は朝霧が晴れていく。今日の好天を期待するも、一日曇天、やや残念。兎平駐車場で日帰り軽装ハイキングの準備、福島県中通りの移動なので、充分な睡眠をとれ爽やかな気分。軽量化に勤め、充実した行動食で相方の足に負担がかからないよう、軽めのザック。

 AM7:16標高1570m、兎平駐車場、出発。

 雲が多いがちらりと青空が覗く。一切経山東面・浄土平に日がさす。車道歩き、オオカメノキの実が真っ赤。
画像




 浄土平湿原木道入り口まで少し車道歩き。

 AM7:30標高1570m浄土平入り口の木道、気の早いナナカマドが紅葉、浄土平は草紅葉&ススキの原に木道が続く。
画像



 リンドウが咲く。イタドリ(メイゲツソウ?)の黄色い葉。シラタマノキ白い実多し。

 AM7:40標高1570m一切経山への尾根道分岐、立派な案内板。

 AM7:45標高1570mススキの原に潅木の紅葉。
画像



画像




 ここから急坂、一切経山への荒涼たる登り。既に先行ハイカーの姿が多い。
画像




 標高1685m火山岩にススキ、黄色いタデ類の葉。
画像



 浄土平を俯瞰。桶沼の緑の火口、吾妻小富士の火口が絶妙な対比。



 荒々しい一切経山の火口壁脇の尾根道を登る。
画像





 緑の鎌沼周辺・草紅葉の始まった酢ガ平が見えてきた。三年前に新設されたバイオトイレの建物、避難小屋の黒茶色い建物二棟も確認。
画像





 ホシガラスの声が賑やかに響く。他に、イワヒバリ・ウソ・ウグイスと野鳥も地鳴きで、見つけにくくなる季節でもある。


 AM9:00標高1840m酢ガ平分岐点にて休憩。ヤマハハコの群生、ハイマツ。奥に一切経山山頂と歩く人が見える。草地にリンドウ群生。






 AM9:15標高1880m、スゲ類の畝がなびく稜線に吾妻小富士が見える。
画像




                                  山頂部は近い。
画像










 AM9:45標高1948.8m一切経山山頂、「空気神社」。広い山頂部、三角点を撫でて、「魔女の瞳」こと、五色沼を眺めながら小休憩。
画像











 吹き付ける風が強く、雨具上着を着ても風邪気味でもあるので、あまりゆっくりも出来ず、退散。
画像





 AM10:23標高1840m酢ガ平分岐。ここから足元の不安定な石、ガラガラの急坂を下っていく。

 ハイマツの美味しそうな緑の実が目につく、これならホシガラスも餌に困らない。





 AM10:45-11:18標高1760m酢ガ平避難小屋にて休憩。隣の棟、綺麗な水洗式トイレは100円協力金。

 山頂で風に吹かれたのが影響したのか?頭がふらつき気分が悪いので、暫く横になって仮眠。


 ウインナー焼き&ビールのおじさん、食後に、フライパンの油をトイレ脇に捨てるのをたしなめるが、おざなりな生返事で油捨て行為を続ける・・・・困ったものだ。





                       アキノキリンソウのドライフラワー
画像





 草紅葉の酢ガ平の湿原。湿原、池塘、草紅葉がきれい、リンドウも多い。カルガモ二羽が泳いでいる。
画像




 AM11:35標高1750m鎌沼湖畔、ミズゴケが赤い。
画像




                           木道沿いのリンドウ
画像








 鎌沼の湖畔道を歩く、ナナカマドが赤い。ここもリンドウが多い。
画像



画像






画像





                            湖畔のミネザクラ紅葉
画像



画像






 雨が降りそうになるもすぐに止んで一安心。鎌沼湖畔道から姥が原へ緩く登る。






 AM12:08標高1760m木道脇植生復元事業のコモと看板、姥が原からの木道と合流。



 チングルマの赤い葉、ネバリノギランも艶やかな橙色の葉が存在感を引き立てる。
画像






 姥が原端から浄土平へ向かう下降道沿いの草紅葉&潅木の紅葉も目を惹く。撮影しながらのんびり歩く。




 標高1725m沢の綺麗な紅葉、ツツジの赤い葉
画像






 AM12:33標高1700m立派な木道階段の脇にて休憩。目前に浄土平・霞がちながら吾妻小富士・スカイラインが見えてくる。
画像


画像







 PM0:56-1:00標高1580m。終盤のウメバチソウ。緑のミズゴケにリンドウが映える。
画像





 散策の観光客でも賑わう浄土平遊歩道、赤に緑の苔、イソツツジの葉が珍しい。
画像












 後方の聞き覚えのある声が山形の山の友人に似ているが、まさか、当人とは思わず。・・・と、テントミータカみーさんのボロザックで友人が気がつき、声をかけてくれた。

 PM1:10-15おもいがけないバッタリに懐かしく、暫し立ち話、記念撮影。


                   はい、テントミータカブログ恒例のモザイク顔でね!
画像






 帰路を急ぐ友人達と別れ、浄土平ビジターセンターでお勉強&休憩。

 PM2:23標高1590m兎平駐車場に戻り、荷物の整理、帰路につく。

 ※まだまだ、浄土平付近の本格的な紅葉見頃は、数週間先だろう。






 帰路は紅葉のかけらも無いスカイライン~母成グリーンライン、磐梯熱海へ抜ける。帰路を急ぎ、産直野菜を買わず、温泉入浴も取れず。

 帰路は国道49~4号線、矢吹町290円ラーメンチェーン店にてラーメン大盛り(390円になった・・・)の夕食。
 那須町から渋滞ノロノロ、夜、無事帰宅。











人気blogランキング
人気blogランキング←クリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 アウトドアブログへ ←よろしければ、こちらも。






sony style


より快適なスポーツライフのためコンディショニングウェア。スポーツ時やウォーミングアップ、クールダウンなどスポーツの前後を含めたトータルコンディショングを考えた商品です。







この記事へのコメント

2008年09月19日 22:53
もう「小さい秋見っつけた!」ですね~!
ミーさん&タカさんの体調が気になります、
くれぐれも無理は禁物です
お体ご自愛くださいね。
(と言う自分もなんですがね)
2008年09月20日 21:09
2年前の9月23日に一切経山から明月荘に向かう
テントミータカさんに遅れてのニアミスだった時に
我が家が歩いたのがこのコースでした。
一切経山頂でまたーりとしている時にKYAZUさんの
長靴姿の後姿を見送ったことも懐かしく思い出しました。
あの時も紅葉の始まりを感じた山歩きでした。
これからこのあたりもいい感じになりますね~ 
まるいぬ
2008年09月21日 12:25
先日は、どーもでした。お会いできて嬉しかったですよん(^^)
そっか私は、トシちゃんさんのコメントを引用すれば
「ちーさい秋」の他に「テントミータカさんもみーつけた!」つーことになりますね!

ワタクシ事で恐縮ですが・・・
思い起こせば、数年前の体調不良のときに、山に対する気力もすっかり消え去り、山から遠ざかる一方でした。
そんなときに、みーさんのブログを観て山の素晴しさを思い出し、再びめらめら~とヤル気が湧いて
おかげさまで復活を果たしたものでした。

そしてふたたび不調の波にさいなまれている私・・・
とはいえ今度は、御本尊さまとの遭遇とゆー、思いがけない再会を果たしたわけですから
そのご利益たるや絶大でありましょう!いや~。嬉しいねぇ。次回のバッタリに期待大!!
おーほほほほほ。またよろすぐ!ヽ(´▽`)/
2008年09月22日 00:05
皆様、ご訪問・コメント戴き有難うございます。

トシちゃん様
 ちいさい秋も、すぐに大きくなって、アチコチから賑やかに紅葉便りが届いてきますね!。アチコチ未踏の山やルートを歩きたいのですが、年相応に体力の衰えも実感しています。今年は(今年も?)ヘナチョコ紅葉と味覚めぐりの山旅となりそうです。

mikko様
 そうですね!二年前!なつかし~。この浄土平界隈はアプローチが楽な、景色や植生、素晴らしい貴重な観光地ですね。景観を自然な雰囲気で楽しんでもらう為に、木道のある所はロープをはずされたそうです。バイオトイレやこのロープなど、管理関係者の方々のご努力を裏切らないように、訪問客が楽しんでくれると、より嬉しいものです。

(続く)

2008年09月22日 00:06

(続き)

まるいぬ様
 その節は有難うございました。「人を見ないモード」に入っていた為、気がつかずご無礼つかまつりました。前日の地デジTVを一番違いではずしたという「嬉しいような?悲しいような」くじ運のテントミータカ隊ですが、まるいぬ様が元気になるきっかけとなれば、身に余る光栄というものです。
 長い人生、いろいろな時がありますから、お互い、気長にのんびりやっていきましょうか。